「三日坊主」とは、何か新しいことを始めてもすぐに飽きてしまい、長続きしない様子をたとえた言葉

「三日坊主」とは、何か新しいことを始めてもすぐに飽きてしまい、長続きしない様子をたとえた言葉です。

由来:

この言葉の由来は諸説ありますが、一般的には以下のように考えられています。

  • 江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎で、修行に三日と耐えられず寺を出てしまう僧侶を揶揄する表現として使われていた。
  • 三日間は頑張れるが、それ以上は続かない様子をたとえた。

意味:

「三日坊主」という言葉には、以下のニュアンスが含まれています。

  • 飽きっぽい
  • 意志が弱い
  • 忍耐力がない
  • 継続力がない

使い方:

「三日坊主」という言葉は、以下のような場面で使われます。

  • ダイエットを始めても、三日坊主で終わってしまう。
  • 英語の勉強を始めても、三日坊主でやめてしまった。
  • 彼は何をしても三日坊主だから、長続きする仕事なんてないだろう。

例文:

  • 私は新しいことを始めるのが好きだけど、三日坊主で終わってしまうことが多い。
  • 彼は三日坊主で有名な人だから、最後までやり遂げられるかどうか心配だ。
  • ダイエットは三日坊主で成功しないから、継続することが大切だ。

類似表現:

  • 腰掛け
  • 朝三暮四
  • 虎の子
  • 一貫性がない
  • 三日天下

「三日坊主」にならないために:

「三日坊主」にならないためには、以下の点に注意しましょう。

  • 無理のない目標を設定する。
  • 小さなことから始める。
  • 習慣化する。
  • 仲間を見つける。
  • 自分を褒める。

まとめ:

「三日坊主」は、誰しも経験することのある現象です。しかし、ちょっとした工夫で克服することができます。ぜひ、上記を参考に、目標を達成しましょう。

参考URL:
三日坊主(みっかぼうず)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書