「目をかすめる」は、何かを一瞬だけ視界に入れ、すぐに消えてしまうという意味

「目をかすめる」は、何かを一瞬だけ視界に入れ、すぐに消えてしまうという意味。主に2つの意味があります。

  1. 素早く通り過ぎる: 誰かや何かを素早く通り過ぎ、気づかれないようにするという意味です。具体的には、以下のような状況で使われます。

    • 犯人が警察官の目の前を「目をかすめる」ように通り過ぎる。
    • 生徒が先生の目を盗んで「目をかすめる」ように教室を出る。
    • 人混みの中でふと「目をかすめる」ように見覚えのある顔を見かける。
    • 書類をざっと見ているときに重要な情報が「目をかすめる」ように目に留まる。
  2. 一瞬だけ視界に入る: 何かを一瞬だけ視界に入れ、すぐに消えてしまうという意味です。具体的には、以下のような状況で使われます。

    • 車窓から一瞬だけ景色が「目をかすめる」ように見える。
    • 夢の中で「目をかすめる」ような記憶が浮かぶ。
    • 記憶が薄れていくにつれて、過去の出来事が「目をかすめる」ように思い出される。

いずれの場合も、「目をかすめる」は、対象物を見たり通り過ぎたりする様子が一瞬で、すぐに消えてしまうというニュアンスを強調する表現です。

類義語

  • 通り過ぎる
  • 通りかかる
  • 通りすがり
  • ちらっと見る
  • 垣間見る

反義語

  • じっと見る
  • 見つめる
  • 熟視する
  • じっくり見る
  • 凝視する

注意

「目をかすめる」は、必ずしも悪い意味ではありません。しかし、犯罪や不正行為を隠すために使われることもあるので、文脈によっては注意が必要です。

以上、「目をかすめる」の意味と使い方について説明しました。状況に応じて適切な意味を選択して使用してください。

参考URL:
目を掠める(めをかすめる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書