月に叢雲、花に風

【漢字】月に叢雲、花に風
【読み】つきにむらくもはなにかぜ
【意味】名月に雲がかかって見えない、風が吹いて花が散るようにいい事、楽しいことは邪魔が入りやすい。
【例文】図書館で勉強していたら騒がしい高校生たちがやって来た。月に叢雲、花に風で迷惑だ。
【例文】デートの時に限って残業で月に叢雲、花に風だ。

月に叢雲、花に風をテーマにした記事

儚いからこそ美しい「月に叢雲、花に風」

絶好調のときほど用心しなければならないとよく言われます。
スポーツ選手などでも去年まで絶好調だった選手が今年になって突然調子を落としたり、怪我で調子が取り戻せなくなることもあるからです。
クリエイティブな職業の場合は、良いものが出来てしまうと次回作るものに思い悩んでしまうこともあります。
芸能界においても名前が知られるようになった有名人は妬まれることも多くなり、周りのことを嗅ぎまわられスキャンダルが出ることもあり、成功者は孤独だという話しも聞きます。
「月に叢雲、花に風」という言葉がありますが、もともとは月でも花でもなかった人が突然目立つようになってしまい、環境の変化に戸惑ってしまうこともあるようです。
月は目立つ存在であるからこそ雲に隠れた際にもそれを意識されやすく、花もまた同様に風が吹くことで散ったことを意識されてしまいます。
春になると咲き誇る桜などは同時に吹き荒れる風のせいですぐに散ってしまうことからもそれが言えると思います。
これらのことからも目標や夢を達成することよりも、それを維持し続けていくことの方がよっぽど難しいことのように思えるのです。
そして同時に、そのときにしか見ることのできない儚いものだからこそ、美しいものはより美しく見えるのかもしれません。

」で始まる言葉一覧

2561.杖に縋るとも人に縋るな  1074.鶴は千年、亀は万年  1008.面の皮を剥ぐ  1041.鶴の一声  941.爪を研ぐ  975.面の皮が厚い  907.爪の垢を煎じて飲む  800.旋毛を曲げる  686.罪はない  609.つぶしがきく  836.爪に火をともす  648.壺にはまる  764.罪を憎んで人を憎まず  872.爪の垢ほど  365.辻褄を合わせる  488.角を矯めて牛を殺す  280.月夜に提灯  323.付け焼き刃  237.月夜に釜を抜かれる  570.粒が揃う  448.角を出す  529.つば迫り合い  406.津津浦浦  193.月に叢雲、花に風  149.月とすっぽん  61.つうと言えばかあ  17.終のすみか  105.杖とも柱とも頼む