」カテゴリーアーカイブ

「敬して遠ざける」は、尊敬の気持ちから、親しく付き合わないことを表す日本語の慣用句

「敬して遠ざける」は、尊敬の気持ちから、親しく付き合わないことを表す日本語の慣用句です。

意味:

  • 相手の存在や能力を高く評価しているが、親しく付き合うと自分の立場や名誉が損なわれる可能性があるため、あえて距離を置く。
  • 相手の尊さを理解し、畏敬の念を持って接する。
  • 距離を置くことで、相手への尊敬の気持ちを保つ。

例:

  • 彼は偉大な人物なので、私は敬して遠ざけている。
  • 彼女は高貴な生まれなので、私たちは敬して遠ざけている。
  • 神聖な場所は、敬して遠ざけるべきである。

類義語:

  • 畏敬
  • 崇拝
  • 遠慮
  • 距離を置く
  • 近寄りがたい

対義語:

  • 親密
  • 友情
  • 愛情
  • 親近感
  • 馴れ馴れしい

補足:

  • 「敬して遠ざける」は、必ずしもネガティブな意味合いを持つ言葉ではありません。相手への深い尊敬の気持ちを表す場合もあります。
  • ただし、場合によっては、相手を遠ざけることで、誤解を生む可能性もありますので、使用には注意が必要です。

例文:

  • 彼は偉大な人物なので、私は敬して遠ざけている。
  • 彼女は高貴な生まれなので、私たちは敬して遠ざけている。
  • 神聖な場所は、敬して遠ざけるべきである。

「敬して遠ざける」と「畏敬」の違い

「敬して遠ざける」と「畏敬」は、どちらも相手への尊敬の気持ちを表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 敬して遠ざける: 親しく付き合わないことで、尊敬の気持ちを保つ。
  • 畏敬: 相手の存在や能力に深い敬意を抱く。

例えば、相手を身近に感じることで尊敬の気持ちが薄れてしまう可能性がある場合、「敬して遠ざける」という表現が適切です。一方、相手の存在や能力に圧倒されて深い敬意を抱く場合は、「畏敬」という表現が適切です。

「敬して遠ざける」と「崇拝」の違い

「敬して遠ざける」と「崇拝」は、どちらも相手への尊敬の気持ちを表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 敬して遠ざける: 親しく付き合わないことで、尊敬の気持ちを保つ。
  • 崇拝: 相手を神のように尊敬し、熱烈に慕う。

例えば、相手を身近に感じることで尊敬の気持ちが薄れてしまう可能性がある場合、「敬して遠ざける」という表現が適切です。一方、相手を神のように尊敬し、熱烈に慕う場合は、「崇拝」という表現が適切です。

参考URL:
敬して遠ざける(けいしてとおざける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「犬猿の仲」とは、 犬と猿のように、互いにいがみ合い、仲が悪いこと

「犬猿の仲」とは、 犬と猿のように、互いにいがみ合い、仲が悪いこと。

意味:

  • 犬と猿のように、互いにいがみ合い、仲が悪いこと。
  • 水と油のように、全く相容れない関係であること。

語源:

  • 十二支の順番を決める際、犬と猿が互いに足を引っ張り合い、仲が悪くなったという故事から。

例文:

  • 彼ら二人は、犬猿の仲で、いつも口論している。
  • あの会社とこの会社は、犬猿の仲で、いつも対立している。
  • 彼は、昔から兄とは犬猿の仲だった。

類義語:

  • 水と油
  • 天敵
  • 仇敵
  • 不倶戴天の敵
  • 相容れない

対義語:

  • 親友
  • 良好な関係
  • 蜜月関係
  • 盟友
  • 親密な関係

注意点:

  • 犬猿の仲は、非常に仲が悪いことを強調する表現。

補足:

  • 犬猿の仲は、人間関係だけでなく、動物や物などにも使うことができる。

参考URL:
犬猿の仲(けんえんのなか)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「心を込める」とは、真摯な気持ちで、誠意を持って取り組むことを意味する日本語の慣用句

「心を込める」とは、真摯な気持ちで、誠意を持って取り組むことを意味する日本語の慣用句です。

語源

「心を込める」という言葉は、平安時代から使われている言葉です。

「心」は、人の思考や感情を表す言葉であり、「込める」は、力を入れて行うという意味です。

つまり、「心を込める」という言葉は、「思いを込めて行う」という意味になります。

意味

「心を込める」という言葉には、以下のような意味合いがあります。

  • 真摯な気持ちで、真剣に取り組む
  • 誠意を持って、丁寧に行う
  • 相手のことを思いやり、最善を尽くす

使い方

「心を込める」という言葉は、以下のような場面で使われます。

  • 仕事や勉強など、何かに取り組む様子を表現するとき
  • プレゼントや手紙などを贈る様子を表現するとき
  • 人に何かを伝える様子を表現するとき

例文

  • 料理は心を込めて作ることで、より美味しくなる。
  • 誕生日プレゼントは、彼のことを考えて、心を込めて選んだ。
  • 感謝の気持ちを込めて、手紙を書いた。

類義語

  • 真面目に
  • 丁寧に
  • 誠実に
  • 思いを込めて
  • 全力で

対義語

  • 雑に
  • いい加減に
  • 無責任に
  • ぞんざいに
  • 手抜きで

英語表現

「心を込める」という言葉は、英語では "with all one's heart" または "with sincerity" と表現されます。

その他

  • この慣用句は、目上の人に対して使うのが一般的です。
  • 「心を込める」ことは、人間関係を築く上で非常に重要です。
  • 「心を込める」ことで、相手に対する気持ちが伝わるのです。

まとめ

「心を込める」という言葉は、真摯な気持ちで、誠意を持って取り組むことを意味する日本語の慣用句です。

仕事や勉強、人間関係など、様々な場面で使える便利な言葉です。

ぜひ、覚えておいて使ってみてください。
参考URL:
「心をこめる(こころをこめる)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「蛍雪の功」とは、苦労して学問を修め、成果を出すことなどの意味を持つ四字熟語

「蛍雪の功」とは、苦労して学問を修め、成果を出すことなどの意味を持つ四字熟語です。

  • 苦労して学問を修め、成果を出すこと
  • 努力して学問を身につけること

読み方

  • けいせつのこう

語源

  • 中国の晋代の車胤と孫康という二人の人物が、貧しいながらも工夫して学問に励んだ故事から。
  • 車胤は、蛍の光で読書をした。
  • 孫康は、雪の反射を利用して読書をした。

類義語

  • 寒窗苦読
  • 懸梁刺股
  • 頭角を現す
  • 名を成す

対義語

  • 遊惰
  • 不精
  • 無為徒食

例文

  • 彼は蛍雪の功を積み、難関大学に合格した。
  • 彼女は幼い頃から蛍雪の功を積み、将来は医者になることを夢見ている。
  • 彼らは夜遅くまで勉強し、蛍雪の功を積んでいた。

参考URL:
蛍雪の功(けいせつのこう)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「喧嘩両成敗」とは、喧嘩をした双方を、理由の如何に関わらず、同等の刑罰で処罰すること

「喧嘩両成敗」とは、喧嘩をした双方を、理由の如何に関わらず、同等の刑罰で処罰すること。

読み方: けんかりょうせいばい

意味:

  • 喧嘩をした双方を、理由の如何に関わらず、同等の刑罰で処罰すること。

語源:

  • 戦国時代から江戸時代にかけて、領主が領内の治安維持のために定めた法。

歴史:

  • 戦国時代は、武士同士の争いが絶えず、私闘が社会問題となっていた。
  • 江戸時代になると、幕府は「喧嘩両成敗」の法令を制定し、私闘の抑制を図った。

現代における意味:

  • 現代社会では、法的な意味での「喧嘩両成敗」は存在しない。
  • しかし、トラブルが発生した際には、双方の言い分を聞き、公平な判断をすることが重要である。

例:

  • 子供同士が喧嘩をした場合、親は双方の言い分を聞き、どちらが悪いのかを判断する必要がある。
  • 会社でトラブルが発生した場合、上司は双方の言い分を聞き、適切な対応を取る必要がある。

補足:

  • 「喧嘩両成敗」は、必ずしも正しい判断とは限らない。
  • 状況によっては、どちらか一方が悪い場合もある。

その他:

  • 「喧嘩両成敗」は、日本語独特の表現です。英語では、「both parties are punished regardless of who started the fight」などの表現が近い意味になります。

例文:

  • A: 昨日の試合、両チームとも退場処分になったね。
  • B: そうだね。喧嘩両成敗ってやつだね。
  • A: 確かに、どっちが悪いのか判断するのは難しいよね。
  • B: 審判も大変な仕事だね。

参考URL:
喧嘩両成敗 - Wikipedia

「下馬評」とは当事者が知らないところで取り沙汰される評判や噂という意味を持つ日本語のことわざ

「下馬評」とは当事者が知らないところで取り沙汰される評判や噂という意味を持つ日本語のことわざです。

語源

「下馬評」の語源は、江戸時代の参勤交代制度に由来します。当時、大名が江戸へ向かう途中、宿泊先で家来たちが下馬して休憩している間に、主人の評判や噂話をしていたことから、「下馬評」という言葉が使われるようになったと言われています。

意味

「下馬評」は、根拠のない情報や偏見に基づいた評判や噂話であることが多く、必ずしも真実とは限りません。また、当事者が知らないところで取り沙汰されるため、誤解や曲解を生むことも少なくありません。

使い方

「下馬評」は、噂話や評判について話すときに使われます。

  • 新しいお店の評判は、まだ「下馬評」の段階だ。
  • 選挙の「下馬評」では、彼は不利とされていたが、蓋を開けてみれば大勝利を収めた。
  • 彼女は「下馬評」では性格が悪いと言われていたが、実際会ってみるととても気さくで話しやすい人だった。

類義語

  • 風評
  • 評判
  • 憶測
  • 評判

対義語

  • 事実
  • 真実
  • 証拠
  • 根拠
  • 確証

注意

「下馬評」は、根拠のない情報であることが多いことを忘れずに、安易に信じることは避けましょう。

まとめ

「下馬評」は、噂話や評判について話すときに使える日本語のことわざです。根拠のない情報であることが多いことを忘れずに、安易に信じることは避けましょう。

参考URL:
下馬評(げばひょう)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「芸は身の仇」とは、習得した芸事が、かえって自分の身を滅ぼす原因になることがあるという戒め

「芸は身の仇」とは、習得した芸事が、かえって自分の身を滅ぼす原因になることがあるという戒めのことです。

意味:

  • 習得した芸事が、かえって自分の身を滅ぼす原因になることがあるという戒めの言葉です。
  • 芸に没頭するあまり、周囲が見えなくなり、道を誤ったり、命を落としたりする例えです。

読み方:

  • げいはみのあだ

類義語:

  • 智恵は身を滅ぼす
  • 得意が仇になる
  • 驕りは滅びの始まり
  • 過信は禁物
  • 油断大敵

対義語:

  • 芸は身を助ける
  • 知識は力
  • 才能は開花させるべき
  • 努力は報われる
  • 自信を持つ

例文:

  • 例文1:
    • 美貌に自信を持つあまり、周囲の男を誘惑し、敵を作ってしまった女性は、悲劇的な結末を迎えた。まさに芸は身の仇と言えるだろう。
  • 例文2:
    • 天才的な棋士は、将棋に没頭するあまり、家族や友人との関係を壊し、孤独な晩年を送った。まさに芸は身の仇と言えるだろう。
  • 例文3:
    • 武術に優れた男は、その強さに驕り、無謀な戦いに挑んで命を落とした。まさに芸は身の仇と言えるだろう。

その他:

  • 「芸は身の仇」は、日本語独特の表現です。
  • 英語では、「knowledge can be dangerous」「talent can be a curse」「pride comes before a fall」などの表現が近い意味になります。

参考になれば幸いです。

補足:

  • このことわざは、芸事だけに限らず、あらゆる才能や知識に当てはめることができます。
  • 自分の能力に驕ることなく、謙虚な気持ちで努力を続けることが大切です。

このことわざは、人間の持つ二面性、才能と同時に潜む危険性を教えてくれます。

以下は、「芸は身の仇」にならないようにするためのポイントです。

  • 自分の能力に過信しない: 常に謙虚な気持ちで努力を続ける。
  • 周囲の声に耳を傾ける: 客観的な意見を取り入れる。
  • バランスを大切にする: 芸事とその他の生活のバランスを保つ。
  • 感謝の気持ちを忘れない: 自分の才能や知識を与えてくれた人々に感謝する。
  • 倫理観を持つ: 自分の能力を正しい道に使う。

これらのポイントを意識することで、才能や知識を活かして、幸せな人生を送ることができるでしょう。

参考URL:
「芸は身の仇」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「牽強付会(けんきょうふかい)」とは、道理に合わないことを、自分に都合の良いように無理にこじつけること

「牽強付会(けんきょうふかい)」とは、道理に合わないことを、自分に都合の良いように無理にこじつけること。

意味:

道理に合わないことを、自分に都合の良いように無理にこじつけること。

語源:

  • 牽強: 無理に引き寄せること
  • 付会: 関係のないものを無理に結びつけること

類義語:

  • 我田引水 (がでんいんすい)
  • 強引 (ごういん)
  • 無理筋 (むりすじ)

対義語:

  • 論理的 (ろんりてき)
  • 合理的 (ごうriteki)
  • 筋道 (すじみち)

例文:

  • 彼の言い訳は牽強付会で、誰も納得しなかった。
  • 事実を無視して、自分の都合の良いように解釈するのは牽強付会だ。
  • 牽強付会な理論は、すぐに破綻してしまう。

補足:

  • 牽強付会は、自分の立場や主張を正当化するために、無理な解釈や説明をする場合によく使われます。
  • 議論や論争において、牽強付会は相手を納得させることはできないだけでなく、信頼を失墜させる可能性もあります。
  • 自分の考えを伝える際には、論理的に筋道を立てて説明することが重要です。

その他:

参考URL:
「牽強附会」「牽強付会」とは無理やりこじつけること|意味や語源などをご紹介 | Domani

「桂馬の高上り」 は、将棋の駒の桂馬の動きになぞらえて、身分不相応な高い地位につくことを揶揄する慣用句

「桂馬の高上り」 は、将棋の駒の桂馬の動きになぞらえて、身分不相応な高い地位につくことを揶揄する慣用句です。

意味

  • 身分不相応な高い地位につくこと
  • 実力に見合っていないことを無理やりする
  • 失敗する

語源

将棋の駒の桂馬は、他の駒と違って、盤の目を一つ飛び越えて斜め前に進むことができます。しかし、前後や左右には動けないという弱点もあります。

「桂馬の高上り」 は、この桂馬の弱点を比喩的に表現した言葉です。

桂馬が軽はずみに飛び出すと、すぐに敵に取られてしまうように、身分不相応な高い地位につくと、すぐに失敗してしまう という意味合いです。

例文

  • 彼は学歴も経験もないのに、コネで会社の役員になった。まさに 桂馬の高上り だ。
  • 政治家は、国民の期待に応えようと 無理な約束 をしたが、結局 桂馬の高上り になってしまった。
  • 彼は、才能もないのに起業したが、すぐに失敗して 桂馬の高上り になってしまった。

類義語

  • 分不相応
  • オーバーワーク
  • 行き過ぎ
  • 度が過ぎる
  • 無謀

対義語

  • 力量
  • 適性
  • 実力
  • 能力
  • 才能

その他

  • 「桂馬の高上り」 は、「飛び級」 とも呼ばれます。
  • 「桂馬の高上り」 は、主にネガティブな意味で使われますが、皮肉やユーモアを込めて使うこともできます。

  • 彼は、若くして社長になったが、経験不足で 桂馬の高上り になってしまった。

参考URL:
桂馬の高上がり(けいまのたかあがり)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「芸は身を助ける」とは、努力して身につけた技術や知識は、将来必ず役に立つという意味

「芸は身を助ける」とは、努力して身につけた技術や知識は、将来必ず役に立つという意味。

意味:

  • どんな分野であれ、他人に秀でる能力があれば、思わぬところで役に立つものである。
  • 努力して身につけた技術や知識は、将来必ず役に立つという意味。

例文:

  • 学生時代に習得した語学力が、今の仕事で役に立っている。
  • 趣味で続けていたスポーツが、健康維持に役立っている。
  • 子供の頃に習った書道が、仕事で役に立っている。

類義語:

  • 一芸に秀でれば
  • 知識は力
  • 努力は報われる
  • 習うより慣れろ
  • 転んでもただは起きない

対義語:

  • 無知
  • 無能
  • 無力
  • 無策
  • 無為無策

英語表現:

  • Knowledge is power.
  • A skill in hand is worth two in the bush.
  • Necessity is the mother of invention.
  • Every cloud has a silver lining.
  • What doesn't kill you makes you stronger.

注意点:

  • 「芸は身を助ける」は、必ずしも目に見える成果や利益に結びつくという意味ではありません。
  • 困難な状況を乗り越えるための力や、人生を豊かにするための糧となるという意味もあります。

参考URL:
芸は身を助ける(げいはみをたすける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

その他:

  • 「芸は身を助ける」は、古くから言い伝えられていることわざです。
  • 現代社会においても、様々な場面でこのことわざが当てはまります。

芸は身を助けるの現代的な解釈

  • 現代社会において、「芸」は単なる技術や知識だけでなく、問題解決能力、コミュニケーション能力、創造性など、様々なスキルを指すことができます。
  • これらのスキルは、仕事やプライベートなど、様々な場面で役立ちます。
  • 常に新しいスキルを学び、自分をアップデートし続けることが重要です。