手練手管

【漢字】手練手管
【読み】てれんてくだ
【意味】人を自分の思うままに操る手段。
【例文1】政治家は手練手管のような図太さも必要だ。
【例文2】妻は手練手管のように夫を操る。
【例文3】秘書を練手管のように操る。

手練手管をテーマにした記事

「手練手管」は戦国時代の常套手段

「手練手管」は「手練手管はいつわりごまかすこと。ひとを操る手段のこと」です。戦国時代には調略をはじめとしていろいろな「手練手管」が使われたことは知られています。なかでも、北条家と真田家の争いは最たるものです。当時、北条家と真田家は沼田領の覇権争いをしていました。それを間に入って取り持ったのが、時の権力者である豊臣秀吉でした。北条家が沼田領の3分の2、真田家が真田の墓所のある名胡桃城を含む3分の1を所領と決めたのですが、北条家はその案に不満を持つ家臣が多くおりました。北条家の沼田城主・猪俣邦憲が、真田昌幸の家臣・鈴木重則が守る名胡桃城に対して、鈴木家の家臣を買収した挙句、偽手紙によって鈴木重則を城外へと誘き出し、その間にその家臣に城を乗っ取らせるという謀略によって奪取すると言う事件が起こります。それに激怒したのが豊臣秀吉です。自分に断りのない天下泰平のために武家同志の争いを禁止していたからです。そして小田原攻めが始まります。ここで秀吉は物凄い手を使います。有名な秀吉の石垣山一夜城です。小田原城の西にある笠懸山に小田原城からは見えないように城を築き、完成後に周囲の木を伐採して一夜のうちに城を築いたように見せかけたのです。これは効果抜群でした。北条氏側の将兵の戦闘意欲を喪失させたのです。北条氏も籠城して頑張りますが、秀吉の力は絶大。小田原城は落城するのです。

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く