穴があったら入りたい

【漢字】穴があったら入りたい
【読み】あながあったらはいりたい
【意味】その場で非常に恥ずかしい思いをして身を隠したいくらい。
【例文1】いらっしゃいませと言うべき所をいらっしゃいましたと言い間違えた。穴があったら入りたい。
【例文2】皆の前でフラれた。穴があったら入りたい。

穴があったら入りたいをテーマにした記事

穴があったら入りたいほど恥ずかしい

穴があったら入りたいと思った経験はありませんか?私は、つい先日本当に穴を掘りたいと思うくらい恥ずかしい体験をしました。
それが、同窓会でのことでした。今までにも何度か参加していたのですが、今回はなんと初恋の男の子だった人が初めて参加するということで、正直どこかドキドキしながら会場に向かいました。そしていつも参加している友人達と1時間ほど前に近くの喫茶店で合流して話をしながら待っていました。
その中でも、私の初恋の男性が参加するという話でとても盛り上がってしまいました。正直最初は恥ずかしさの方が強かったのですが、段々とノリノリになってしまって。こういうところがかっこよかった、彼女が出来た時には本当にショックだった…色々語ってしまったんです。そして、体操服からチラッと見えるお腹がかっこよかった、ちょっと筋肉質な体に抱きしめられたかったなど、色々エスカレートしてしまいました。
もうお気付きかもしれませんが、その喫茶店に初恋の彼も来ていたんですよね。もう私は恥ずかしくて恥ずかしくて、本当に穴があったら入りたいほどでした。幸い向こうは軽くかわしてくれたのですが、今も思い出すと恥ずかしくて赤面してしまいます。

『穴があったら入りたい』子育てあるある。

日々の子育ての中では、「穴があったら入りたい」と感じる恥を背負うことが多いように思います。
先日、子供の幼稚園でのお誕生日会でこんな出来事がありました。
お誕生月の子供は、ステージ上で自己紹介や学年ごとお題についての発表をします。
うちの子供は年長児なので、お題は「これからがんばりたいこと」について。
年長さんはこれから小学校へ入学する準備がはじまるので、これからがんばりたいことは小学校へ
入学する抱負のような内容になってきます。
ほかのお子さんはみなさん、「さんすうを頑張りたい」とか「漢字を頑張りたい」などの抱負を言って
いきます。
うちの子の順番になったとき、期待を込めて見ている私の前で言ったわが子の一言。
それは、「ぼくは、木登りをがんばります!!」

は?木登り??小学校にいってまで、木登りがしたいということ??
一瞬意味が分からなくて固まっていたのですが、先生はちょっと戸惑ったように「そっかー、木登りを頑張り
たいんだね!」ととりなしてくれました。しかし、母親の私は恥ずかしくて穴があったら入りたい心境でした。
他のママさんからも、木登りって斬新だねー(笑)と言われてしまったほど。
もっと他のマシな抱負はないのか!と大恥をかいたのと同時に、子育ては子供の恥を背負う歴史だな…と実感
をした出来事だったのでした。