」カテゴリーアーカイブ

「見栄を張る」とは、他人によく見られるように、うわべを飾ること

「見栄を張る」とは、他人によく見られるように、うわべを飾ることです。

意味

  • 実際よりも優れた能力や財産を持っているように見せかける。
  • 本当は持っていないものを、持っているかのように装う。
  • 虚勢を張る。

類義語

  • 虚栄心
  • 見栄っ張り
  • 見栄坊
  • 虚勢
  • 虚飾
  • 偽り
  • 見かけ倒し
  • 見栄え
  • 体裁
  • 見栄っ張り

対義語

  • 謙虚
  • 素直
  • 飾らない
  • 自然体
  • 誠実
  • 正直

例文

  • 彼は見栄を張って、高級ブランドの服ばかり着ている。
  • 彼女は彼氏の前で、料理が得意なふりをして見栄を張った。
  • 彼は本当は貧しいのに、お金持ちに見栄を張っている。

補足

「見栄を張る」は、必ずしも悪い意味ではありません。

  • 人前で良い印象を与えたいと思う気持ちは、誰にでもあるものです。
  • ただし、見栄を張りすぎて、無理をしてしまうのは良くありません。

参考URL:
人はなぜ「見栄を張る」? その心理や見栄っ張りな人の特徴を解説 | Domani

「水を向ける」とは、相手が話し出すように誘い出すこと

「水を向ける」とは、相手が話し出すように誘い出すこと。

読み方: みずをむける

意味:

  1. 霊前に水を供える。
  2. 相手が話し出すように誘い出す。
  3. ある方向に注意や関心を向けさせる。

語源:

  • 巫女が生霊や死霊を呼び出すとき、水を差し向けたことから。

使い方:

  • 故人の冥福を祈る様子を表現したい時に使う。
  • 相手を饒舌にさせたい時に使う。
  • 特定の議題に注目を集めたい時に使う。

例文:

  • お盆には、先祖の霊前に水を向けて供養した。
  • 彼は、巧みに話題を変えて、水を向けようとした。
  • 記者たちは、大臣に水を向けて質問を浴びせた。

類義語:

  • 供養する
  • 誘導する
  • 注目させる
  • 関心を集める
  • 話題にする

対義語:

  • 無視する
  • 忘れる
  • 見過ごす
  • 沈黙させる
  • 話題を変え

参考:

  • 水を向ける - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「水を向ける」は、状況によって様々な意味を持つ表現です。
  • 文脈をよく理解して、適切な意味で使うようにしましょう。

その他:

  • 英語では、状況に応じて "offer water"、"draw someone out"、"direct attention" などの表現があります。

参考URL:
水を向ける(みずをむける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「耳に入れる」とは、何かを知らせる、伝えるという意味

「耳に入れる」とは、何かを知らせる、伝えるという意味があります。

  1. 話を聞き、理解する
  • 相手が話していることを注意深く聞き、その内容を理解することを意味します。
  • 単に言葉を聞くだけでなく、その意味を理解しようと努めることが重要です。

例文

  • 先生の話に「耳を傾け」、しっかりと理解しようと努力した。
  • 彼の訴えを「耳に覚え」、適切な対応を取った。
  • 重要な情報は「耳に入れ」、忘れないようにメモを取った。
  1. 何かを知らせる、伝える
  • ある情報を他人に伝え、そのことを知ってもらうことを意味します。
  • 単に情報を伝えるだけでなく、相手に理解してもらうように工夫することが大切です。

例文

  • 重要な情報を社長に「耳に入れる」ために、報告書を作成した。
  • 彼は、友人に自分の考えを「耳に入れ」、理解してもらおうとした。
  • 最新のニュースを「耳に入れ」、常に情報収集を怠らない。

どちらの意味で使われているのか

「耳に入れる」という言葉がどちらの意味で使われているのかは、文脈によって判断する必要があります。

  • 話を聞き、理解するという意味の場合は、「理解する」や「覚える」などの言葉と一緒に使われることが多いです。
  • 何かを知らせる、伝えるという意味の場合は、「伝える」や「知らせる」などの言葉と一緒に使われることが多いです。

その他

  • 「耳に入れる」という言葉は、比較的古い言葉ですが、現在でもよく使われています。
  • フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使える、便利な言葉です。

まとめ

「耳に入れる」という言葉には、大きく2つの意味があります。

  • 話を聞き、理解する
  • 何かを知らせる、伝える

どちらの意味で使われているのかは、文脈によって判断する必要があります。

参考URL:
耳に入れる(みみにいれる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「身を砕く」とは、力の限り骨を折って努力するという意味

「身を砕く」とは、力の限り骨を折って努力するという意味。

読み方:

  • みをくだく

意味:

  1. 力の限り骨を折って努力する。 非常に苦労する。
  2. 特に、一身を顧みないで仏に仕える。

例文:

  1. 例文1: 彼は会社のために身を砕いて働いた。
  2. 例文2: 老僧は、日夜身を砕いて修行に励んだ。

語源:

「身を砕く」は、仏教用語が由来とされています。仏教では、煩悩や執着を捨て、悟りを得るために、自らの体を痛めつけるような厳しい修行を行うことを「身を砕く」と表現しました。

使い方:

「身を砕く」は、以下のような状況で使われます。

  • 誰かのために一生懸命努力している様子を表したいとき
  • 非常に苦労している様子を表したいとき
  • 仏教的な修行をしている様子を表したいとき

注意:

「身を砕く」は、単に努力しているだけでなく、その努力が非常に大変で、犠牲を伴っていることを強調する表現です。

類義語:

  • 身を粉にする
  • 粉骨砕身
  • 鞠躬尽瘁
  • 廃寝食を忘れる
  • 徹夜

対義語:

  • 手抜きをする
  • 怠ける
  • 遊ぶ
  • 楽をする
  • 安逸

参考URL:
身を砕く(みをくだく)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「御輿を上げる(みこしをあげる)」とは、腰を上げるにかけて 物事を始めること

「御輿を上げる(みこしをあげる)」とは、腰を上げるにかけて 物事を始めること。

読み方: みこしをあげる

意味:

  1. 座っていた人が立ち上がる。
  2. 立ち上がって、何事かをする。
  3. 物事を始める。

語源:

  • 祭りの御輿を担ぎ上げる様子から。
  • 「御輿」を「腰」にかけて、腰を上げることを表している。

例文:

  • 御輿を上げて、出発しよう。
  • 彼は、ようやく御輿を上げて、仕事に取りかかった。
  • チームは、連敗のショックから立ち直り、御輿を上げて、次の試合に臨んだ。

類義語:

  • 腰を上げる
  • 立ち上がる
  • 動き出す
  • 取りかかる
  • 着手する

対義語:

  • 座っている
  • 動かない
  • 無気力
  • 怠惰
  • 消極的

注意点:

  • 御輿を上げるは、主に動作や行動を表す表現。
  • 物事の始まりを表す場合にも使われる。

補足:

  • 御輿を上げるは、主に口語で使われる表現。

参考URL:
御輿を上げる(みこしをあげる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「三つ子の魂百まで」は、幼い頃に身につけた性格や気質は、大人になっても変わらないという意味のことわざ

「三つ子の魂百まで」は、幼い頃に身につけた性格や気質は、大人になっても変わらないという意味のことわざです。

意味

このことわざは、幼い頃に形成された性格や気質は、その後の人生においても大きく変化することはないということを表しています。

根拠

このことわざの根拠となる科学的な根拠は完全には解明されていませんが、幼い頃に脳が受ける環境や経験が、その後の性格形成に大きな影響を与えることは、多くの研究によって示唆されています。

注意点

ただし、このことわざは、幼い頃に決まった性格や気質が、一生涯変わらないという意味ではありません。

成長過程において、様々な経験や環境を通じて、性格や気質は変化していくことも十分にあり得ます。

使い方

「三つ子の魂百まで」は、子供の性格や気質について話すときによく使われます。

  • 例えば、幼い頃から活発で好奇心旺盛な子供であれば、「三つ子の魂百までだから、大きくなってもきっと元気な子に育つだろうね」といったように使われます。

類義語

  • 幼馴染みは犬猿の仲
  • 慣れぬ経は涙
  • 青竹を踏む
  • 積善之家必有余慶
  • 性根性

対義語

  • 人は変わる
  • 環境が人を変える
  • 後悔先に立たず
  • 浪費は最大の敵
  • 性悪説

参考URL:
三つ子の魂百まで(ミツゴノタマシイヒャクマデ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「耳を澄ます」は、注意深く聞くという意味の慣用句

「耳を澄ます」は、注意深く聞くという意味の慣用句です。

語源

「耳」は、音を感じる器官です。
「澄ます」は、澄み切らせるという意味の動詞です。

つまり、「耳を澄ます」という言葉は、心を静めて、音に集中するという意味になります。

意味

  • 注意深く聞く
  • 集中して聞く
  • よく聞き取る
  • 耳を傾ける

使い方

  • 静寂の中、彼は鳥のさえずりに耳を澄ました。(Seijaku no naka, kare wa tori no saezuri ni mimi o sumasta.) - 静寂の中、彼は鳥のさえずりに耳を澄ませた。
  • 彼女は、彼の話を真剣に耳を澄まして聞いた。(Kanojo wa, kare no hanashi o shinken ni mimi o suma shite kīta.) - 彼女は、彼の話を真剣に聞いていた。
  • 子供たちは、先生の説明に耳を澄ました。(Kodomotachi wa, sensei no setsumei ni mimi o sumasta.) - 子供たちは、先生の説明に集中して聞いていた。

例文

  • 例文1: 講演者は、聴衆に耳を澄ませてもらおうと、静かに話し始めた。(Kōen sha wa, chōshū ni mimi o sumasete morおう to, shizuka ni hanashi hajimeta.) - 講演者は、聴衆に注意深く聞いてもらおうと、静かに話し始めた。
  • 例文2: 私は、彼の言葉に耳を澄まし、彼の真意を理解しようと努めた。(Watashi wa, kare no kotoba ni mimi o suma shi, kare no shin'i o rikai shiyou to tsumotta.) - 私は、彼の言葉に注意深く耳を傾け、彼の真意を理解しようと努めた。
  • 例文3: 繊細な音楽を聴くときは、心を落ち着かせて耳を澄ますことが大切だ。(Sensai na ongaku o kiku toki wa, kokoro o otoshi て mimi o suma su koto ga taisetsu da.) - 繊細な音楽を聴くときは、心を落ち着かせて注意深く聞くことが大切だ。

類似のことわざ

  • 耳をそばだてる
  • 耳を傾ける
  • 聞き耳を立てる
  • じっと聞く
  • 集中して聞く

英語表現

英語では、「耳を澄ます」に相当する単一の表現はありませんが、状況に応じて以下のような表現を使い分けることができます。

  • 注意深く聞く: listen attentively, pay close attention, listen carefully
  • 集中して聞く: focus on listening, concentrate on what someone is saying, give someone your full attention

その他

「耳を澄ます」という言葉は、五感を研ぎ澄ませ、物事の本質を見極めるという意味合いでも使われることがあります。

深い洞察力や感性を表現する言葉と言えます。

しかし、あまりにも頻繁に使うと、聞き上手という印象を与えてしまう可能性もあるので、状況に合わせて使い分けることが大切です。

参考URL:
耳を澄ます(みみをすます)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「見切り発車」は、準備が十分でないまま物事を始めたり、実行したりすることを意味する慣用句

「見切り発車」は、準備が十分でないまま物事を始めたり、実行したりすることを意味する慣用句です。

  1. 言葉の由来

「見切り発車」は、鉄道やバスなどの車両が、乗客が全員乗り込む前に発車することに由来すると言われています。昔は、まだ乗客が乗り込んでいないのに発車してしまうことがあり、乗客がホームに取り残されるというトラブルも起こっていました。

  1. 比喩的な意味

転じて、「見切り発車」は、準備や計画が不十分なまま、物事を始めたり、実行したりすることを指すようになりました。具体的には、以下のような状況で使われます。

  • 十分な検討をしていないのに、新しい事業を始める
  • 必要な資料を揃えずに、プレゼンテーションを始める
  • 具体的な計画を立てずに、旅行に出かける
  1. 注意点

「見切り発車」は、思わぬ失敗を招く可能性があります。何かを始めたり、実行したりする前に、十分な準備や計画を立てることが大切です。

ただし、「見切り発車」が必ずしも悪いことではありません。状況によっては、思い切って行動することで、良い結果につながる場合もあります。

  1. 類義語

「見切り発車」の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 行き当たりばったり:計画性なく、その場その場で対応していくこと。
  • 段取りを踏まない:手順や順序を無視すること。
  • 無謀:計画性や根拠がなく、危険を顧みないこと。
  • 冒険:危険を伴う行為。
  • 丁半:博打で、表が出るか裏が出るかで勝負を決めること。
  1. 英語表現

「見切り発車」を英語で表現するには、状況に応じて様々なフレーズが使えます。

  • go off half-cocked:準備不足で行動する
  • jump the gun:早すぎる行動をする
  • wing it:行き当たりばったりで対応する
  • improvise:その場で思いつきで対応する
  • take a chance:リスクを冒して行動する
  1. まとめ

「見切り発車」は、準備や計画が不十分なまま物事を始めたり、実行したりすることを意味する慣用句です。状況によっては良い結果につながる場合もありますが、思わぬ失敗を招く可能性もあるので、注意が必要です。

参考URL:
「見切り発車(みきりはっしゃ)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「水と油」とは、互いに混ざり合わないもの、あるいは性質や考え方が全く異なるもの、調和しないもののたとえ

「水と油」とは、互いに混ざり合わないもの、あるいは性質や考え方が全く異なるもの、調和しないもののたとえ。

意味:

  • 互いに混ざり合わないもの、あるいは性質や考え方が全く異なるもの、調和しないもののたとえ。
  • 水は親水性、油は親油性を持つため、分子間力に差があり、混ざりにくい性質を持っていることが由来。

例:

  • 彼と彼女は、性格が水と油で、いつも衝突している。
  • 彼の意見は、私の考えと水と油で、到底理解できない。

類義語:

  • 氷炭相容れず
  • 牛頭馬面
  • 犬猿の仲
  • 猫と鼠
  • 獅子身中の虫

対義語:

  • 相性がいい
  • ぴったり
  • 調和する
  • 一致する
  • 共通点がある

補足:

  • 「水と油」は、物理的な性質だけでなく、人間関係や考え方など、様々な場面で使われる表現です。
  • 近年は、乳化剤などの技術によって、水と油を混ぜ合わせることが可能になっています。

参考URL:
水と油(みずとあぶら)とは? 意味や使い方 - コトバンク

関連表現:

  • 混ざらない
  • 分離する
  • 対立する
  • 反発する
  • 不和

注意:

  • 「水と油」は、相手を否定的に評価する表現として使われる場合もあるので、注意が必要です。

「身の毛がよだつ」とは、恐怖や驚きで、背筋がぞっとするような寒気を感じ、体中の毛が逆立つという意味の慣用句

「身の毛がよだつ」とは、恐怖や驚きで、背筋がぞっとするような寒気を感じ、体中の毛が逆立つという意味の慣用句です。

語源

「身の毛がよだつ」の「身」は、「体全体」を指し、「毛」は、「体毛」を指します。「よだつ」は、「逆立つ」という意味の動詞です。つまり、「身の毛がよだつ」は、「恐怖や驚きで、体全体が逆立っているような状態」を表した言葉です。

使い方

「身の毛がよだつ」は、以下のような状況で使われます。

  • 怖い話を聞いたとき
  • 恐ろしいものを見たとき
  • ぞっとするような体験をしたとき

例文

  • 幽霊の話を聞いて、身の毛がよだった。
  • 映画のホラーシーンを見て、身の毛がよだった。
  • 地震の揺れを感じて、身の毛がよだった。

類義語

「身の毛がよだつ」の類義語としては、「ぞっとする」「鳥肌が立つ」「背筋がぞっとする」「戦慄する」「毛髪を逆立てる」などがあります。

注意

「身の毛がよだつ」は、「非常に強い恐怖や驚き」を表す表現なので、「ちょっとした驚き」という意味で使われるのは誤用です。

まとめ

「身の毛がよだつ」は、「恐怖や驚きで、体中が逆立っているような状態」を表す慣用句です。使う場合は、正しい意味を理解した上で、適切な場面で使うように注意しましょう。

参考URL:
身の毛がよだつ(みのけがよだつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書