」カテゴリーアーカイブ

「昔取った杵柄」とは、かつて身につけた技能や知識が、年月を経ても衰えていないことを表すことわざ

「昔取った杵柄」とは、かつて身につけた技能や知識が、年月を経ても衰えていないことを表すことわざです。

読み方: むかしとったきねづか

意味:

  • 昔、杵を使って餅をついた経験がある人であれば、たとえ長年離れていても、いざ餅をつくとなれば、すぐに体が覚えていて上手にできるという例え。
  • 年月を経ても、一度身につけた技能や知識は容易に忘れるものではなく、いざという時に役立つというたとえ。

類義語:

  • 老驥櫪死猶能嘶
  • 習うより慣れろ
  • 忘れられない
  • 忘れにくい
  • 体で覚えている
  • 経験は力
  • 職人芸
  • 芸は身を助く

対義語:

  • 鈍る
  • 忘却
  • 老化
  • 衰退
  • 無能

例文:

  • 老職人は、昔取った杵柄で、難しい作業も難なくこなした。
  • 長年料理から離れていた主婦だったが、昔取った杵柄で、すぐに腕前が戻った。
  • 彼は、学生時代に習得した語学力を、海外での仕事で活かしている。

補足:

「昔取った杵柄」は、年齢を重ねても、かつての経験や知識が役に立つことを示す、ポジティブな意味を持つことわざです。

参考URL:
【昔取った杵柄】ってどういう意味?|知っておきたいことわざ | Domani

「胸が焼ける」とは、みぞおちや胸の辺りが、熱く焼けるような痛みや違和感を感じる症状

「胸が焼ける」とは、みぞおちや胸の辺りが、熱く焼けるような痛みや違和感を感じる症状。

意味:

  • みぞおちや胸の辺りが、熱く焼けるような痛みや違和感を感じる症状。
  • 医学的には「胸焼け」と呼ばれる。

原因:

  • 胃酸が食道に逆流することによって起こる。
  • 食生活の乱れ、肥満、加齢などが原因として挙げられる。
  • 逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアなどの病気によって起こることもある。

症状:

  • みぞおちや胸の辺りが、熱く焼けるような痛みや違和感
  • 呑酸(げっぷ)
  • 喉の痛み

治療:

  • 生活習慣の改善
  • 薬物療法
  • 手術療法

生活習慣の改善:

  • 食べ過ぎや飲み過ぎを避ける
  • 高脂肪・高タンパク質の食事を控える
  • 食後にすぐに横にならない
  • 腹圧を上げない
  • 適度な運動をする

薬物療法:

  • 胃酸の分泌を抑える薬
  • 食道の蠕動運動を促進する薬
  • 胃酸の逆流を抑制する薬

手術療法:

  • 薬物療法で症状が改善しない場合
  • 逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアなどの病気が原因の場合

予防:

  • 食生活の改善
  • 適度な運動
  • 肥満の解消

参考:

  • 胸焼け - コトバンク: [無効な URL を削除しました]
  • 逆流性食道炎 - 日本消化器病学会: [無効な URL を削除しました]

注意:

  • 胸焼けが頻繁に起こる場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

その他:

  • 英語では "heartburn" と呼ばれます。

参考URL:
胸やけの症状・原因・治療について|新横浜国際クリニック|横浜市・港北区

「虫の息」とは、弱り果てて、今にも死にそうなかすかな息づかいのこと

「虫の息」とは、弱り果てて、今にも死にそうなかすかな息づかいのこと。

読み方: むしのいき

意味:

  • 弱り果てて、今にも死にそうなかすかな息づかい。
  • 非常に衰弱している状態。

語源:

  • 虫のように小さな生き物のする呼吸は、きっと非常にかすかなものであろうと想像したことから。

例文:

  • 病床の母は、虫の息で名前を呼んでいた。
  • 長時間の手術を終えた彼は、虫の息で病室に戻ってきた。
  • 事故で重傷を負った彼は、虫の息で病院に運ばれた。

類義語:

  • 息も絶え絶え
  • 瀕死
  • 危篤
  • 弱々しい
  • か細い

対義語:

  • 元気
  • 健康
  • 活発
  • 勢いがある
  • 力強い

注意点:

  • 虫の息は、非常に深刻な状態を表す表現。
  • 軽々しく使うべきではない。

補足:

  • 虫の息は、主に人の状態を表す表現。

参考資料:

参考URL:
虫の息(むしのいき)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「胸をときめかせる」とは、期待や喜びなどの感情で胸がどきどきするという意味

「胸をときめかせる」とは、期待や喜びなどの感情で胸がどきどきするという意味で使われます。

  1. 期待や喜びなどの感情で胸がどきどきする
  • 恋愛感情や夢への憧れなど、ポジティブな感情によって胸がときめく様子を表します。
  • 何か良いことが起こりそうという期待感や、喜びに満ちた気持ちなどを表現する際に用いられます。

例文:

  • 推しのアイドルのライブに行くことが決まって、胸がときめいた。
  • 長年の夢だった海外旅行が実現して、胸がときめいた。
  • 子供の成長を目の当たりにして、胸がときめいた。
  1. 不安や恐怖などの感情で胸がどきどきする
  • 緊張やプレッシャーなど、ネガティブな感情によって胸がときめく様子を表します。
  • 何か悪いことが起こるのではないかという不安感や、恐怖に駆られた気持ちなどを表現する際に用いられます。

例文:

  • 初めての面接で、胸がときめいた。
  • 発表会の前に、胸がときめいてきた。
  • 怖い映画を見て、胸がときめいた。

その他

  • 「胸をときめかせる」は、主に女性の心情を表す言葉として使われますが、男性にも用いることができます。
  • 胸のドキドキという生理的な反応だけでなく、心の高揚やときめきといった感情を表現する言葉です。

類義語:

  • 胸が躍る
  • 胸が弾む
  • 胸が熱くなる
  • 胸がいっぱいになる
  • 胸が震える

対義語:

  • 胸が冷める
  • 胸が締め付けられる
  • 胸が苦しい
  • 胸が痛い
  • 胸が重い

参考URL:

「胸をときめかせる」の意味と使い方

「胸をときめかせる」は、主に以下の2つの意味で使われます。

  1. 期待や喜びなどの感情で胸がどきどきする
  • 恋愛感情や夢への憧れなど、ポジティブな感情によって胸がときめく様子を表します。
  • 何か良いことが起こりそうという期待感や、喜びに満ちた気持ちなどを表現する際に用いられます。

例文:

  • 推しのアイドルのライブに行くことが決まって、胸がときめいた。
  • 長年の夢だった海外旅行が実現して、胸がときめいた。
  • 子供の成長を目の当たりにして、胸がときめいた。
  1. 不安や恐怖などの感情で胸がどきどきする
  • 緊張やプレッシャーなど、ネガティブな感情によって胸がときめく様子を表します。
  • 何か悪いことが起こるのではないかという不安感や、恐怖に駆られた気持ちなどを表現する際に用いられます。

例文:

  • 初めての面接で、胸がときめいた。
  • 発表会の前に、胸がときめいてきた。
  • 怖い映画を見て、胸がときめいた。

その他

  • 「胸をときめかせる」は、主に女性の心情を表す言葉として使われますが、男性にも用いることができます。
  • 胸のドキドキという生理的な反応だけでなく、心の高揚やときめきといった感情を表現する言葉です。

類義語:

  • 胸が躍る
  • 胸が弾む
  • 胸が熱くなる
  • 胸がいっぱいになる
  • 胸が震える

対義語:

  • 胸が冷める
  • 胸が締め付けられる
  • 胸が苦しい
  • 胸が痛い
  • 胸が重い

何か他にご不明な点があれば、お気軽にご質問ください。

「胸が一杯になる」とは、喜び、悲しみ、感動など強い感情で心が満たされること

「胸が一杯になる」とは、喜び、悲しみ、感動など強い感情で心が満たされること。

意味

喜び、悲しみ、感動など強い感情で心が満たされること。

解説

「胸」は、心臓や肺などが入っている体の部位。「一杯」は、いっぱいになること。つまり、「胸」が「一杯」になるほど、強い感情で心が満たされているという意味になります。

例文

  • 子供の成長を見守っていると、胸が一杯になる。
  • 久しぶりに家族と会ったら、胸が一杯になった。
  • 美しい景色を見て、胸が一杯になった。

類義語

  • 感動する
  • 感激する
  • 嬉しい
  • 悲しい
  • 胸がいっぱいになる

対義語

  • 無感情
  • 冷静
  • 平静
  • 無感動
  • 無心

参考URL:
胸が一杯になる(むねがいっぱいになる)とは? 意味や使い方 - コトバンク

その他

「胸が一杯になる」は、様々な感情を表現する際に使用できる表現です。

例文

  • 彼が結婚すると聞いて、胸が一杯になった。
  • 彼女の夢が叶ったと聞いて、胸が一杯になった。
  • 長年連れ添ったペットが亡くなり、胸が一杯になった。

補足

「胸が一杯になる」は、言葉では言い表せないような複雑な感情を表す際に、よく使われます。

例文

  • あの日の出来事は、今でも思い出すと胸が一杯になる。
  • 彼との思い出は、私の宝物であり、胸が一杯になる。
  • この景色は、私の心を癒してくれる場所であり、胸が一杯になる。

「無理もない」とは、ある状況や行動が当然であること、もっともであることを意味する表現

「無理もない」とは、ある状況や行動が当然であること、もっともであることを意味する表現です。「もっともだ」「当然だ」と同意を表す言葉として使われます。

語源

「無理もない」は、江戸時代頃に生まれた表現とされています。「無理」という言葉と「ない」という言葉が組み合わさってできた言葉です。

「無理」という言葉には、「道理に合わないこと」「実現するのが難しいこと」という意味があります。一方、「ない」という言葉には、「存在しないこと」「できないこと」という意味があります。

「無理もない」という言葉は、これらの意味を組み合わせて、「道理に合わないことや実現するのが難しいことがない」という意味を表していると考えられます。つまり、ある状況や行動が当然であること、もっともであることという意味になるのです。

使い方

「無理もない」は、ある状況や行動に対して共感や理解を示す際に使われます。以下のような例文があります。

  • 例文
    • 長時間働いていれば、疲れて当然だ。無理もない。
    • 試験勉強を怠っていたら、点数が悪くて当然だ。無理もない。
    • 経済状況が悪ければ、節約するのは当然だ。無理もない。

類義語

  • もっともだ
  • 当然だ
  • 当然のことだ
  • 当然といえば当然だ
  • 無理からぬことだ
  • 不思議ではない
  • 当然の成り行きだ

英語表現

  • It's no wonder.
  • It's only natural.
  • It's understandable.
  • It's to be expected.
  • It's no surprise.

まとめ

「無理もない」は、ある状況や行動に対して共感や理解を示す際に使える便利な表現です。目上の人に対して使うこともできます。

以下は、「無理もない」を使った例文です。

例文1

連日の残業で疲れが溜まっているのは、無理もない。

例文2

十分な勉強をしていないのに、テストで高得点を取るのは無理もない。

例文3

物価が高騰している昨今、節約するのは無理もない。

参考URL:
無理もない(むりもない)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「無我夢中」とは、あることに心を奪われて、我を忘れてしまうこと

「無我夢中」とは、あることに心を奪われて、我を忘れてしまうこと。つまり、目の前のことに集中しすぎて、周りの状況や自分自身のことさえも忘れてしまうような状態を表します。

語源:

「無我」は、仏教用語で、「我」つまり自己への執着から解放された状態を表します。「夢中」は、「夢の中にいるように」という意味で、物事に熱中して周りのことを忘れてしまう様子を表します。

使い方:

「無我夢中」は、主に人が何かに熱中している様子を表現する際に用いられます。以下は、例文と解説です。

例文:

  • 子供たちは、無我夢中で遊んでいた。
  • 彼は、仕事に無我夢中だった。
  • 彼女は、恋愛に無我夢中だった。

これらの例文では、子供たちは遊びに、彼は仕事に、彼女は恋愛にそれぞれ熱中しており、周りの状況や自分自身のことさえも忘れてしまうような状態であることが、「無我夢中」という表現で示されています。

類義語:

  • 一心不乱
  • 熱中
  • 没頭
  • 夢中
  • 我を忘れる

対義語:

  • 冷静
  • 傍観者
  • 無関心
  • 無気力
  • 醒めている

まとめ

「無我夢中」は、人が何かに熱中している様子を表現する力強い言葉です。目標に向かって努力している人や、自分自身を表現している人に対して、賞賛の言葉として使うのも良いでしょう。

参考URL:
無我夢中(むがむちゅう)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「胸に一物」とは、心中に秘めたたくらみや、わだかまりがあること

「胸に一物」とは、心中に秘めたたくらみや、わだかまりがあること。

読み方: むねにいちもつ

意味:

  1. 心中に秘めたたくらみや、わだかまりがあること。
  2. 金銭のこと。
  3. 男根のこと。

語源:

  • 中国の故事「晋書」から。

使い方:

  • 心に何かを秘めている様子を表現したい時に使う。
  • 何か企みを持っている様子を表現したい時に使う。
  • 金銭を所有している様子を表現したい時に使う。

例文:

  • 彼は、いつも胸に一物抱いて、何を考えているのか分からない。
  • 彼女は、胸に一物ありそうに、意味深な笑みを浮かべていた。
  • 彼は、ギャンブルで胸に一物を得ようと企んでいた。

類義語:

  • 腹に一物
  • 秘めたる思い
  • 企み
  • 野心
  • 金銭

対義語:

  • 純粋
  • 無垢
  • 正直
  • 坦々
  • 無心

参考:

  • 胸に一物 - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「胸に一物」は、状況によって様々な意味を持つ表現です。
  • 文脈をよく理解して、適切な意味で使うようにしましょう。

その他:

  • 英語では、状況に応じて "have something on one's mind"、"have ulterior motives"、"have money" などの表現があります。

参考URL:
胸に一物(むねにいちもつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「虫の居所が悪い」とは、機嫌が悪くちょっとしたことにも腹を立てやすい状態であること

「虫の居所が悪い」とは、機嫌が悪くちょっとしたことにも腹を立てやすい状態であること。

意味

  • 機嫌が悪く、ちょっとしたことにも腹を立てやすい状態であること。
  • イライラしている、または不機嫌であること。

語源

  • 昔は、体内に3種類の「虫」がいて、人の感情や体調を左右すると考えられていた。
  • これらの「虫」が定位置にいないと、機嫌が悪くなると信じられていた。

例文

  • 寝不足で虫の居所が悪く、些細なことでイライラしてしまう。
  • 最近仕事が忙しくて、虫の居所が悪くなりがちだ。

類義語

  • 機嫌が悪い
  • 不機嫌
  • イライラする
  • 怒りっぽい
  • 癇癪持ち

対義語

  • 機嫌が良い
  • 爽快
  • 穏やか
  • 落ち着いている
  • 平和

注意点

  • 「虫の居所が悪い」は、自分の感情状態を表現する言葉であり、他人に使う場合は注意が必要です。
  • 相手を責めるような言い方にならないように気をつけましょう。

補足

  • 「虫の居所が悪い」は、一時的な感情状態であることが多いため、あまり深刻に考える必要はありません。
  • 十分な睡眠や休息を取ることで、改善することが期待できます。

その他

  • 「虫の居所が悪い」は、日本語独特の表現です。
  • 英語では、「I'm in a bad mood」や「I'm irritable」などの表現が近い意味になります。

参考URL:
虫の居所が悪い(むしのいどころがわるい)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「胸をなで下ろす」とは、心配や不安が解消されて、ほっと安心する様子を表す慣用句

「胸をなで下ろす」とは、心配や不安が解消されて、ほっと安心する様子を表す慣用句です。

動作

「胸をなで下ろす」という動作は、実際に胸を手でなで下ろすという動作を伴うわけではありません。

これは、胸を締め付けられていたような緊張や不安が解きほぐされ、心が軽くなった様子を表現するために用いられる比喩的な表現です。

意味

「胸をなで下ろす」は、主に以下の2つの意味合いで使われます。

  1. 心配事が解決した
  • 長く心配していた問題が解決した時などに、安堵の気持ちを表すために使われます。

例文

  • 試験の結果が心配だったが、合格通知が届いて「胸をなで下ろした」。
  • 迷子になっていた子供が無事に見つかったと聞いて、「胸をなで下ろした」。
  • 大事な試合に勝利して、「胸をなで下ろした」。
  1. 危険を回避した
  • 事故や災害などの危険を回避した時などに、ほっとした気持ちを表すために使われます。

例文

  • 地震が起きたが、自分の家は無事だったので「胸をなで下ろした」。
  • 台風が接近していたが、進路が変わったので「胸をなで下ろした」。
  • 危ない目に遭いかけたが、なんとか逃げおおせたので「胸をなで下ろした」。

その他

  • 「胸をなで下ろす」は、主にポジティブな意味合いで使われます。
  • 安堵やほっとした気持ちを表す表現であり、困難を乗り越えた時や、心配事が解決した時などに用いられます。

類義語

  • 安堵する
  • ほっとする
  • 胸を撫で下ろす
  • 一安心する
  • 肩の荷が下りる

対義語

  • 心配する
  • 不安になる
  • 緊張する
  • 落ち着かない
  • 気がかりだ

参考URL:
「胸を撫で下ろす(むねをなでおろす)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書