一国一城の主

【漢字】一国一城の主
【読み】いっこくいちじょうのあるじ
【意味】援助を受けず独立した人。
【例文1】マイホームも建てたし、これで一国一城の主となる。
【例文2】家庭を持ち一国一城の主になる。
【例文3】一人前の一国一城の主となる。

一国一城の主をテーマにした記事

 

脱サラをすれば一国一城の主になれるかもしれないです

会社勤めをしていると毎月給料が一定で、良くても年に2回ボーナスが出る程度なので、一生涯に稼げる金額というのは決まってきます。もし一国一城の主を目指すのであれば、脱サラをして経営者になるか、フランチャイズのようなビジネスを始めて成功すれば、一国一城の主になれるチャンスはあります。経営者になるのが大変でもフランチャイズなら独立して仕事ができるので、自分の能力に合わせて仕事を始められます。フランチャイズというと遠くにあるように思えますが、身近にもたくさんのフランチャイズを行って、一国一城の主になっている人達がいます。街中にある例を見てみると、ファーストフード、ドラッグストア、コンビニなどを行っている店がフランチャイズをしています。世の中にはたくさんのビジネスがありますが、ノウハウを見に付けていけば、独立して仕事ができるので一国一城の主になれる可能性は秘めています。一国一城の主になったときに、まだ働き続けるのか、投資の世界でさらに稼ぎの範囲を広げていくのかは人によりますが、サラリーマンをしている間というのは、一国一城の主になるのは難しいです。一国一城になるには、ある程度貯金ができたら独立していくのが近道なのではないでしょうか。