めっきがはげる

【漢字】めっきがはげる
【読み】めっきがはげる
【意味】隠していた事柄や本性がバレてくる。
【例文1】最初はいい人だと思っていたが、長く付き合っている間にめっきがはげてきた。
【例文2】とうとうめっきがはげる。
【例文3】同棲を始めてめっきがはげる。

めっきがはげるをテーマにした記事

 

寿司パーティーを開催してめっきがはげる

私の父親は、寿司職人で自営業をやっていて、小さい頃から仕事を見ていました。
職人になるつもりはなかったので、修行をする事はありませんでしたが、魚のおろし方だけは父親から教わりました。
そんな環境で育った為料理が好きで、休みの日には寿司を握ったり創作料理を作ったりして、家族サービスをしています。
ある日、妻の妹夫婦が遊びに来る事になったので、寿司を握りパーティーを開催しました。その際、材料の買い出しから作る作業を全部私が担当する事になり、気合を入れて寿司造りに挑みました。
スーパーへ行って新鮮で脂が乗っていそうな魚を複数購入して、中でもマグロは大トロのような色合いがある物を購入しました。
早速アジやイカ、カツオなどを調理して寿司を握りみんなに作っていると、美味しい!と評価され少し優越感に浸っていました。
妻の妹夫婦からは、『凄い!寿司ネタとか選ぶのも上手』と言われ、私は親が寿司職人だったからね?!と調子に乗って言いました。
そして、1番自身のあるマグロを握り、みんなに今日1番のおすすめで最高に美味しいマグロだよ!と言ってテーブルに出しました。
みんながマグロを口に入れた途端、少し険しい表情をしたので、不思議に思った私はマグロを食べてみると、硬くて噛みきれない程でした。
大トロではなく、腹身だったみたいで筋が多く正直食べられる物ではありませんでした。
そのようなマグロを1番のおすすめと言った私は、寿司ネタ選びのプロというめっきがはげる事になり、恥ずかしい思いをしました。

」で始まる言葉一覧

2545.明鏡も裏を照らさず 2320.目を養う 2312.目をむく 2263.芽を吹く 2288.目を丸くする 2209.目をつり上げる 2360.面目を失う 2304.目を見張る 2352.面目次第もない 2335.面倒を見る 2227.目を盗む 2245.目を光らす 2375.面目躍如 2254.目を引く 2368.面目を施す 2389.目八分 2382.迷宮入り 2344.面と向かって 2218.目を通す 2280.目を細める 2236.目を離す 2272.目を伏せる 2296.目を回す 2328.面従腹背 2097.目を凝らす 2013.目を奪う 2050.目を掛ける 2026.目を覆う 2146.目を据える 2062.目をかすめる 2110.目を皿のようにする 2169.目を背ける 2122.目を三角にする 2200.目をつぶる 2191.目を付ける 2134.目を白黒させる 2074.目を配る 2038.目を落とす 2086.目をくらます 2158.目を注ぐ 2180.目をそらす 2000.目を疑う 1865.目の毒 1971.目も当てられない 1941.目鼻が付く 1842.目の付け所 1809.目の黒いうち 1926.目は口ほどに物を言う 1956.目星を付ける 1888.目の保養 1908.目の前が真っ暗になる 1986.目もくれない 1792.目の敵にする 1774.目の上のこぶ 1702.目にも留まらぬ 1756.目の色を変える 1738.目に物見せる 1720.目に物言わす 1413.めどが付く 1439.目と鼻の先 1465.目に余る 1489.目に入れても痛くない 1621.目に入る 1684.目に見えて 1642.目には目を、歯には歯を 1600.目には青葉山ほととぎす初がつお 1558.目に付く 1513.目に浮かぶ 1579.目に留まる 1536.目に角を立てる 1663.目に触れる 1359.めっきがはげる 1331.目玉が飛び出る 1272.目白押し 1242.目先を変える 1386.滅相もない 1212.目先が利く 1302.メスを入れる 1119.目から火が出る 1182.目くそ鼻くそを笑う 1151.目くじらを立てる 920.目がない 1021.目が回る 988.目が早い 1054.目から鱗が落ちる 1087.目から鼻へ抜ける 954.眼鏡にかなう 813.目が出る 740.目が据わる 701.目頭が熱くなる 662.目が覚める 614.寝覚めが悪い 777.目が高い 885.目が届く 849.芽が出る 209.冥途の土産 462.目が潤む 422.目が合う 585.目が肥える 296.明眸皓歯 545.目が眩む 253.名物にうまい物なし 339.明明白白 504.目が利く 379.迷惑千万 165.名状しがたい 77.明鏡止水 121. 33.明暗を分ける