」カテゴリーアーカイブ

「迷惑千万」は、非常に迷惑なことを表す表現

「迷惑千万」は、非常に迷惑なことを表す表現です。

意味:

  • 迷惑:他人に不快な思いをさせたり、困らせたりすること。
  • 千万:非常に多いこと。ここでは、「非常に」という意味で使われる。

例文:

  • 夜中に大声で騒ぐなんて、迷惑千万だ。
  • 無断で私の物を持ち出すなんて、迷惑千万だ。
  • 嘘の情報を拡散するのは、迷惑千万だ。

類義語:

  • 迷惑をかける
  • 困らせる
  • 厄介
  • 邪魔
  • 不快

対義語:

  • 喜ばしい
  • ありがたい
  • 助かる
  • 快適
  • 幸せ

「迷惑千万」は、相手への強い憤りや不満を表す表現です。

補足:

  • 「迷惑千万」は、「迷惑至極」、「迷惑極まりない」、「迷惑この上ない」などの類義語があります。
  • 「迷惑千万」は、「迷惑をかける」のように、自分が相手に迷惑をかけるという意味で使われることもあります。

例:

  • 申し訳ありませんが、今日は急用のため、迷惑千万ですが、キャンセルさせてください。

「迷惑千万」は、相手への配慮を欠いた行動を慎むことを示す表現でもあります。

参考URL:
迷惑千万(めいわくせんばん)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「目に入れても痛くない」とは、日本語で「とても大切で、かわいくて、愛おしい」という意味を持つ慣用句

「目に入れても痛くない」とは、日本語で「とても大切で、かわいくて、愛おしい」という意味を持つ慣用句です。

この表現は、一般的に親が子供への愛情を表現するために使われますが、恋人やペットなど、特別な存在への愛情を表すときにも使われます。

「目に入れても痛くない」という表現の由来

この表現の由来は、目に入った異物は痛みを感じさせることから、「たとえ目に入っても痛くないほど大切で愛おしい」という意味合いが生まれたと考えられています。つまり、その存在はかけがえのないものであり、決して傷つけたくないという強い思いを表しているのです。

「目に入れても痛くない」の使い方

  • 「私の子供は、目に入れても痛くないほど可愛いです。」 (My child is so precious to me, I could put them in my eye and it wouldn't hurt.)
  • 「彼らはお互いを目に入れても痛くないほど愛しています。」 (They love each other so much, they could put each other in their eye and it wouldn't hurt.)
  • 「彼女はペットを目に入れても痛くないほど大切にしています。」 (She cherishes her pet so much, she could put it in her eye and it wouldn't hurt.)

「目に入れても痛くない」のニュアンス

この表現は、愛情や大切さを強調するために使われるだけでなく、その存在の重要性を強調するためにも使われます。

例えば、何か大切な決断をするとき、その決断が自分にとってどれほど重要なのかを表現するために、「このプロジェクトは目に入れても痛くないほど大切だ」というように使うことができます。

「目に入れても痛くない」の類似表現

  • 「掌中の珠」(shouchuu no tama): 手のひらに乗るほど大切にしているという意味
  • 「目の中に入れても出さない」(me no naka ni irete mo dasanai): 目から離したくないほど大切にしているという意味
  • 「命よりも大切」(inochi yori mo taisetsu): 命よりも大切にしているという意味

「目に入れても痛くない」は、日本語で愛情や大切さを表現する際に使える便利な慣用句です。状況に応じて適切な表現を使い分けて、自分の気持ちを伝えましょう。

参考URL:
「目に入れても痛くない(めにいれてもいたくない)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「目を配る」は、注意深く見る、気を配る、気にかけるという意味

「目を配る」は、注意深く見る、気を配る、気にかけるという意味です。状況によって、以下のようなニュアンスで使われます。

  1. 周囲に注意深く見る
  • 人や物事を見逃さないように、注意深く観察する様子を表します。
  • 例:
    • 店員は、お客様に目を配りながら接客しています。
    • 警備員は、周囲に目を配りながら巡回しています。
    • 母親は、目を配りながら子供たちが遊んでいる様子を見守っています。
  1. 気配りをする
  • 周囲の状況や人の様子に気を配り、必要なサポートやフォローをする様子を表します。
  • 例:
    • 先生は、生徒一人ひとりに目を配りながら授業を進めています。
    • リーダーは、メンバーに目を配りながら指示を出しています。
    • 上司は、部下たちの様子に目を配りながら仕事を任せています。
  1. 気にかける
  • 人や物事に関心を持ち、心配したり、面倒を見たりする様子を表します。
  • 例:
    • 病気のお見舞いに行き、患者の様子に目を配りました。
    • 新入社員に目を配り、分からないことがあれば丁寧に教えてあげました。
    • ペットに目を配り、餌や水を与え、散歩に連れて行きました。

「目を配る」の類義語

  • 注意する
  • 見張る
  • 監視する
  • 管理する
  • 世話をする
  • 面倒を見る
  • 気配りする
  • 気にかける
  • 心配する

「目を配る」の反義語

  • 無視する
  • 見逃す
  • 放置する
  • 構わない
  • 無関心
  • 冷淡
  • 無責任

「目を配る」の使い方

  • 「店員が目を配っているので、安心して買い物ができます。」
  • 「先生は、授業中に生徒に目を配りながら、質問に答えていました。」
  • 「彼は、いつも家族に目を配り、困っていることがあればすぐに助けてくれます。」

「目を配る」の例文

  • イベントのスタッフは、参加者に目を配り、安全に過ごせるようにしていました。
  • 母親は、目を配りながら、子供たちが喧嘩しないように注意していました。
  • 店長は、新しい従業員に目を配り、仕事を教えていました。

その他

「目を配る」という言葉は、江戸時代から使われており、浮世絵にも描かれています。

参考URL:
目を配る(めをくばる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「目八分」 (めはちぶん) は、物を鄭重に持つ時、脇を閉じ、八分目の高さにささげ持つことという意

「目八分」 (めはちぶん) は、物を鄭重に持つ時、脇を閉じ、八分目の高さにささげ持つことという意味があります。

  1. 物を鄭重に持つ時、脇を閉じ、八分目の高さにささげ持つこと。

例文:

  • 目八分にして差し出す。
  • 目八分にして受け取る。
  1. 容器の10分の8ほどに物を入れること。また、その分量。八分目。

例文:

  • お茶を目八分に入れる。
  • ご飯を目八分にする。

注意点

  • 「目八分」 は、丁寧な言葉遣い の際に使われることが多いです。
  • 「目八分」 は、目一杯 や 満杯 とは意味が異なる ので、注意が必要です。

類義語

  • 丁寧
  • 鄭重
  • 八分目
  • ほどほど

対義語

  • 粗雑
  • 無造作
  • 目一杯
  • 満杯

その他

  • 「目八分」 は、「目八分に見る」 (めはちぶんにみる) という慣用句もあります。これは、尊大な態度で相手を見る または 相手を見下すという意味です。

例:

  • 彼はいつも目八分に見るような態度だ。
  • 彼女は目八分に見られるのが嫌いだ。

参考URL:
目八分(メハチブン)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「芽が出る」とは、努力が実り、良い結果が出始めることを、植物の芽が出る様子に例えて表現した慣用句

「芽が出る」とは、努力が実り、良い結果が出始めることを、植物の芽が出る様子に例えて表現した慣用句。

意味:

「芽が出る」には、以下の2つの意味があります。

  1. 植物の芽が萌え出る

春になると、植物の種や根から芽が出て、新しい成長が始まります。

  1. 幸運が巡ってくる

努力が実り、良い結果が出始めることを、植物の芽が出る様子に例えて表現します。

例文:

  • 春の陽射しを浴びて、木の芽が芽吹いた。
  • 長年努力してきた彼の才能が、ようやく芽が出始めた。
  • 彼女は、新しい事業を立ち上げ、芽が出始めていた。

類義語:

  • 萌え出る
  • 発芽する
  • 芽吹く
  • 成長する
  • 幸運が訪れる
  • 好機が訪れる
  • 成功する
  • 物事がうまくいく

対義語:

  • 枯れる
  • 失敗する
  • 物事がうまくいかない

注意点:

「芽が出る」は、文脈によって意味が異なるため、状況に合わせて解釈する必要があります。

参考URL:
芽が出る(めがでる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

補足:

「芽が出る」は、ポジティブな意味で使われることが多いです。

「目に物言わす」とは、目だけで意思を伝えたり、相手を威圧したりするという意味の慣用句

「目に物言わす」とは、目だけで意思を伝えたり、相手を威圧したりするという意味の慣用句です。具体的には、以下のような意味合いがあります。

  • 睨みつける
  • 鋭い視線を送る
  • 威圧感を与える
  • 言葉で言わずに意思を伝える

「目に物言わす」の由来

この慣用句の由来は、江戸時代の武士の決闘に由来すると言われています。

武士にとって、刀は非常に重要な武器であり、目線は相手の動きを予測するために重要な情報源でした。そのため、決闘においては、目力で相手を威圧し、精神的に優位に立つことが重要とされていました。

これが転じて、「目に物言わす」という慣用句が使われるようになりました。

「目に物言わす」の使い方

「目に物言わす」は、以下のような場面で使われます。

  • 相手を怒らせたり、威圧したい時
  • 言葉で言いにくいことを伝えたい時
  • 自分の意思を強く主張したい時

例文

  • 上司が厳しい目で睨みつけると、誰もが黙り込んでしまった。
  • 彼は一言も話さなかったが、その目には強い意志が宿っていた。
  • 彼女はライバルに鋭い視線を送り、闘志を燃やした。

「目に物言わす」の類義語

「目に物言わす」の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 睨みつける
  • 鋭い視線を送る
  • 威圧する
  • 黙視する
  • 無言で訴える

「目に物言わす」の英語表現

「目に物言わす」にぴったりの英語表現はありませんが、以下のような表現で意味を伝えることができます。

  • "To give someone a hard stare."
  • "To glare at someone."
  • "To intimidate someone with one's eyes."
  • "To say something with one's eyes."
  • "To convey one's meaning without words."

まとめ

「目に物言わす」は、目だけで意思を伝えたり、相手を威圧したりするという意味の慣用句です。

この慣用句を使う際には、相手を傷つけたり、不快な思いをさせないように注意する必要があります。あくまでも、自分の意思を伝えることが目的であることを忘れずに使いましょう。

参考URL:
目に物言わす(めにものいわす)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「目をつぶる」は、まぶたを閉じて視界を遮断することを意味する動詞

「目をつぶる」は、まぶたを閉じて視界を遮断することを意味する動詞です。瞬き、目を休める、眠る、瞑想するなど、様々な状況で使われます。

ポイント

  • 動作: 上まぶたと下まぶたを閉じて、視界を遮断する動作です。
  • 理由: 以下の様々な理由で行われます。
    • 光を遮断する: まぶしい光を避けたり、暗闇に慣れるために目を閉じます。
    • 目を休める: 長時間目を酷使した後に、目を閉じて休息をとります。
    • 眠る: 睡眠をとるために目を閉じます。
    • 瞑想する: 精神を集中するために目を閉じます。
    • 感情を表す: 悲しみ、照れ、考え事をする時などに目を閉じることがあります。
  • 表現: 以下のような表現で「目をつぶる」を言い換えることができます。
    • まぶたを閉じる
    • 視界を遮断する
    • 目を瞑る
    • 目を伏せる
    • 目尻を下げる

例文

  • 強い日差しを避けるために、目をつぶった。
  • 疲れを感じたので、目を閉じてしばらく目をつぶった。
  • 眠りにつく前に、目をつぶった。
  • 瞑想しながら、心を落ち着かせた。
  • 悲しみに暮れて、目をつぶった。

類義語

  • まぶたを閉じる
  • 視界を遮断する
  • 目を瞑る
  • 目を伏せる
  • 目尻を下げる

「目をつぶる」は、日常会話で頻繁に使われる基本的な動詞です。様々な状況で適切な表現として使うことができるので、ぜひ覚えておきたいですね。

その他

  • 「目をつぶる」の対義語としては、「目を開ける」という言葉があります。こちらは、「まぶたを開けて視界を確保する」という意味です。
  • 英語では、"close one's eyes" や "shut one's eyes" などの表現が「目をつぶる」に相当します。

まとめ

「目をつぶる」は、まぶたを閉じて視界を遮断することを意味する動詞です。様々な状況で適切な表現として使うことができるので、日本語学習者にとっても覚えやすい表現です。ぜひ日常生活の中で積極的に使ってみてください。

参考URL:
「目をつむる」と「つぶる」はどちらが正解? 適切な使い方を例文で紹介 | Oggi.jp

「目先が利く」とは、先を見越して、状況をうまく処理すること

「目先が利く」とは、先を見越して、状況をうまく処理すること。

読み方: めさきがきく

意味:

  1. 先を見越して、状況をうまく処理する。
  2. 機転が利いて、その場その場をうまく切り抜ける。

語源:

  • 「目先」は、目の前のことという意味です。
  • 「利く」は、役に立つという意味です。

類義語:

  • 先見の明がある
  • 機転が利く
  • 要領が良い
  • 世渡りが上手い

例文:

  • あの人は目先が利くので、いつも困っている人を助けている。
  • 目先が利かないので、いつも失敗してしまう。
  • 目先のことばかり考えていて、将来のことを考えていない。

使い方:

  • 「目先が利く」は、状況をうまく処理したり、その場その場をうまく切り抜ける人のことを褒める時に使うことが多いです。
  • 一方で、目先の利益ばかりを追いかける人のことを批判する時に使うこともあります。

その他:

  • 「目先が利く」は、日本語の慣用句です。
  • 英語では、「be quick-witted」や「be good at thinking on your feet」などの表現が近い意味になります。

関連情報:

  • 目先が利く - goo辞書: [無効な URL を削除しました]
  • 目先が利く - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「目先が利く」は、状況判断能力や機転の利きなど、様々な要素が求められる能力です。
  • この能力を身につけるためには、日頃から様々なことに興味を持ち、情報を収集することが大切です。
  • また、状況を冷静に判断し、柔軟な思考で対応する訓練も必要です。

関連表現:

  • 先を見越す
  • 機転を利かせる
  • 要領を得る
  • 世渡り上手

参考URL:
目先が利く(めさきがきく)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「目鼻が付く」は、物事がほぼできあがるという意味

「目鼻が付く」は、物事がほぼできあがるという意味があります。

  1. 顔立ちが整っている

「目」と「鼻」は、顔の中でも特に重要なパーツです。

この二つのパーツが整っているということは、顔全体が整っていて、美しい顔立ちをしているという意味になります。

例文

  • あの子は目鼻が付いていて、美人だね。
  • この彫刻は目鼻が付いていて、まるで生きているようだ。
  1. 物事がほぼできあがる

「目」と「鼻」は、顔の中で最も目立つパーツです。

この二つのパーツができあがれば、顔全体の輪郭がはっきりとして、顔らしくなるという意味になります。

転じて、物事の全体像がほぼ出来上がり、完成に近づいたことを表すようになりました。

例文

  • 計画はまだ目鼻が付いていない。
  • 論文の目鼻は付いたけれど、まだ書き上げないといけない。
  • 交渉はまだ目鼻が付いていないが、来週には決着するだろう。

どちらの意味で使われているかは、文脈によって判断する必要があります。

「顔」や「人物」に関する文脈であれば、1の意味である可能性が高いです。

「計画」や「仕事」など、顔に関係ない文脈であれば、2の意味である可能性が高いです。

なお、「目鼻が付く」は、「目鼻がつく」とも表記されます。

意味や用法は同じですが、「目鼻が付く」の方が一般的です。

以下は、「目鼻が付く」の類義語です。

  • 顔立ちが整っている:美人、美男子、整った顔立ち
  • 物事がほぼできあがる:形になる、具体化する、ほぼ完成する

以上、「目鼻が付く」の意味と使い方でした。

参考URL:
目鼻が付く(めはながつく)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「目をむく」は、怒りや驚きなどで、目を大きく開く様子を表す慣用句

「目をむく」は、怒りや驚きなどで、目を大きく開く様子を表す慣用句です。

  1. 怒り
  • 例文1のように、「無駄遣いをしてお母さんが目をむく」のように、子供が無駄遣いをしたり、何か悪いことをしたりしたときに、親が怒って目をむく様子を表します。
  • 「目をむくほど怒る」のように、非常に強い怒りを表すこともできます。
  1. 驚き
  • 例文2のように、「夫のギャンブル癖に目をむく」のように、思いがけないことや、信じられないようなことを聞いたときに、驚いて目をむく様子を表します。
  • 「目をむくような大金」のように、非常に大きな金額や数を表すこともできます。
  1. その他
  • 「目を白黒させる」のように、驚きや恐怖で目を大きく開く様子を表すこともあります。
  • 「目を白黒つけてもらう」のように、相手を説得したり、納得させたりするという意味で使われることもあります。

「目をむく」は、「怒り」と「驚き」の両方の意味を持つ表現なので、状況に応じて適切な意味を理解する必要があります。

補足

  • 「目をむく」は、「目を見開く」や「目を丸くする」などの類義語があります。
  • 「目をむく」は、視覚的な表現なので、文章の中で効果的に使うと、読者に状況をより鮮明にイメージさせることができます。

例文

  • 子供がいたずらをして、母親が目をむいた。
  • 宝くじに当たって、思わず目をむいた。
  • 政治家のスキャンダルに、国民は目をむいた。
  • 彼は目をむいて怒鳴った。
  • 私は目をむいて驚いた。

参考URL:
目を剝く(めをむく)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書