「そうは問屋が卸さない」とは、自分の思い通りにはいかないことがあるという戒め

「そうは問屋が卸さない」とは、自分の思い通りにはいかないことがあるという戒めです。

意味:

  • 自分の思い通りにはいかないことがあるという戒めの言葉です。
  • どんなに望んでも、現実には不可能な場合があることを表す比喩表現です。

読み方:

  • そうはとんやがおろさない

類義語:

  • 思い通りにはいかない
  • 現実を知ること
  • 甘く見てはいけない
  • 理想と現実のギャップ
  • 身の程を知る

対義語:

  • 思い通りになる
  • 理想通り
  • 万事如意
  • 夢を実現する
  • 願望成就

例文:

  • 例文1:
    • 彼は、高額な給料と楽な仕事を求めていたが、そんな条件の仕事はそうは問屋が卸さない。
  • 例文2:
    • 彼女は、努力すれば何でもできると思っていたが、そうは問屋が卸さないことを思い知らされた。
  • 例文3:
    • 会社は、世界征服を目指していたが、そうは問屋が卸さない。

その他:

  • 「そうは問屋が卸さない」は、日本語独特の表現です。
  • 英語では、「things don't always go your way」「wishful thinking」「reality check」などの表現が近い意味になります。

参考になれば幸いです。

補足:

  • このことわざは、江戸時代の商売用語に由来します。
  • 問屋は小売店に商品を卸す業者ですが、どんなに安くても、利益が出ない値段では商品を卸しません。
  • そこから、自分の思い通りにはいかないことがあるという教訓が生まれました。

このことわざは、夢や目標を持つことは大切ですが、同時に現実を冷静に見つめることの重要性を教えてくれます。

以下は、「そうは問屋が卸さない」にならないようにするためのポイントです。

  • 現実的な目標を設定する: 自分の能力や状況を考慮した、達成可能な目標を設定する。
  • 計画を立てる: 目標達成に向けて、具体的な計画を立てる。
  • 努力する: 目標達成に向けて、継続的に努力する。
  • 柔軟性を持つ: 状況に合わせて、計画や行動を柔軟に変更する。
  • 失敗を恐れない: 失敗から学び、成長する。

これらのポイントを意識することで、自分の思い通りにできない状況でも、目標達成に向けて努力することができます。

参考URL:
然うは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書