「過ぎたるはなお及ばざるが如し」とは、何事もやりすぎることは、やり足りないことと同じように良くないという意味

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」とは、「論語」先進篇にある孔子の言葉です。意味は、「何事もやりすぎることは、やり足りないことと同じように良くない」ということです。

解釈

この言葉は、中庸の重要性を説いています。物事には適切な度合いというものがあり、それを過ぎると逆効果になることがあります。例えば、勉強であれば、適度に努力することは良いことですが、やりすぎると体調を崩したり、勉強以外のことが疎かになったりして、かえって学力が低下してしまう可能性があります。

類義語

  • 過猶不及(かゆうふきゅう)
  • 中庸(ちゅうよう)
  • 適度(てきど)
  • 程々(ほどほど)

使い方

  • 子育てにおいて、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」という言葉を念頭に置き、子供の自主性を尊重しながらも、必要な指導はしっかりと行う。
  • ダイエットにおいて、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」という言葉を意識し、無理な食事制限や運動は避け、健康的に体重を減らす。
  • 仕事において、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」という言葉を肝に銘じ、完璧主義を避け、効率的に成果を上げる。

現代社会への relevance
現代社会は、効率化や成果主義が重視される傾向があります。しかし、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」という言葉を忘れずに、物事のバランスを意識することが大切です。

参考URL:
過ぎたるは猶及ばざるが如し(スギタルハナオオヨバザルガゴトシ)とは? 意味や使い方 - コトバンク