「耳に入る」は、音を聞く、情報を知るなどの意味

「耳に入る」は、音を聞く、情報を知るなどの意味があります。以下、いくつか例を挙げて説明します。

  1. 音を聞く
  • 言葉や音声が耳に届くことを指します。

    例: 「音楽が耳に入る。」
    例: 「誰かが私の名前を呼んでいる声が耳に入った。」

  1. 情報を知る
  • 噂や情報などが伝わってくることを指します。

    例: 「最近、新しいレストランがオープンしたという噂が耳に入った。」
    例: 「彼が病気になったという話を耳にした。」

  1. 理解する
  • 話の内容や説明などを理解することを指します。

    例: 「先生の説明が耳に入らない。」
    例: 「難しい内容だったので、なかなか耳に入らなかった。」

  1. 気に留める
  • 忠告や意見などを聞いて、心に留めることを指します。

    例: 「彼の言葉を耳に入れなさい。」
    例: 「いくら注意しても、耳に入らないようだ。」

  1. 覚えやすい
  • 歌詞やメロディーなどが頭に残ることを指します。

    例: 「この曲はすぐに耳に入る。」
    例: 「彼の名前はなかなか耳に入らない。」

  1. 耳垢がたまる
  • 耳垢が耳の奥にたまることを指します。

    例: 「耳がかゆい。耳垢がたまっているようだ。」
    例: 「定期的に耳掃除をして、耳垢を溜めないようにしましょう。」

  1. 何かが入る
  • 虫や異物が耳の中に入ることを指します。

    例: 「プールで遊んでいるときに、耳に水が入ってしまった。」
    例: 「耳に虫が入って、とても痛い。」

  1. 俗語
  • 頭がおかしい、理解できないという意味で使われることもあります。

    例: 「あいつ、最近耳がおかしいんじゃないか。」
    例: 「そんなこと言われても、耳に入ってこない。」

注意

  • 「耳に入る」は、文脈によって意味が異なる表現なので、注意が必要です。
  • どのような意味で使われているのか、前後の文脈をよく確認する必要があります。

以上、「耳に入る」の意味と使い方について説明しました。状況に応じて適切な意味を選択して使用してください。

参考URL:
耳に入る(みみにはいる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書