白髪三千丈

【漢字】白髪三千丈
【読み】はくはつさんぜんじょう
【意味】長年の悲しみや心配事が重なって髪が白くなり、長く伸びたと嘆く。
【例文1】白髪三千丈だったけど、金婚式を迎えられたのも家族のお陰だ。
【例文2】白髪三千丈でひ孫も見れて幸せだ。
【例文3】先も長くはないのに独り身の息子の事が白髪三千丈。

白髪三千丈をテーマにした記事

白髪三千丈について思うこと

「白髪三千丈」という言葉を聞いて思い出すのは99歳まで生きた私の祖母のことです。祖母は大正生まれで貧乏な農家に嫁に来ました。子どもは10人いました。そのうち3人は幼少のころに食中毒で死亡しています。祖母は商売ヘタな祖父の代わりに、田舎の雑貨屋を切り盛りしていました。米の販売やタバコの販売、障子紙などを担いで列車に乗って配達まで行っていました。そして私の父が始めた漬物製造の仕事を私の母と行い、夕方からは私の叔父、叔母、兄弟を含めた家族10人の食事の用意までするという大変なことを行っていました。85歳を過ぎたあたりから祖母の兄弟が亡くなり始めて、葬儀のたびに泣いている祖母の姿がありました。6歳離れた祖母の妹が亡くなった時には、食欲もなくなるほど落ち込んでいました。90歳半ばころには兄弟全員が亡くなってしまいました。そして自分の7番目の息子が60歳で亡くなった時には、見ている周りも心配するほど元気が無くなっていきました。そのうちに痴呆の症状があらわれ、施設や病院を転々とするようになりましたが、逆に痴呆になったおかげで誰かが亡くなって泣いたり落ち込んだりすることはありませんでした。長生きするということはありがたいですが、「白髪三千丈」を身をもって知ることになるのだと祖母を見ていて思いました。

「白髪三千丈」は李白の誇張

「白髪三千丈(はくはつさんぜんじょう)」とは李白の五言絶句「秋浦歌」の冒頭部分に出てくる言葉です。「長年の憂いが重なり、白髪が非常に長くのびることを誇張した表現。心に憂いや心配事が積もることのたとえ」です。ちなみに三千丈とはおよそ9キロメートルですから、誇張も誇張なのですが、それほどの苦労をしたということ。李白は天才的な詩人で「詩仙」とも呼ばれていますが、最近のアニメ映画にもなった森見登美彦による小説「夜は短し歩けよ乙女」の中でも、李白は高利の金貸しや偽電気ブランの卸元などをやっている富豪の老人として登場します。「電車」と称する三階建ての巨大な自家用車を所有し、自由奔放に大酒を呑み、行動していますが、李白風邪と呼ばれる(おそらくインフルエンザ)によって、主人公の大学生と「黒髪の乙女」との恋を大きく進展させることになります。実際の李白も若い頃、遊侠の輩と付き合いがあったり、湯水のように大金を使ったり、道士と交流したりと自由奔放な生活をしています。42歳の時に長安へ出て賀知章の目にとまり、やがて玄宗皇帝に詩才を認められて官吏となりますが、若い頃の奔放さは留まるところを知らず、酒が原因で長安を追放されます。晩年は各地を転々とし、牢に繋がれるなど不運に見舞われます。その時の苦労を詠んだのがこの詩なのです。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心