」カテゴリーアーカイブ

「血が通う」とは、 生き生きと活動している様子を表す

「血が通う」とは、以下の2つの意味があります。

  1. 生き生きと活動している様子
  • 例文:
    • 新しい企画は、社員の血が通うような活気のあるものだった。
    • 長年放置されていた庭に、再び血が通うようになった。
  1. 人間的な温かさや親しみを感じられる様子
  • 例文:
    • 彼の話には、血が通うような温かさがある。
    • あの店は、店員さん同士の血が通うような雰囲気が良い。

由来

「血が通う」は、体の隅々に血液が行き渡ることで、体が活き活きと動くことから、生命力や活力を表すようになりました。

また、血液は親から子へと受け継がれるものであることから、人間的な温かさや親しみを表すようにもなりました。

類義語

  • 活気
  • 生気
  • 温もり
  • 親しみ
  • 人情

対義語

  • 冷淡
  • 無機質
  • 事務的

用例

「血が通う」は、以下のような場面で使われます。

  • 仕事や活動が活発な様子を形容したいとき
  • 人間的な温かさや親しみを感じられる様子を形容したいとき

例文

  • 新しいリーダーの下、チームに再び血が通うようになった。
  • 彼女の文章には、血が通うような温かさがある。
  • この町の人々は、血が通うような親しみを感じさせてくれる。

補足

「血が通う」は、「血が巡る」と書くこともあります。

また、英語では "warm" や "heartfelt" などの表現が近い意味になります。

参考資料

参考URL:血が通う(ちがかよう)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「朝令暮改」とは、命令や方針などが頻繁に変わるため、人々が混乱すること

「朝令暮改」とは、命令や方針などが頻繁に変わるため、人々が混乱すること。

意味:

  • 朝に出した命令を夜には改めること。
  • 命令や方針などが頻繁に変わるため、人々が混乱すること。
  • 政治や組織運営におけるリーダーの無能さや優柔不断さを表す言葉。

由来:

  • 中国の晋代の史書「漢書」五行志から。
  • 王莽が皇帝に即位した際、頻繁に政策を変更したため、民衆が混乱した様子が記されています。

使い方:

  • 政府や企業などの組織が方針を頻繁に変更する場合に使う。
  • リーダーが優柔不断で、決断力が無いことを批判する場合に使う。

例文:

  • 政府の政策は朝令暮改で、国民は困惑している。
  • 社長の考えは朝令暮改で、社員は振り回されている。
  • 彼の上司は朝令暮改で、仕事がやりづらい。

類義語:

  • fickleness
  • 朝改暮変
  • 朝出暮改
  • 朝令夕改
  • 朝三暮四

対義語:

  • 一貫性
  • 継続性
  • 安定性
  • 確実性
  • 信頼性

参考URL:
「叩けよ、さらば開かれん」とは、積極的に努力すれば、必ず道が開けること

補足:

  • 「朝令暮改」は、古代中国から使われてきた言葉であり、現代でも政治や組織運営における問題点として指摘されることがあります。
  • リーダーは、慎重な検討に基づいて方針を決定し、頻繁に変更しないことが重要です。

例文:

  • 政府は、国民の混乱を招かないよう、朝令暮改を避けなければならない。
  • 企業は、競争力を維持するためには、一貫性のある経営方針を打ち出す必要がある。
  • リーダーは、部下の信頼を得るためには、朝令暮改を慎むべきである。

注意:

  • 「朝令暮改」は、必ずしも悪い意味で使われるわけではありません。
  • 状況に合わせて柔軟に対応することも重要です。

例文:

  • 市場環境の変化に対応するためには、朝令暮改も必要となる場合がある。
  • 顧客のニーズを満たすためには、柔軟に方針を変更することも大切である。
  • リーダーは、状況に応じて判断し、必要であれば朝令暮改を行うことも必要である。

血の気が失せる」とは、顔色が青白くなり、血の気がないように見える様子を表す慣用句

「血の気が失せる」とは、顔色が青白くなり、血の気がないように見える様子を表す慣用句です。

原因

  • 恐怖
  • 驚き
  • ショック
  • 緊張
  • 失血
  • 貧血

症状

  • 顔面蒼白
  • 唇が白くなる
  • 手足が冷える
  • 震え
  • めまい
  • 失神

比喩的な表現

「血の気が失せる」は、強い恐怖や驚きを感じたとき にも使われます。

例文

  • 事故現場を見て、血の気が失せる。
  • 突然の告白に、血の気が失せる。
  • 高所恐怖症のため、高いところに登ると血の気が失せる。

類義語

  • 顔面蒼白
  • 青ざめる
  • 真っ青になる
  • 顔色が変わる
  • 顔色が抜ける
  • 顔色が土気色になる
  • 顔色が死人のよう
  • 唇が白くなる
  • 手足が冷える
  • 震え
  • めまい
  • 失神

対義語

  • 顔を赤らめる
  • 顔が紅潮する
  • 顔がほてる
  • 顔が熱くなる

補足

「血の気が失せる」は、身体的な症状だけでなく、精神的な状態 も表す表現です。

強い恐怖や驚きを感じたときに、体が本能的に防御反応を起こし、血圧や心拍数が低下することで、顔色が青白くなるなどの症状が現れます。

参考URL:
血の気が引く(ちのけがひく)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

商品やサービスを購入する際、希望や条件を伝えること

「注文を付ける」とは、商品やサービスを購入する際、希望や条件を伝えることを表す慣用句です。

意味

  1. 商品やサービスを購入する際、希望や条件を伝えること。
  2. 人の行動や言動に対して、文句や意見を言うこと。
  3. 物事に対して、より良い状態を求めること。

例文

    1. 意味
      • 服を注文する際、袖丈を短くするよう注文を付けた。
      • ホテルの予約時に、禁煙ルームであることを注文を付けた。
    1. 意味
      • 彼はいつも人の仕事のやり方に注文を付ける。
      • 親は子供たちの行動に注文を付ける。
    1. 意味
      • 仕事に対して、より高い成果を求めて注文を付ける。
      • 自分自身に対して、より高い目標を掲げて注文を付ける。

類義語

  • 希望を出す
  • 条件を付ける
  • 文句を言う
  • 意見を言う
  • 指摘する
  • 要求する

対義語

  • 従う
  • 受け入れる
  • 文句を言わない
  • 黙認する

使い方

「注文を付ける」は、様々な場面で使用できます。

  • 商品やサービスを購入する際に、希望や条件を伝える場合は、「注文を付ける」がよく使われます。
  • 人の行動や言動に対して、文句や意見を言う場合は、「注文を付ける」は少し強めの表現になります。
  • 物事に対して、より良い状態を求める場合は、「注文を付ける」はポジティブな意味で使われます。

注意点

「注文を付ける」は、相手を批判したり、否定したりするニュアンスを含む場合があります。使う際には、相手との関係性や状況に配慮する必要があります。

参考URL:
注文を付ける(ちゅうもんをつける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

その他

「注文を付ける」は、日本語でよく使われる言葉ですが、英語で一言で表現するのは難しいです。状況に応じて、"request", "demand", "complain", "criticize"などの単語を使い分ける必要があります。

「血が騒ぐ」とは、興奮して、じっとしていられない気持ちになること

「血が騒ぐ」とは、興奮して、じっとしていられない気持ちになることです。

意味:

  • 興奮して、じっとしていられない気持ちになる。
  • 何か特別なことに対して、本能的な衝動を感じる。
  • 自分のルーツや血筋に関係する出来事に対して、強い感情を抱く。

例:

  • 彼は、スポーツ観戦で血が騒ぐ。
  • 彼女は、音楽を聴くと血が騒ぐ。
  • 彼は、戦場跡を訪れ、血が騒ぐのを感じた。

類義語:

  • 興奮する
  • 鼓動が高鳴る
  • ゾクゾクする
  • 衝動を感じる
  • 燃える

対義語:

  • 冷静
  • 無関心
  • 鈍感
  • 無感動
  • 抑制

補足:

  • 「血が騒ぐ」は、主にポジティブな意味合いを持つ言葉です。
  • 何か特別なことに対して、強い情熱や意欲を感じる時に使われます。
  • ただし、場合によっては、怒りや恐怖などの負の感情を表す場合もあります。

例文:

  • 彼は、スポーツ観戦で血が騒ぐ。
  • 彼女は、音楽を聴くと血が騒ぐ。
  • 彼は、戦場跡を訪れ、血が騒ぐのを感じた。

「血が騒ぐ」と「興奮する」の違い

「血が騒ぐ」と「興奮する」は、どちらも気持ちが昂ぶることを表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 本能的な衝動を感じる。
  • 興奮する: 気持ちが大きく高ぶる。

例えば、本能的な衝動を感じる場合は「血が騒ぐ」、気持ちが大きく高ぶる場合は「興奮する」という表現が適切です。

「血が騒ぐ」と「鼓動が高鳴る」の違い

「血が騒ぐ」と「鼓動が高鳴る」は、どちらも身体的な変化を伴う興奮を表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 全身が熱くなるような感覚。
  • 鼓動が高鳴る: 心臓の拍動が速くなる感覚。

例えば、全身が熱くなるような感覚の場合は「血が騒ぐ」、心臓の拍動が速くなる感覚の場合は「鼓動が高鳴る」という表現が適切です。

「血が騒ぐ」と「ゾクゾクする」の違い

「血が騒ぐ」と「ゾクゾクする」は、どちらも背筋がぞっとするような感覚を表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 興奮や期待などのポジティブな感覚。
  • ゾクゾクする: 恐怖や不安などのネガティブな感覚。

例えば、興奮や期待などのポジティブな感覚の場合は「血が騒ぐ」、恐怖や不安などのネガティブな感覚の場合は「ゾクゾクする」という表現が適切です。

「血が騒ぐ」と「衝動を感じる」の違い

「血が騒ぐ」と「衝動を感じる」は、どちらも何かをしたいという強い欲求を表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 本能的な欲求。
  • 衝動を感じる: 理性的な判断を超えた欲求。

例えば、本能的な欲求の場合は「血が騒ぐ」、理性的な判断を超えた欲求の場合は「衝動を感じる」という表現が適切です。

意味:

  • 興奮して、じっとしていられない気持ちになる。
  • 何か特別なことに対して、本能的な衝動を感じる。
  • 自分のルーツや血筋に関係する出来事に対して、強い感情を抱く。

例:

  • 彼は、スポーツ観戦で血が騒ぐ。
  • 彼女は、音楽を聴くと血が騒ぐ。
  • 彼は、戦場跡を訪れ、血が騒ぐのを感じた。

類義語:

  • 興奮する
  • 鼓動が高鳴る
  • ゾクゾクする
  • 衝動を感じる
  • 燃える

対義語:

  • 冷静
  • 無関心
  • 鈍感
  • 無感動
  • 抑制

補足:

  • 「血が騒ぐ」は、主にポジティブな意味合いを持つ言葉です。
  • 何か特別なことに対して、強い情熱や意欲を感じる時に使われます。
  • ただし、場合によっては、怒りや恐怖などの負の感情を表す場合もあります。

例文:

  • 彼は、スポーツ観戦で血が騒ぐ。
  • 彼女は、音楽を聴くと血が騒ぐ。
  • 彼は、戦場跡を訪れ、血が騒ぐのを感じた。

「血が騒ぐ」と「興奮する」の違い

「血が騒ぐ」と「興奮する」は、どちらも気持ちが昂ぶることを表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 本能的な衝動を感じる。
  • 興奮する: 気持ちが大きく高ぶる。

例えば、本能的な衝動を感じる場合は「血が騒ぐ」、気持ちが大きく高ぶる場合は「興奮する」という表現が適切です。

「血が騒ぐ」と「鼓動が高鳴る」の違い

「血が騒ぐ」と「鼓動が高鳴る」は、どちらも身体的な変化を伴う興奮を表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 全身が熱くなるような感覚。
  • 鼓動が高鳴る: 心臓の拍動が速くなる感覚。

例えば、全身が熱くなるような感覚の場合は「血が騒ぐ」、心臓の拍動が速くなる感覚の場合は「鼓動が高鳴る」という表現が適切です。

「血が騒ぐ」と「ゾクゾクする」の違い

「血が騒ぐ」と「ゾクゾクする」は、どちらも背筋がぞっとするような感覚を表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 興奮や期待などのポジティブな感覚。
  • ゾクゾクする: 恐怖や不安などのネガティブな感覚。

例えば、興奮や期待などのポジティブな感覚の場合は「血が騒ぐ」、恐怖や不安などのネガティブな感覚の場合は「ゾクゾクする」という表現が適切です。

「血が騒ぐ」と「衝動を感じる」の違い

「血が騒ぐ」と「衝動を感じる」は、どちらも何かをしたいという強い欲求を表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 血が騒ぐ: 本能的な欲求。
  • 衝動を感じる: 理性的な判断を超えた欲求。

例えば、本能的な欲求の場合は「血が騒ぐ」、理性的な判断を超えた欲求の場合は「衝動を感じる」という表現が適切です。

参考URL:
血が騒ぐ(ちがさわぐ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「直情径行」とは、感情をそのまま表に出し、自分の思い通りに行動すること

「直情径行」とは、感情をそのまま表に出し、自分の思い通りに行動すること。

読み方: ちょくじょうけいこう

意味:

  • 感情をそのまま表に出し、自分の思い通りに行動すること。
  • 理屈や周囲の意見を考えずに、自分の感情に任せて行動すること。

使い方:

  • 感情を抑制せずに行動する人の性格や行動を形容する際に使う。
  • 理屈よりも感情を重視する考え方を批判する際に使う。
  • 周囲の意見を無視して行動する人の行動を批判する際に使う。

例文:

  • 彼のような直情径行の人間は、周囲を困らせることが多い。
  • 大事な場面では、直情径行よりも冷静な判断が求められる。
  • 彼女は、いつも直情径行で、後で後悔することが多い。

類義語:

  • 衝動的
  • 感情的
  • 無謀
  • 独断専行
  • 我儘

対義語:

  • 理性
  • 慎重
  • 思慮深い
  • 冷静
  • 計画的

参考:

補足:

  • 「直情径行」は、必ずしも悪い意味ではなく、自分の信念に従って行動するという意味合いもあります。
  • ただし、状況によっては周囲を困らせたり、トラブルを招いたりすることもあるので、注意が必要です。

その他:

  • 英語では "impulsive" や "hot-headed" という表現があります。

参考URL:
直情径行(ちょくじょうけいこう)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「血の気が多い」とは、感情的で、すぐに怒ったり興奮したりする性格を表す

「血の気が多い」とは、感情的で、すぐに怒ったり興奮したりする性格を表す。

意味:

  1. 感情的で、すぐに怒ったり興奮したりする性格を表す。
    • 例:
      • 彼はずっと血の気が多い性格で、ちょっとしたことですぐに怒鳴ってしまう。
      • 彼女は血の気が多いので、恋愛でもよく喧嘩してしまう。
  2. 元気いっぱいで、活発な様子を表す。
    • 例:
      • 子供たちは血の気が多くて、朝から晩まで走り回っている。
      • 若い頃は血の気が多くて、何でも挑戦できた。

語源:

  • 血の巡りが良いことから、活発で元気な様子を表すようになった。

類義語:

  • 短気
  • 癇癪持ち
  • 情熱的
  • 活発
  • エネルギッシュ

対義語:

  • 穏やか
  • 冷静
  • 無気力
  • 怠惰
  • 無関心

注意点:

  • 血の気が多いは、必ずしも悪い意味ではなく、元気いっぱいで行動力のある人に対してポジティブに使うこともある。

補足:

  • 血の気が多いは、様々な場面で使える表現。

参考URL:
「血の気の多い(ちのけのおおい)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「昼夜兼行」とは、目標達成のために、時間をかけて努力することを表す四字熟語

「昼夜兼行」とは、目標達成のために、時間をかけて努力することを表す四字熟語です。

意味:

  • 昼夜を問わず、休まずに努力すること。
  • 目標達成のために、時間をかけて努力すること。

語源:

  • 中国の晋代の史書『晋書』五行志にある「昼夜兼行、千里而至」という故事から。
  • 晋の武帝が呉を攻めた際、羊祜という将軍が昼夜兼行で軍を進め、呉の首都建業を攻略した。

例文:

  • 彼は、夢を実現するために昼夜兼行で努力した。
  • 試験に合格するために、昼夜兼行で勉強した。
  • プロジェクトを成功させるために、チームは昼夜兼行で働いた。

類義語:

  • 寝食を忘れる
  • 励精勤奮
  • 努力
  • 精励
  • 奮闘

対義語:

  • 遊ぶ
  • 休む
  • 怠ける
  • 無精
  • 懈怠

補足:

  • 昼夜兼行は、強い意志と忍耐力が必要とされる。
  • 昼夜兼行は、必ずしも良い結果を生むとは限らない。体調を崩したり、人間関係が悪化したりする可能性もある。

参考URL:
昼夜兼行(ちゅうやけんこう)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「血が上る」とは、怒りで頭がボーッとするなどの意味を持つ慣用句

「血が上る」とは、怒りで頭がボーッとするなどの意味を持つ慣用句です。

  1. 怒りで頭がボーッとする

  2. 興奮して顔が赤くなる

  3. 血圧が上がる

読み方

  • ちがのぼる

語源

  • 怒りや興奮によって、実際に血圧が上がり、頭部に血が上るように感じることから。

類義語

  • 頭に血がのぼる
  • カッとする
  • 頭にくる
  • 逆上する
  • 激高する

対義語

  • 冷静
  • 落ち着く
  • 泰然自若
  • 臨機応変
  • 余裕

例文

  • あの人の態度を見たら、誰でも血が上ると思う。
  • 彼はいつも些細なことで血が上り、すぐ喧嘩になる。
  • 試験のプレッシャーで、血が上って頭が真っ白になった。

注意点

  • 「血が上る」は、ネガティブな感情を表す表現です。
  • 怒りや興奮をコントロールできずに、行動してしまう可能性があります。
  • 使用には注意が必要です。

参考URL:
「血が上る」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「猪突猛進」とは、目標に向かって、周囲の状況やリスクを考えずに突き進むこと

「猪突猛進」とは、目標に向かって、周囲の状況やリスクを考えずに突き進むこと。

読み方: ちょとつもうしん

意味:

  • 目標に向かって、周囲の状況やリスクを考えずに突き進むこと。
  • 勢いだけに行動し、失敗する可能性が高い様子を表す。

語源:

  • 中国の故事から。猪は突進するとき、周囲のものをなぎ倒してしまうことから。

使い方:

  • 考えなしに行動する人や、無謀な計画を立てている人を批判したい時に使う。
  • 慎重さを欠いた行動の危険性を指摘したい時に使う。

例文:

  • 彼は、猪突猛進で周囲の意見を聞かないので、失敗が多い。
  • 会社の経営者は、猪突猛進で無謀な投資を繰り返しているため、倒産の危機に瀕している。

類義語:

  • 暴走
  • 無謀
  • 軽率
  • 短慮
  • 向こう見ず

対義語:

  • 慎重
  • 思慮深
  • 計画的
  • 着実

参考URL:

猪突猛進(ちょとつもうしん)とは? 意味や使い方 - コトバンク
補足:

  • 猪突猛進は、必ずしも悪い意味ではありません。強い意志を持って目標に向かって突き進むことは、成功を収めるために必要な要素でもあります。
  • ただし、状況を判断せずに猪突猛進することは、失敗やトラブルに繋がる可能性が高いので注意が必要です。