」カテゴリーアーカイブ

「藻くずとなる」とは、海中で死ぬことを表す慣用句

「藻くずとなる」とは、海中で死ぬことを表す慣用句です。

読み方: もくずとなる

意味:

  • 海藻が波に揉まれて砕け散るように、あっけなく命を落とすこと。
  • 戦争などで、多くの兵士が海に沈んで死ぬことを比喩的に表現する。

類義語:

  • 海の藻屑となる
  • 海藻屑となる
  • 泡沫の夢
  • 無常
  • はかない
  • 儚い
  • 脆い

対義語:

  • 長寿
  • 永遠
  • 不滅
  • 不死

例文:

  • 戦艦ビスマルク号は、多くの兵士と共に藻くずとなった。
  • 海賊の船は、嵐によって藻くずとなった。
  • 彼の人生は、夢のように儚く藻くずとなった。

補足:

「藻くずとなる」は、命の儚さや無常観を表す表現として使われます。

参考URL:
もくずとなる【もくず(藻屑)となる】 | 日国友の会

「門前市を成す」とは、人が門前に群れ集まり、市が開かれるように活気づく様子を表す慣用句

「門前市を成す」とは、人が門前に群れ集まり、市が開かれるように活気づく様子を表す慣用句。
読み方: もんぜんいちをなす

意味:

  • 人が門前に群れ集まり、市が開かれるように活気づく様子を表す慣用句。
  • 権力者や名声のある人物の門前が、人の出入りで大変にぎわう様子をたとえる。
  • 転じて、人気のある店や商品が、多くの人を集めて活況を呈する様子にも使う。

由来:

  • 中国の故事「戦国策」の一節「門庭若市」から。
  • 孟嘗君が食客三千人を養っていたという故事に由来し、その門前がまるで市場のように活気づいていた様子を表している。

使い方:

  • 有名人の自宅や店を訪れる人々で賑わう様子を形容する際に使う。
  • 人気商品の販売現場の活況を表現する際に使う。
  • 人が集まり活発な様子を比喩的に表現する際に使う。

例文:

  • 新しくオープンした人気店の前には、連日長蛇の列が門前市を成している。
  • 著名な作家の講演会は、会場の門前市を成すほどの大盛況だった。
  • 選挙演説会場は、熱狂的な支持者たちで門前市を成していた。

類義語:

  • 人山人海
  • 盛況
  • 賑やか
  • 活気
  • 大入り

対義語:

  • 閑古鳥
  • 不景気
  • 寂しい
  • 蕭条
  • 閑散

参考:

  • 門前市を成す - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「門前市を成す」は、必ずしも人の出入りが激しい様子だけを指すわけではありません。
  • 多くの人が集まり、活発な活動が行われている様子をポジティブに表現する言葉として使われます。

例文:

  • 新しいアイデアで生まれ変わった会社は、活気に満ちあふれ、門前市を成すような勢いで業績を伸ばしている。
  • 長年地域に根差した商店街は、住民たちの交流の場として、今日も門前市を成している。
  • 子どもたちの笑顔あふれる公園は、週末になると門前市を成すほどの賑わいを見せる。

注意:

  • 「門前市を成す」は、必ずしもポジティブな意味合いを持つ言葉ではありません。
  • 人が殺到して混乱している様子をネガティブに表現する場合もあります。

その他:

  • 英語では "be crowded with people" や "be very popular" という表現があります。

参考URL:
門前市を成す(モンゼンイチヲナス)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「物言えば唇寒し秋の風」とは、無駄口を言うと、後で後悔したり、災いを招いたりすること

「物言えば唇寒し秋の風」とは、無駄口を言うと、後で後悔したり、災いを招いたりすること。

意味:

  • 無駄口を言うと、後で後悔したり、災いを招いたりすること。
  • 余計なことは言わない方がよいという戒め。

語源:

  • 松尾芭蕉の俳句「物言えば唇寒し秋の風」から。
  • 秋の冷たい風は、口を開けば唇を冷やすように、余計なことを言えば、後で後悔したり、災いを招いたりすることになぞらえた。

類義語:

  • 口は禍の門
  • 言わぬが花
  • 沈黙は金
  • 禍は口より出づ
  • 軽はずみに口をきく

対義語:

  • よく喋る
  • おしゃべり
  • 雄弁
  • 口達者
  • 話術

注意点:

  • 物言えば唇寒し秋の風は、常に発言を控えるべきという意味ではない。
  • 状況に応じて、適切な発言をすることが大切。

補足:

  • この句は、様々な解釈があり、奥深い味わいがある。

参考URL:
物言えば唇寒し秋の風(ものいえばくちびるさむしあきのかぜ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「物は試し」とは、実際にやってみれば、その成否や良し悪しがわかるという意味の慣用句

「物は試し」とは、実際にやってみれば、その成否や良し悪しがわかるという意味の慣用句です。

意味

実際にやってみれば、その成否や良し悪しがわかる。

解説

「物」は、具体的な事物。「は」は、係助詞。「試し」は、試してみる事。つまり、「どんな物事でも、実際にやってみれば、その結果がわかる」という意味になります。

例文

  • 彼は、新しい料理に挑戦してみた。物は試しだ。
  • 彼女は、海外旅行に行ってみた。物は試しだ。
  • 彼は、新しい仕事に挑戦してみた。物は試しだ。

類義語

  • 百聞は一見にしかず
  • 経験は百の教訓に勝る
  • 実践あるのみ
  • 行動こそ力
  • 試行錯誤

対義語

  • 机上の空論
  • 想像
  • 推測
  • 憶測
  • 空想

参考URL:
物は試し(ものはためし)とは? 意味や使い方 - コトバンク

その他

「物は試し」は、失敗を恐れずに挑戦することの大切さを教えることわざです。

例文

  • 失敗を恐れていては、何も成し遂げられない。物は試しで、色々なことに挑戦してみよう。
  • 新しいことに挑戦することは、リスクもあるが、同時に大きな可能性も秘めている。物は試しで、一歩踏み出してみよう。
  • 物は試しで、色々な人と交流してみよう。きっと、あなたの視野を広げてくれる出会いがあるはずだ。

補足

「物は試し」は、軽はずみな行動を推奨するものではありません。事前にしっかりと準備をした上で、挑戦することが重要です。

例文

  • 物は試しで、新しい投資方法に挑戦してみた。しかし、事前にしっかりと勉強していなかったので、失敗してしまった。
  • 物は試しで、新しいビジネスを立ち上げてみた。しかし、市場調査を怠っていたので、うまくいかなかった。
  • 物は試しで、海外旅行に行ってみた。しかし、現地の言葉を話せなかったので、苦労した。

「持ち出しになる」とは、予定より多くかかった分の費用を自分で負担すること

「持ち出しになる」とは、予定より多くかかった分の費用を自分で負担することです。

  1. 予定より多くかかった分の費用を自分で負担すること:

    例:

    • 出張費用が持ち出しになった。
    • 食費が持ち出しになりそう。
  2. 会社や組織の所有物ではなく、個人が所有する物になること:

    例:

    • この資料は持ち出し禁止です。
    • パソコンは持ち出し可です。

語源:

「持ち出し」は、「持ち出す」という動詞の名詞形です。「持ち出す」は、「ある場所から別の場所へ物を持っていく」という意味です。

使い方:

  1. 費用について:

    • 予定より多くかかった費用を自分で負担する場合に、「持ち出しになる」または「持ち出しがかかる」という表現を使います。
    • 誰が費用を負担するかが明確な場合は、「私の持ち出しになる」のように、誰が負担するのかを明示することができます。

    例:

    • 交通費は私の持ち出しでお願いします。
    • 彼は、会議の資料印刷費用を持ち出しした。
  2. 所有物について:

    • 会社や組織の所有物ではなく、個人が所有する物になる場合に、「持ち出しになる」または「持ち出し可」という表現を使います。
    • 持ち出しが禁止されている場合は、「持ち出し禁止」という表示をすることがあります。

    例:

    • この車は持ち出し可です。
    • 重要書類は持ち出し厳禁です。

類義語:

  • 自腹を切る
  • 負担する
  • 個人所有
  • 私物

対義語:

  • 会社負担
  • 公用
  • 持ち込み

例文:

  • 出張費用は持ち出しになる可能性があるので、領収書を忘れずに提出してください。
  • この資料は持ち出し禁止なので、コピーを取ってから閲覧してください。
  • 会社の車は持ち出し可ですが、私用での使用は控えてください。

まとめ:

「持ち出しになる」は、費用負担と所有物の二つの意味を持つ言葉です。文脈によってどちらの意味で使われているのかを判断する必要があります。
参考URL:
「持ち出し(もちだし)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「門前の小僧習わぬ経を読む」とは、特に教えなくても、自然と身に付くものがあること

「門前の小僧習わぬ経を読む」とは、特に教えなくても、自然と身に付くものがあること。

読み方: もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ

意味:

  • 特に教えなくても、自然と身に付くものがあること。
  • 環境の影響力の大きさを表すことわざ。

由来:

  • 寺の門前で遊んでいる子供は、お経を習っていなくても、毎日聞いているうちに自然に読めるようになるという故事から。

使い方:

  • 子供が自然に言葉を覚えていく様子を表現したい時に使う。
  • 特定の環境に置かれた人が、その環境特有の知識やスキルを自然と身につける様子を表現したい時に使う。

例文:

  • 彼は、料理人の息子で、門前の小僧習わぬ経を読むように、自然と料理を覚えた。
  • 彼女は、外国に住んでいたため、門前の小僧習わぬ経を読むように、自然と外国語を話せるようになった。

類義語:

  • 自然に身につく
  • 染み付く
  • 熏陶を受ける
  • 影響を受ける
  • 習慣化する

対義語:

  • 教わらないとできない
  • 努力が必要
  • 習得が難しい
  • 不自然
  • 不慣れ

参考:

  • 門前の小僧習わぬ経を読む - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • このことわざは、教育の重要性を強調するものではありません。
  • むしろ、環境の影響力の大きさを指摘し、子供の教育環境の重要性を示唆しています。

その他:

  • 英語では "practice makes perfect" や "you learn by doing" などの表現があります。

参考URL:
門前の小僧習わぬ経を読む(もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「物がわかる」とは、物事の道理や仕組みを理解していること

「物がわかる」とは、物事の道理や仕組みを理解していること。

  1. 物事の道理や仕組みを理解していること
  • 例:「彼は頭が良く、物がよくわかる。」
  1. 状況や相手の気持ちを読み取って、適切な対応ができること
  • 例:「彼女は場の空気が読めて、物がよくわかる。」
  1. 世間や人生の経験を積んで、分別が身についていること
  • 例:「彼は年齢を重ねて、物がわかるようになった。」

これらの意味合いは、状況によって使い分けられます。

類義語

  • 理解する
  • 納得する
  • 賢い
  • 分別がある
  • 世故に長けている

対義語

  • わからない
  • 無知
  • 愚か
  • 分別がない
  • 世間知らず

例文

  • まだ子供だから、物の道理がわからないこともある。
  • あの人は経験豊富で、物がよくわかる人だ。
  • 彼は失敗から学び、物がわかるようになった。

補足

「物がわかる」という言葉は、単に知識を持っているという意味ではなく、知識を活かして適切な判断や行動ができるという意味合いも含んでいます。

また、この言葉は、相手を褒める時にも使われます。

参考

  • 故事成語辞典
  • ことわざ辞典
  • Wikipedia

その他

  • 「物がわかる」という言葉は、日本語独特の表現です。
  • 英語では、「be intelligent」、「be understanding」、「be wise」などの表現が近い意味になります。

参考URL:
ものがわかるということ (単行本) | 養老 孟司 |本 | 通販 | Amazon

「物も言いようで角が立つ」とは、何気なく言った言葉でも、言い方によっては相手を傷つけたり、怒らせたりすることがあるという意味

「物も言いようで角が立つ」とは、何気なく言った言葉でも、言い方によっては相手を傷つけたり、怒らせたりすることがあるという意味。

意味:

  • 何気なく言った言葉でも、言い方によっては相手を傷つけたり、怒らせたりすることがある。
  • 言葉遣いには注意が必要である。

例:

  • 冗談のつもりで言ったことが、相手を傷つけてしまった。
  • 正論を言ったつもりが、相手を怒らせてしまった。
  • アドバイスをしたつもりが、相手から反感を買ってしまった。

類義語:

  • 言い方によっては
  • 言わぬが花
  • 口は禍のもと
  • 禍言
  • 悪口

対義語:

  • 円滑
  • 丁寧
  • 思いやり
  • 気配り
  • 優しさ

補足:

  • 「物も言いようで角が立つ」は、ことわざです。
  • どんなに良い内容でも、言い方によっては相手に悪意が伝わってしまうことがあるので、注意が必要です。
  • 相手の立場や気持ちに配慮した、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

物も言いようで角が立つ(ものもいいようでかどがたつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書参考URL:

関連表現:

  • 言葉
  • コミュニケーション
  • 人間関係
  • 思いやり
  • 気配り

注意:

  • 常に完璧な言葉遣いを心がけることは難しいですが、意識することで少しずつ改善することができます。
  • 相手とのコミュニケーションを円滑にするために、努力を続けましょう。

「持ちつ持たれつ」とは、互いに助け合ったり助けられたりしながら、共に生きていくこと

「持ちつ持たれつ」とは、互いに助け合ったり助けられたりしながら、共に生きていくことです。

意味:

互いに助け合ったり助けられたりしながら、共に生きていくこと。

読み方:

  • もちつもたれつ

語源:

  • 「持ちつ」は「持ち合う」、「持たれつ」は「持たれる」の連用形。「互いに助け合う」という意味を表す。

使い方:

  • 互いに助け合っている様子を伝えたいときに使用します。
  • 協力関係にあることを強調したい場合にも使用できます。

例文:

  • 例文1:
    • 夫婦は持ちつ持たれつで人生を歩んできた。
  • 例文2:
    • 互いに助け合いながら、困難を乗り越えてきた。
  • 例文3:
    • 小さな会社が集まって、持ちつ持たれつで事業を展開している。

類義語:

  • 相扶相助
  • 助け合い
  • 協力
  • 共存
  • 共栄

対義語:

  • 競争
  • 対立
  • 独立
  • 自立

その他:

  • 「持ちつ持たれつ」は、人間関係だけでなく、自然環境や社会システムなどにも適用できる考え方です。
  • 互いに助け合い、協力することで、より良い未来を築くことができるというメッセージが込められています。

参考URL:
持ちつ持たれつ(もちつもたれつ)の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「門前払い」とは、訪問者に対して、門の前で追い返すこと

「門前払い」とは、訪問者に対して、門の前で追い返すこと。

読み方: もんぜんばらい

意味:

  1. 訪問者に対して、門の前で追い返すこと。
  2. 面会すらせず断ること。
  3. 申請や要求を、理由も説明せず拒否すること。

語源:

  • 江戸時代の武家屋敷では、門番が来客を門前で取り次ぎ、面会を断る場合もあった。

使い方:

  • 訪問者を追い返す様子を表現したい時に使う。
  • 面会を断る様子を表現したい時に使う。
  • 申請や要求を拒否する様子を表現したい時に使う。

例文:

  • 彼は、会社の門前払いされた。
  • 彼女は、彼氏に門前払いされた。
  • 生活保護の申請は、門前払いされた。

類義語:

  • 追い返す
  • 断る
  • 拒否
  • 冷遇
  • 無視

対義語:

  • 歓迎
  • 面会
  • 受理
  • 許可
  • 承認

参考URL:
門前払い(もんぜんばらい)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

補足:

  • 門前払いには、正当な理由がある場合と、そうでない場合がある。