烏の行水

【漢字】烏の行水
【読み】からすのぎょうすい
【意味】カラスは短い時間で水浴びをすることから、入浴時間がとても短い。
【例文1】睡眠時間を確保するため烏の行水で済ませた。
【例文2】見たい番組があるので烏の行水だ。

烏の行水をテーマにした記事

烏の行水とは

烏の行水は入浴が早くあっさりとすませるたとえとして用いられる言葉です。
自分も子どもの頃はそんな感じだったなと懐かしめる言葉でもあります。正直お風呂に毎日入る事自体が面倒で、見たいテレビやゲームを早くやりたい一心でパパっと済ませてました。また一人で入浴してるとお化けが出てくるんじゃないかと怖かったのも一因です。年の近い兄弟は自分以上に短く数分で出てくるので、いつも母親から「もう出てきたのっちゃんと洗った!?」と言われるのがお決まりフレーズでした。母親は母親で家事に掛け持ちで仕事をしていた時はやはりサッと入って忙しなく動いていたので、皆お風呂にゆっくり入るなんて事が無かったように思います。しかし年をとるにつれ自分の場合は半身浴だとか、汗腺トレーニング等健康を意識するようになってからぐんと湯船に浸かるのが長くなっていきました。今では風呂に入らずに眠るなんて事が考えられなくなっています。兄弟はスマホの動画を入浴しながら視聴するのにハマって、結果湯船にちゃんと浸かるようになりました。母は年齢と共に肩や腰痛の症状が出始め、その緩和の為に温めのお湯に10分以上入る改善方法を実戦中です。皆それぞれの理由ですが入浴に時間を掛けるようになってから洗顔や入浴剤を選ぶ楽しみも増えてリラックスタイムになっているので、湯船に浸かる文化があって良かったなと思う今日この頃です。

烏の行水が美の秘訣

烏の行水を見たことがあります。
道路のくぼみに大きな水たまりがあったのです。ハシボソガラスが、ピョンと飛びはねてポチャンと入り、翼をバサバサとはばたかせて、ピョコンと出るというのを繰り返していました。
飛び去るまで十分ほど、そうやって遊んでいました。烏の行水は、結構長いものだなと感心しました。

私は長風呂で、二時間は入浴タイムがほしいです。湯船に手足を伸ばして、顔にパックをしたり、髪はトリートメントしたり、ゆっくり自分をケアしたいのです。
でも、他にやりたいことが多くて、毎日二時間入るのは難しいものです。美容や健康のためにならないなと思いながら、シャワーだけですませてしまいます。

友人の家に泊まったとき、彼女が十分で風呂場から出てきました。洗髪もしていました。客である私に気を使ったのかと思いましたが、いつもと変わらないと言うのです。
私は先にお風呂をいただいていました。借りている立場なので、三十分で早々に切り上げたのです。
入浴時間が短いとは聞いていたけど、本当に烏の行水だったとはと驚きました。
友人は美しい人で、お風呂でも特別なお手入れをしているのではないかと思っていました。お風呂場には、ドラッグストアで安く買える石鹸と、シャンプー・リンスしかありませんでした。フェイスケアも、どこでも買えるありふれたものでした。
彼女の美の秘訣は、きびきびと動くことなのかもしれません。のんびりした自分に入浴時間は真似できないので、せめて日常生活は活発に動こうと思いました。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの