」カテゴリーアーカイブ

「上を下へ」とは、探し物が見つからず、焦ってあちこち探しまわる様子

「上を下へ」とは、主に以下の2つの意味を持つ慣用句です。

  1. 慌てて探し回る様子

読み方

  • うえを (しもへ)

意味

  • 探し物が見つからず、焦ってあちこち探しまわる様子を表現します。
  • 具体的な動作を伴うことが多く、「ひっくり返す」などの言葉と組み合わせて使われることが多いです。

使い方

  • 財布をなくして、上を下へ探しまくった。
  • 試験前になって、上を下へ教科書を探した。
  • 子供が、おもちゃ箱を上を下へひっくり返して遊んでいた。

類義語

  • あたふたする
  • 慌てる
  • 探しまくる
  • 뒤지다
  • ひっくり返す

対義語

  • 落ち着いて探す
  • 丁寧に探す
  • ゆっくり探す

英語表現

  • turn everything upside down looking for something
  • search high and low for something
  • be in a state of panic
  • be frantic
  • be desperate
  1. 物事が混乱して秩序がなくなる様子

読み方

  • うえをしもへ

意味

  • 物事が混乱して、秩序がなくなる様子を表現します。
  • 大騒ぎになったり、てんやわんやになったりしている様子を表すことが多いです。

使い方

  • 事故現場は、車が上を下へひっくり返って、大変な騒ぎだった。
  • 突然の雷雨で、街は上を下への大騒ぎになった。
  • 試験開始のベルが鳴り、教室は上を下への大混乱となった。

類義語

  • 混乱する
  • 騒ぐ
  • てんやわんや
  • 阿鼻叫喚
  • 大騒ぎ

対義語

  • 秩序
  • 平静
  • 静寂
  • 沈黙
  • 平和

英語表現

  • be in chaos
  • be in turmoil
  • be in a state of confusion
  • be in a mess
  • be out of control

注意点

「上を下へ」は、どちらの意味で使われているのか、文脈によって判断する必要があります。

補足

「上を下へ」は、日本語独特の表現であり、英語などの他の言語に直接的な翻訳はありません。

参考URL:
上を下へ(うえをしたへ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「独活の大木」とは、見かけは立派だが、役に立たないもののたとえ

「独活の大木」とは、見かけは立派だが、役に立たないもののたとえ。

読み方: うどのだいぼく

意味:

  • 見かけは立派だが、役に立たないもののたとえ。
  • 体ばかり大きくて、能力がない人のたとえ。

語源:

  • 独活は、茎が大きく成長するが、柔らかくて使い物にならないことから。

類義語:

  • 見かけ倒し
  • 絵に描いた餅
  • 徒花
  • 空疎
  • 名ばかり

対義語:

  • 中身が伴う
  • 実力
  • 有能
  • 役立つ
  • 価値

例文:

  • あの会社は、一見立派そうに見えて、中身は「独活の大木」だ。
  • 彼は、「独活の大木」のような体格をしているが、実際は何もできない。
  • 彼女は、「独活の大木」のような美貌を持っているが、中身は空っぽだ。

使い方:

  • 「独活の大木」は、見かけだけ立派で中身がないものを批判する際に使われます。
  • 文章だけでなく、会話でもよく使われます。

その他:

  • 「独活の大木」は、日本語の慣用句です。
  • 英語では、「a big show for nothing」、「all bark and no bite」、「a wolf in sheep's clothing」などの表現が近い意味になります。

補足:

  • 「独活の大木」は、外見と内面のギャップを表現する言葉です。
  • 外見に惑わされず、物事の本質を見極めることが大切です。

関連表現:

  • 見かけ倒し
  • 絵に描いた餅
  • 徒花
  • 空疎
  • 名ばかり

参考URL:
独活の大木 - ウィクショナリー日本語版

例文:

  • あの車は、見た目はかっこいいけど、性能は「独活の大木」だ。
  • 彼は、「独活の大木」のような発言ばかりするが、実際は何も行動しない。
  • 彼女は、「独活の大木」のような学歴を持っているが、社会経験は全くない。

その他

「独活の大木」は、皮肉や嘲笑を込めた表現として使われることも多いです。

このことわざを使う際には、相手を傷つけないように注意する必要があります。

「後ろ髪を引かれる」とは、心残りがあって、なかなか思い切れないこと を意味する慣用句

「後ろ髪を引かれる」とは、心残りがあって、なかなか思い切れないこと を意味する慣用句です。

由来

髪は後ろに流れているため、後ろ髪を引かれるということは、後ろを振り返りたい、つまり、去りたくないという気持ちを表しています。

使い方

「後ろ髪を引かれる」は、以下のような状況で使われます。

  • 大好きな場所を離れるとき
  • 別れなければならない人との別れ際
  • 諦めなければならないものがあるとき

例文

  • 故郷を離れるときは、後ろ髪を引かれる思いだった。
  • 彼と別れたときは、後ろ髪を引かれるようだった。
  • 夢を諦めるのは、後ろ髪を引かれる思いだった。

類義語

  • 未練がある
  • 執着がある
  • 名残惜しい
  • 惜しい
  • 捨てがたい
  • 思い切れない
  • 断ち切れない
  • 忘れられない
  • 懐かし

対義語

  • 思い切る
  • 断念する
  • 諦める
  • 潔い
  • 吹っ切れる
  • 前向き
  • 達観
  • 忘却

補足

「後ろ髪を引かれる」は、ポジティブな意味合い で使われることもありますが、ネガティブな意味合い で使われることもあります。

文脈に合わせて、適切な意味合いで使うようにしましょう。

参考URL:
後ろ髪を引かれる(うしろがみをひかれるおもい)の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「海の物とも山の物ともつかない」は、物事の本質や正体がつかめず、将来がどうなるか見当がつかないという意味の慣用句

「海の物とも山の物ともつかない」は、物事の本質や正体がつかめず、将来がどうなるか見当がつかないという意味の慣用句です。

海の物も山の物も、いずれは誰かの所有物になりますが、その時点では誰が所有するのかわからない、というところからこの表現が使われるようになりました。

具体的には、以下のような状況で使われます。

  • 新しい事業の成功失敗がまだわからない
  • 選挙の結果がまだ出ていない
  • 人の気持ちや考えがわからない

例えば、以下のような例が挙げられます。

  • この新製品が売れるかどうかはまだ海のものとも山の物ともつかない。
  • 選挙の結果が出るまでは、誰が次の首相になるかわからないので、海のものとも山の物ともつかない。
  • 彼は何を考えているのか、海のものとも山の物ともつかない。

「海の物とも山の物ともつかない」は、不確実性や先行き不透明な状況を表現するのに便利な慣用句です。日常会話の中で、ぜひ使ってみてください。

類義語

  • 五里霧中(ごりむちゅう)
  • 雲行きが怪しい(くもゆきがあやしい)
  • 行方不明(ゆくえふめい)
  • 朝霧がかかっている(あさぎりがかかっている)

英語表現

  • be up in the air
  • be uncertain
  • be undecided
  • be in a fog

「海の物とも山の物ともつかない」は、日本語ならではの奥深い表現です。状況に合わせて、適切な言葉を選んで使ってみましょう。

参考URL:
海の物とも山の物ともつかない(うみのものともやまのものともつかない)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「現を抜かす」とは、あることに夢中になり、周りの状況に意識が向かなくなること

「現を抜かす」とは、あることに夢中になり、周りの状況に意識が向かなくなること。

読み方: うつつをぬかす

意味:

あることに夢中になり、周りの状況に意識が向かなくなる。

例文:

  • 彼は、好きなゲームに夢中になり、電車を乗り過ごしてしまった。
  • 彼女は、恋愛小説を読んでいて、呼びかけにも気づかなかった。
  • 美しい景色に見とれて、足元に注意が向かず、転んでしまった。

類語:

  • 夢中になる
  • うっとりする
  • 忘我になる
  • 我を忘れる
  • 恍惚とする

対義語:

  • 集中する
  • 注意する
  • 警戒する
  • 目を覚ます

補足:

「現を抜かす」は、必ずしもネガティブな意味ではありません。好きなことに夢中になることは、活力にもなります。しかし、周囲の状況に注意を払わないでいると、事故やトラブルに繋がることもあるので、注意が必要です。

参考URL:
現を抜かす(うつつをぬかす)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「上前を撥ねる」という言葉は、他人に取り次ぐ賃金や代金の一部を自分のものにする、かすめとるという意味の慣用句

「上前を撥ねる」という言葉は、他人に取り次ぐ賃金や代金の一部を自分のものにする、かすめとるという意味の慣用句です。「ピンはねをする」とも言い換えます。

語源

「上前」とは、取引の際に仲介者などが取る手数料のことです。もともとは、江戸時代の武家で、家来が主人の許可を得ずに取引から手数料を取ることを指していました。

意味

「上前を撥ねる」という言葉は、本来仲介者などに支払われるべき手数料を、自分のものにしてしまうという意味で使われます。具体的には、以下のような状況で使われます。

  • 不動産屋が、買主と売主の間に立って、本来自分たちに入るべき手数料よりも高額な手数料を取った。
  • 芸能事務所が、タレントのギャラの一部を自分のものにした。
  • 政治家が、公共事業の受注業者から賄賂を受け取った。

例文

  • 彼らは、いつも仕事の上前を撥ねていた。
  • 彼は、社長の許可を得ずに、上前を撥ねていたことがばれた。
  • この業界では、上前を撥ねることはよくあることだ。

注意

「上前を撥ねる」という言葉は、倫理的に問題のある行為を表す言葉です。使う際は、その行為を肯定するようなニュアンスにならないように注意する必要があります。

類義語

  • ピンはねをする
  • 中抜きする
  • 搾取する
  • 横領する
  • 悪徳商売をする

対義語

  • 正当に稼ぐ
  • 適切な手数料を取る
  • 誠実に働く
  • 倫理的に正しい行動をする
  • 法律を守る

まとめ

「上前を撥ねる」という言葉は、他人に取り次ぐ賃金や代金の一部を自分のものにする、かすめとるという意味の慣用句です。「ピンはねをする」とも言い換えます。使う際は、倫理的に問題のある行為を表す言葉であることに注意しましょう。

参考URL:
上前をはねる | ルーツでなるほど慣用句辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

「右往左往」は、混乱して、あっちへ行ったりこっちへ行ったりすることを表す四字熟語

「右往左往」は、混乱して、あっちへ行ったりこっちへ行ったりすることを表す四字熟語です。

意味:

  • 状況を把握できず、慌てふためいてうろうろする様子を表します。
  • 突然の出来事に驚き、落ち着いて行動できない様子を表します。
  • 方向性を見失い、何をすればいいのかわからない様子を表します。

例:

  • 事故現場で、人々は右往左往していた。
  • テストの結果が分からず、不安で右往左往した。
  • 新しい職場で、右往左往しながら仕事を覚えている。

類義語:

  • 慌てふためく
  • うろたえる
  • 落ち着かない
  • 混乱する
  • 方向性を見失う

対義語:

  • 落ち着いている
  • 冷静
  • 沈着
  • 泰然自若
  • 余裕がある

補足:

  • 「右往左往」は、「うおうさおう」と読みます。
  • 「往」は「行く」という意味で、「右へ行ったり左へ行ったり」する様子から、この四字熟語が生まれました。
  • 「右往左往」は、ネガティブな意味合いを持つ言葉です。落ち着いて行動することができない様子を表すため、褒め言葉として使うことはあまりありません。

例文:

  • 地震が発生し、人々は右往左往した。
  • プレゼン発表を前に、彼は右往左往していた。
  • 道に迷い、右往左往してしまった。

参考URL:
右往左往(うおうさおう)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「鰻の寝床」とは、奥行きが細長い場所、建物のこと

「鰻の寝床」とは、奥行きが細長い場所、建物のこと。

読み: うなぎのねどこ

意味: 奥行きが細長い場所。建物。

例文:

  1. 反物を張り渡す作業スペースが必要なので、鰻の寝床が適している。
  2. 密集地の狭小住宅で鰻の寝床だ。
  3. 子どもが走り回るので、鰻の寝床が最適だ。

補足:

  • うなぎは体が細長く、穴のような狭い場所にも潜り込むことができます。そのため、奥行きが細長い場所は「鰻の寝床」と例えられるようになりました。
  • 鰻の寝床は、必ずしも住みにくい場所ではありません。むしろ、奥行きがあることで空間を有効活用できたり、隠れ家のような雰囲気があったりして、好まれることもあります。
  • 近年では、土地の有効活用や個性的な空間を求めて、あえて鰻の寝床のような家を建てる人も増えています。

類義語:

  • 長屋
  • 奥長屋
  • うなぎ長屋
  • 細長い家
  • 狭小住宅

対義語:

  • 広々とした家
  • 豪邸
  • 大広間

参考URL:
鰻の寝床(うなぎのねどこ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「後ろ指を指される」とは、陰口を言われたり、批判されたりすること。

「後ろ指を指される」とは、陰口を言われたり、批判されたりすること。

読み方: うしろゆびをさされる

意味:

  • 陰口を言われたり、批判されたりすること。
  • 人から悪く思われること。

語源:

  • 人が後ろを振り返って指を指す仕草から。
  • 陰で悪口を言う様子を表している。

例文:

  • 悪いことをすれば、後ろ指を指される。
  • 彼女は、派手な服装で後ろ指を指されることもある。
  • 会社で不正をしたら、社会から後ろ指を指されることになる。

類義語:

  • 陰口を言われる
  • 悪口を言われる
  • 批判される
  • 噂される
  • 悪評を受ける

対義語:

  • 褒められる
  • 尊敬される
  • 好かれる
  • 認められる
  • 称賛される

注意点:

  • 後ろ指を指されることは、誰にとっても不快なもの。
  • 自分の行動を振り返り、後ろ指を指されないように注意することが大切。

補足:

  • 後ろ指を指されるは、ことわざの一つ。

参考URL:
後ろ指を指される(うしろゆびをさされる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「有無を言わせず」とは、相手の承諾を得ることなく、一方的に何かをさせるという意味の慣用句

「有無を言わせず」とは、相手の承諾を得ることなく、一方的に何かをさせるという意味の慣用句です。「有無」は、承知と不承知のことで、「言わせず」は、相手に意見を言わせないという意味です。

使い方

  • この商品は、有無を言わせずに売り切れた。
  • 上司は、有無を言わせずに私に仕事を押し付けた。
  • 子供たちは、有無を言わせずに母親にねだりを続けた。

例文

  • 新商品の発売は、有無を言わせずに決定された。
  • 彼は、有無を言わせずに自分の意見を押し通した。
  • 親は、有無を言わせずに子供を寝かしつけた。

類義語

  • 強制的に
  • 無理やり
  • 一方的に
  • 独断で
  • 押し付けがましい

注意

「有無を言わせず」という言葉は、相手を尊重していないというニュアンスが含まれるため、目上の人や親しい人に対して使うのは避けた方が良い場合があります。

まとめ

「有無を言わせず」という言葉は、相手の承諾を得ることなく、一方的に何かをさせるという意味の慣用句です。使う場面には注意が必要です。

その他

  • この慣用句の語源は、江戸時代の武士社会における決闘の習慣に由来すると言われています。決闘では、双方が承知の上で戦ったため、「有無を言わせず」という言葉が使われるようになったと考えられます。

英語表現

「有無を言わせず」を英語で表現する場合は、状況に応じて様々な表現が考えられます。

  • forcefully:強制的に
  • against one's will:本意に反して
  • without one's consent:承諾を得ずに
  • arbitrarily:独断で
  • high-handedly:押し付けがましく

  • The teacher forced us to take the test. (先生は、有無を言わせずに私たちにテストを受けさせた。)
  • He took the money against my will. (彼は、有無を言わせずに私の金を取った。)
  • The company laid off the workers without their consent. (会社は、有無を言わせずに労働者を解雇した。)
  • The manager made the decision arbitrarily. (マネージャーは、有無を言わせずに決定を下した。)
  • She treated her employees high-handedly. (彼女は、有無を言わせずに従業員を扱った。)

参考URL:
鼬ごっこ(いたちごっこ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書