志を立てる

【漢字】志を立てる
【読み】こころざしをたてる
【意味】目標を持って成し遂げようとする気持ち。
【例文1】彼は18歳の時から起業すると志を立てた。
【例文2】志を立てると意欲がわく。
【例文3】家庭を持ち志を立てる。

志を立てるをテーマにした記事

「志を立てる」玄奘三蔵法師

「志を立てる」とは「目的を決め、必ず実現しようと心に誓うこと」です。「志を立て」実行した人の中に玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)法師がいます。彼は8歳のころからお経を父から学び、10歳で父が亡くなると兄が出家して暮らしていた浄土寺でお経を学び始めます。浄土寺で度僧の募集がかかりますが、玄奘は年が若く受験すらできません。それで彼は門の所で試験役の僧を待ち受けます。事情を話すと「なぜ僧になりたいのか」と問われます。「遠くは如来を紹し、近くは遺法を光らせたいから」と答え、これに感じ入った僧は、「この風骨は得がたいものだ」と特例として受け入れ、兄と一緒に浄土寺に住むことになります。629年の21歳の時、玄奘は仏典の研究には原典に拠るべきであると考え、仏跡巡りを兼ねてインドへ行こうとしますが、唐王朝から出国の許可がおりず、密出国します。巡礼や仏教研究を行って16年後の645年に経典657部や仏像などを持って無事に戻ります。唐では太宗の時代になっており、玄奘三蔵法師は密出国を咎められることもなく、彼の業績は太宗に高く評価されました。以後、翻訳作業で従来の誤りを正し、法相宗の開祖となりました。また、このインドへの旅を地誌『大唐西域記』として著し、「西遊記」のもととなります。彼のお蔭で日本には正しい訳の経典が伝わったのです。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし