桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す

【漢字】桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す
【読み】とうりものいわざれどもしたおのずからみちをなす
【意味】桃や李は何も言わないが、美しい花の下には自然と人が集まって道ができることから、魅力あるのものには自然と人が集まってくるものである。
【例文1】ここのお店は口コミだけで、桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す。
【例文2】彼女の周りにはいつも桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す。
【例文3】素晴らしい演説で桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す。

桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成すをテーマにした記事

「桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す」ほどの人徳者だった李将軍

「桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す」とは「人徳のある人のもとには、人々が徳を慕って自然に集まってくること」の意味です「蹊」は「こみち」のことで、列をなすどころではなく、こみちを作ってしまうほどであるという例えです。これは漢の司馬遷が書いた「史記」の「李将軍列伝」に出てくる言葉です。司馬遷は個々の人間の伝記を中心に歴史を記しました。司馬遷歴史観に基づいた主観的な表現が散りばめられ、歴史書としても価値とともに、物語としても興味深く読まれる作品として後世に伝えられてきました。「史記」の中から生まれた慣用句や故事成語が多いのも、その成り立ちからすれば自然なことなのです。人徳とはいいますが、こみちを作るほどの人徳者はイエスキリストか、お釈迦様かくらいしか私には思い出せません。イエスキリストが磔刑になる時には彼を慕い、嘆き悲しむ人の列が刑場のゴルゴタの丘の麓まで続いたそうですし、お釈迦様も辻々で説法をなさると、その説法に感動した人々がつき従い付いてきてしまい、お弟子様の数が膨れ上がったそうです。やはり普通の人間ではなかったと思わされる逸話です。この史記の李広将軍はとても人柄が良く皆に尊敬されていたので、彼が死んだ日には彼を知っている人も、直接は知らない人までが悲しんだということから、司馬遷は李広将軍を例えるに「桃李言わざれど下自ら蹊を成す」という言葉を使ったのですが、「この言葉そのものは小さなことを言っているが、大きなことをも喩えられる言葉でもある」とまで添えています。この言葉は「桃李成蹊」の四字熟語としても知られています。

」で始まる言葉一覧

2181.泥鱒の地団駄 2021.泥仕(試)合 2008.とんぼ返り 1996.丼勘定 1967.鳶が鷹を生む 1822.泥棒に追い銭 1805.取るものも取り敢えず 1921.度を失う 1952.飛んで火に入る夏の虫 1937.どんぐりの背比べ 1881.泥を被る 1857.泥棒を捕らえて縄をなう 1902.泥を吐く 1982.鳶に油揚げをさらわれる 1751.鳥なき里のこうもり 1769.鳥肌が立つ 1787.取るに足りない 1733.取り付く島もない 1715.虎を野に放つ 1550.途方に暮れる 1431.突拍子もない 1528.飛ぶ鳥を落とす勢い 1481.隣の花は赤い 1505.怒髪天を衝く 1697.虎は死して皮を留め、人は死して名を残す 1592.取らぬ狸の皮算用 1676.虎の巻 1405.毒気を抜かれる 1457.とどのつまり 1571.朋有り遠方より来る 1634.虎の尾を踏む 1655.虎の子 1613.虎の威を借る狐 1351.塗炭の苦しみ 1292.年には勝てない 1378.土壇場 1202.どこ吹く風 1232.所変われば品変わる 1262.年甲斐もなく 1322.年寄りの冷や水 1108.毒を食らわば皿まで 1140.毒を以て毒を制す 1172.どこの馬の骨 1076.独立独歩 1010.独断専行 1043.毒にも薬にもならない 943.読書百遍意自ずから通ず 977.独壇場 909.時を稼ぐ 1086.胸がすく 802.十で神童十五で才子二十歳過ぎればただの人 688.蟷螂の斧 727.遠い親戚より近くの他人 611.桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す 838.時は金なり 650.登竜門 766.遠くて近きは男女の仲 874.度肝(胆)を抜く 367.灯台下暗し 490.同病相憐れむ 325.同床異夢 572.東奔西走 282.同工異曲 239.桃源郷 531.豆腐にかすがい 450.堂に入る 408.堂々巡り 151.薹が立つ 63.頭角を現す 19.当意即妙 107.灯火親しむべし