「口は災いの元」とは、軽はずみな発言は、思わぬトラブルや災難を招くことがあるという意味の慣用句

「口は災いの元」とは、軽はずみな発言は、思わぬトラブルや災難を招くことがあるという意味の慣用句です。

意味:

  • 軽はずみな発言は、思わぬトラブルや災難を招くことがあるので、発言には注意すべきであるという戒め。
  • よく考えずに喋ると、相手を傷つけたり、誤解を招いたり、自分の立場を悪くしたりする可能性がある。

類義語:

  • 言わぬが花
  • 禍は口より出でて身を破る
  • 軽はずみな発言は慎む
  • 沈黙は金

対義語:

  • 率直
  • 正直
  • 本音で話す
  • 建前を捨てて話す

例文:

  • あの人は口が災いで、いつもトラブルを起こしている。
  • 彼は口は災いの元なので、発言には注意が必要だ。
  • 大切な場面では、口は災いの元ということを忘れずに慎重に話そう。

補足:

  • このことわざは、古代ギリシャの哲学者エピクロスも「言葉は銀、沈黙は金」という言葉で同様の意味を説いています。
  • インターネットの普及により、発言の影響力はより大きくなり、軽はずみな発言は大きな問題に発展する可能性があります。

関連表現:

  • 言葉は刃物
  • 言霊
  • 悪口
  • 誹謗中傷
  • 炎上

参考URL:
口は災いの元 - ウィクショナリー日本語版