目の敵にする

【漢字】目の敵にする
【読み】めのかたきにする
【意味】敵意を持つ。
【例文1】年下のレギュラーを目の敵にする先輩。
【例文2】彼女の才能を目の敵にする。
【例文3】反抗して目の敵にする。

目の敵にするをテーマにした記事

 

理不尽な「目の敵にする」

「目の敵にする」とは特定の人物や存在を強く憎む、または嫉妬心を感じて敵と認認識する言葉です。多くは目に敵にされる側は恨まれる意識が薄く、嫉妬にも気づかないことが多い。世間の有名人などは不特定多数かた日々目の敵にされていることが多いこと、トラブルに巻き込まれてしまうことも少なくありません。
理不尽にも感じる事柄ですが、人間が生きていく中で嫉妬は無くなりませんし、残酷なようですが自然の摂理として上手く付き合っていくしかないと考えています。他国の外交をみてもそれは明らかで、どんなに素晴らしいグローバル化が進んでも目の敵にする存在が必ず現れます。かと言ってそのような存在を否定すれば何をするのか分からない状況なのです。社会の中でも理不尽さからくる恨み・妬みは消えることがありません。他者から見られる露出が増えていくと比例して知らずに目の敵にされていたこともあり、ますます理不尽さを感じますね。
敵視していた存在が実は無害だったことあって、勘違いから人生を破壊された方を何人も見てきました。直接関わりが無いのに目の敵にするのは非常に理不尽ですし、人の人生までも悪い意味で変えてしまうことも残酷です。理不尽な目の敵にされるという文化が改善されてほしいと思います。