慇懃無礼

【漢字】慇懃無礼
【読み】いんぎんぶれい
【意味】言葉や態度があまりにも丁寧だと形式的な受け答えでかえって無礼であること。
【例文1】クレームの電話を入れたが、慇懃無礼な話し方だ。
【例文2】接客のマニュアルが慇懃無礼だ。

慇懃無礼をテーマにした記事

航空会社の対応にいつも感じていた「慇懃無礼

私は旅行会社の添乗員として長く勤めていたので、観光関係の人と接する機会が多くありました。主に海外の添乗をしていたので、航空会社、ホテル、現地の旅行会社、レストラン、お土産屋さんなどとの接点が多かったのですが、何かトラブルがあった時に本当の顔が出てくるもので、海外にホテルなどは、言葉の問題もあるのかも知れませんが、謝罪する時はきちんとホスピタリティを感じる事が多かったものです。おそらく、海外のホテルなどは滅多な事では謝ったりしないので、謝る場面があれば、それはかなり重大なミスであり、心がこもっていたので、素直に受け止められたのだと思います。問題は日系の航空会社、もしくは日系の航空会社がハンドリングしている航空会社の対応で、チェックインに時間がかかったりミスがあったり荷物に破損があった場合でも、明らかに表面上で対応していて、それでいて作り笑顔をバカ丁寧な言葉遣い、いつも頭の中に「慇懃無礼」という熟語が浮かんでいました。いくら丁寧に対応している「風」でも心がこもっているかどうかは、馬鹿じゃないのでわかるものです。私自身もお客さんと対応する時に、丁寧な言葉遣いは必須ですが、慇懃無礼な態度だけはしないようにと心がけていました。

慇懃無礼な態度の上司に閉口

以前、勤務していた職場で人事異動があり、あまり良くない噂の人が上司になりました。
私よりも2つくらい年上だったのですが、最初の挨拶ではかなり低姿勢で言葉も、そこまで丁寧にしなくても良いという口調でした。

私はその言葉使いがあまりにも丁寧過ぎたことから、このような態度は長くは続かないだろうと思っていました。
案の定、少しずつ化けの皮が剥がれたように、慇懃無礼な態度に変わっていきました。

その上司の良くない噂が具体的にどういうものなのかを知らなかったのですが、最初の頃はそのようなそぶりも見せませんでした。

その為、表面だけを見ていた他の人は、「噂のような人ではなくて良い人だ」と言っていました。
私は最初のうちはその人の本心がわかりにくいと思い、しばらく様子を見ることにしました。

そして、仕事に慣れてきた頃に、その上司も他の仕事でもいそがしくなってきたこともあり、イライラした態度を見せるようになりました。
自分のキャパを超えた仕事を無理してやろうとしていたようです。

そのイライラした怒りが、高圧的な態度と発言で、私たちの方にやってきました。
かなり嫌な気分でしたが、それが度々続き、中には泣き出してしまう人もいました。

やはり最初から慇懃無礼な態度がにじみ出ていたような気がします。

」で始まる言葉一覧

2538引導を渡す 2537慇懃無礼 2536因果を含める 2535因果応報 2534異を唱える 2533意を決する 2531言わぬが花 2529鰯の頭も信心から 2527色をなす 2525色を付ける 2523色を失う 2521嫌気が差す 2518否が応でも 2515いやが上にも 2511芋の煮えたもご存じない 2507芋の子を洗うよう 2503芋づる式 2499意味深長 2495今泣いた烏がもう笑う 2491威風堂々 2487意表を突く 2483茨の道 2479井の中の蛙大海を知らず 2475命の洗濯 2471命あっての物種 2467犬も食わない 2462犬も歩けば棒に当たる 2457犬の遠吠え 2447意に介さない 2442糸を引く 2437居ても立っても居られない 2432一服盛る 2427一敗地に塗れる 2421一杯食わされる 2415一得一失 2409一刀両断 2403一頭地を抜く 2397一長一短 2391一朝一夕 2384一知半解 2377一線を画す 2370一石を投じる 2362一石二鳥 2354一世を風靡する 2346一世一代 2337一寸の虫にも五分の魂 2330一寸の光陰軽んずべからず 2322一寸先は闇 2314一炊の夢 2306一心不乱 2298一心同体 2290一進一退 2282一矢報いる 2274一触即発 2265一笑に付す 2256一将功なりて万骨枯る 2247一生懸命 2238一瀉千里 2229一糸乱れず 2220一切合切(財) 2211一刻を争う 2202一国一城の主 2193一挙両得 2183一挙手一投足 2171一挙一動 2160一騎当千 2148一気呵成 2136一喜一憂 2124一巻の終わり 2112一家を成す 2099一攫千金 2088一を聞いて十を知る 2076一蓮托(託)生 2064一利一害 2052一翼を担う 2040一陽来復 2028一葉落ちて天下の秋を知る 2014一も二もなく 2001一目瞭然 1988一目置く 1973一網打尽 1958一望千里 1943一富士二鷹三茄子 1928一部始終 1912一病息災 1892一姫二太郎 1870一念発起 1845一年の計は元旦にあり 1829一難去ってまた一難 1812一日の長 1795一日千秋 1777一事が万事 1759一言半句 1741一期一会 1723一言居士 1705一から十まで 1687一か八か 1666一衣帯水 1645一意専心 1624至れり尽くせり 1603板挟みになる 1582板に付く 1561ごっこ 1539痛し痒し 1493痛くも痒くもない 1469痛い目にあう 1444急がば回れ 1418いずれ菖蒲か杜若 1392以心伝心 1365意地を張る 1338衣食足りて礼節を知る 1309医者の不養生 1279石橋を叩いて渡る 1249石の上にも三年 1219石に漱ぎ流れに枕す 1189石にかじりついても 1159石が流れて木の葉が沈む 1127いざ鎌倉 1095異口同音 1062息を吹き返す 1029息を引き取る 996息を弾ませる 963息を呑む 929息を抜く 894息をつく 859威儀を正す 822息を殺す 786息を凝らす 749意気揚々 710息の根を止める 671意気投合 633意気消沈 594意気軒高 554息が長い 513息が詰まる 472息が絶える 432行きがけの駄賃 390息が切れる 350息がかかる 307息が合う 301色の白いは七難隠す 264生き馬の目を抜く 221行き当たりばったり 177怒り心頭に発する 133いかもの食い 89言うは易く行うは難し 45言うに事欠いて 2唯々諾々