袂を分かつ

【漢字】袂を分かつ
【読み】たもとをわかつ
【意味】考え方が違ったり仲が悪くなったりして違う道に進む。長い関係を絶つ。
【例文1】40年連れ添った伴侶と袂を分かつ。
【例文2】経営方針を巡って袂を分かつ。
【例文3】独立して袂を分かつ。

袂を分かつをテーマにした記事

袂を分かつの語源や由来は?

袂を分かつという言葉は長く行動を共にしてきた親しい人と別れるという意味ですが、これはどういった由来があるのでしょうか?元々は着物の袖の部分を指しているのが袂という言葉で、これは手元という言葉が語源とされています。この袂は着物の袖の中の垂れ下がっている部分、隙間の部分のことで、この袂の部分を好意を持っている相手に振ると、相手の気持ちを呼び寄せることができると考えられていました。したがって、好きな相手と一緒になるために袂を振るという行為が行われていたわけですが、見事結婚をすることができたならば、着物の袂の部分は短く留め直して、隙間が生まれないように、垂れ下がらないようにしていたのです。そして、結婚をすると親元を離れて暮らすようになることから、親と別れることを指す言葉となり、そこから長く一緒に暮らしてきた、行動してきた人たちと別れることを袂を分かつということになったのです。現代においては袂を分かつという言葉を使うケースはそんなに多くないかもしれませんが、親しい人や長く一緒に過ごしてきた人と別れないといけないときには、まさに袂を分かつという表現を使うということがしっくりくるような状況と言えると思うのです。

」で始まる言葉一覧

2092.暖を取る  2045.啖呵を切る  2069.断腸の思い  2141.大根役者  2105.端を発する  2129.醍醐味  2165.第六感  2006.便りのないのは良い便り  2057.短気は損気  2078.大魚は小池に棲まず  2033.他力本願  2081.単刀直入  2153.大団円  2176.断末魔  2117.大黒柱  2019.たらい回し  1994.袂を分かつ  1980.駄目を押す  1965.矯めつ眇めつ  1950.玉磨かざれば光なし  1919.玉に瑕  1900.旅は道連れ世は情け  1803.種を明かす  1935.玉の輿に乗る  1878.旅の恥はかき捨て  1820.種をまく  1854.束になって掛かる  1836.頼みの綱  1749.他人の空似  1767.他人の飯を食う  1785.狸寝入り  1731.他人行儀  1713.棚に上げる  1548.立て板に水  1590.盾(楯)に取る  1526.手綱を締める  1569.蓼食う虫も好き好き  1503.立つ鳥跡を濁さず  1695.棚からぼた餅  1674.盾(楯)を突く  1479.脱兎のごとく  1402.太刀打ちできない  1454.立っている者は親でも使え  1632.縦の物を横にもしない  1428.立つ瀬がない  1653.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花  1611.伊達の薄着  1375.駄々をこねる  1229.蛇足  1319.畳の上の水練  1259.叩けばほこりが出る  1289.叩けよ、さらば開かれん  1348.ただより高いものはない  1105.他山の石  1137.多事多難  1169.出しに使う  1199.多勢に無勢  1072.竹を割ったよう  1039.多芸は無芸  1006.多岐亡羊  973.高を括る  905.高みの見物  939.宝の持ち腐れ  798.絶対絶命  684.高が知れる  723.たがが緩む  607.大の虫を生かして小の虫を殺す  870.高飛車に出る  834.高嶺(根)の花  646.大は小を兼ねる  762.高く買う  363.大事の前の小事  486.大胆不敵  278.太鼓判を捺す  321.大山鳴動して鼠一匹  235.太公望  568.大なり小なり  446.泰然自若  527.大同小異  404.大事を取る  191.大言壮語  59.対岸の火事  147.大義名分  15.大願成就  103.大器晩成