会うは別れの始め

【漢字】会うは別れの始め
【読み】あうはわかれのはじめ
【意味】出会いがあれば必ず別れる時がある。
【例文1】転勤族なので、会うは別れの始めが多い。
【例文2】会うは別れの始めの出会いを大切にする。
【例文3】会うは別れの始めだけど、SNSでどこにいても連絡が取り合える。

会うは別れの始めをテーマにした記事

いつか別れが来るからこそ今を大切に

「会うは別れの始め」は仏教の経典に書かれている「会者定離(えしゃじょうり)」から生まれた言葉で永遠に変わらず続く世界はなく変化は必ず訪れるという人生の無常観を表した言葉です。無常観とは世界がひとときも止まることなく常に変化しているということ、「会者定離」とは会う者は離れる定めにあるという意味です。仲の良かった友人とふとした行き違いから疎遠になったり、大好きだった恋人と心変わりから別れてしまったり、おしどり夫婦と言われるほど仲の良い夫婦にも出来心からの不貞などで離婚してしまうこともあるものです。行き違いからの別れは防ぐことができるかもしれませんし、またどこかで再会し関係を築ける日が来るかもしれませんが、誰にでも訪れる死からは誰も逃れることはできません。病気である程度覚悟して迎えられる死もあればある日突然訪れる死もあります。覚悟していても突然に訪れても永遠に別れることは辛く悲しいものです。今日笑いあって楽しく過ごしている相手と明日も同じように過ごせるとは限らないのです。出会った瞬間から別れへのカウントダウンは始まっているのです。だからこそ会っている時間の一瞬一瞬を大切に相手を思いやって過ごす事を忘れてはならないのです。

「会うは別れの始め」を自然と知った子ども時代

私は学校の卒業式などの場でも泣くことのない子どもでした。
そもそも卒業式であまり悲しいと思ったこともなく、なぜ周りの人間が泣いているのか分かりませんでした。
今にして思えば友達との別れに対して鈍感な人間だったのだと思います。
私は幼い頃からたびたび引っ越しをしており、そのたびに友達との別れを経験してきました。
幼い頃は別れというものがどういうものなのかがあまり理解できず、また理解できたとしてもその別れは当時の自分にはどうすることもできないものであるため、なりゆきに身を任せるほかに手段がありませんでした。
友達との別れの経験が人よりも多かったため、いつからか人と初めて会った段階から「会うは別れの始め」といった感覚が自然と身に付くようになったのかもしれません。
両親から引っ越しを告げられ、ずっと一緒にいられると思っていた友達と別れなければならない経験をくり返すと、別れが当たり前のように思えてくるため「別れ」という
ものが気にならなくなります。
別れは感覚的にドラマチックなもののように思えるので、みな「別れ」に焦点を当てがちですが、その後に待っている「出会い」に焦点を当てて考えることで前途が開けてくるような気がしています。

「あ」で始まる言葉一覧

2562.明日の百より今日の五十  2539.頭を捻る  2466.塩梅  2461.足手まとい  2456.朝飯前  2451.青二才  2446.案の定  2441.暗中模索  2436.案ずるよりも産むが易し  2431.安心立命  2426.暗礁に乗り上げる  2420.泡を食う  2414.合わせる顔がない  2408.蟻の這い出る隙もない  2402.蟻の歩み  2396.蟻の穴から堤も崩れる  2376.雨降って地固まる  2353.網を張る  2336.雨垂れ石を穿つ  2390.嵐の前の静けさ  2383.過ちて改めざる、これを過ちという  2369.飴と鞭  2361.雨が降ろうが槍が降ろうが  2345.天の邪鬼  2329.甘く見る  2321.甘い汁を吸う  2313.油を絞る  2305.油を売る  2297.脂が乗る  2289.虻蜂取らず  2281.危ない橋を渡る  2273.阿鼻叫喚  2264.あばたもえくぼ  2255.穴の開くほど見つめる  2246.穴があったら入りたい  2237.穴が開く  2228.後を引く  2219.跡を絶たない  2210.後は野となれ山となれ  2201.後の祭り  2192.後足で砂をかける  2182.後味が悪い  2170.羹に懲りて膾を吹く  2159.暑さ寒さも彼岸まで  2147.悪口雑言  2135.呆気に取られる  2123.圧巻  2111.あちら立てればこちらが立たぬ  2098.当たるも八卦当たらぬも八卦  2087.当たらずといえども遠からず  2075.新しい酒は新しい革袋に盛れ  2063.頭をもたげる  2051.頭を冷やす  2039.頭を撥ねる  2027.頭を抱える  2020.頭の黒い鼠  2010.頭の上の蠅を追え  1987.頭から湯気を立てる  1972.頭に来る  1957.頭が低い  1942.頭が下がる  1927.頭隠して尻隠さず  1911.頭が切れる  1891.頭が固い  1869.頭が痛い  1844.頭が上がらない  1828.足を向けて寝られない  1811.足を引っ張る  1794.足を運ぶ  1776.足を延ばす  1758.足を取られる  1740.足をすくう  1722.味を占める  1704.足を奪われる  1686.足を洗う  1665.足元(下)を見る  1644.足元(下)にも及ばない  1623.足元(下)に火がつく  1602.足元(下)から鳥が立つ  1581.味も素っ気もない  1560.足の踏み場もない  1538.足に任せる  1515.明日は明日の風が吹く  1492.朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり  1468.足が棒になる  1443.足が早(速)い  1417.足が鈍る  1391.足が出る  1364.足が付く  1337.足が地に着かない  1308.足が重い  1278.朝焼けは雨、夕焼けは晴れ  1248.浅い川も深く渡れ  1218.顎を出す  1188.顎で使う  1158.顎が干上がる  1126.顎が落ちる  1094.明けても暮れても  1061.上げ膳据え膳  1028.挙(揚)句の果て  995.揚げ足を取る  962.胡坐をかく  928.悪銭身に付かず  893.悪戦苦闘  858.悪事千里を走る  821.灰汁が抜ける  785.秋の日は釣瓶落とし  748.秋茄子は嫁に食わすな  709.空き樽は音が高い  670.赤の他人  632.赤子の手をひねる  593.青は藍より出でて藍より青し  553.青菜に塩  512.青田買い  471.青筋を立てる  431.青色吐息  389.阿吽の呼吸  349.会うは別れの始め  306.曖昧模糊  263.愛別離苦  220.合いの手を入れる  176.相槌を打つ  132.開いた口が塞がらない  88.愛想を尽かす  44.合縁奇縁  1.ああ言えばこう言う