火が消えたよう

【漢字】火が消えたよう
【読み】ひがきえたよう
【意味】急に寂しくなる。活気がなくなる様子。
【例文1】商店街が次々に閉店して火が消えたように静かになる。
【例文2】やんちゃ盛りの可愛い孫たちが帰って火が消えたような家になる。
【例文3】火が消えたような独身男の暮らしぶり。

火が消えたようをテーマにした記事

孫がいなくなって火が消えたように静かになる

火が消えたようとはさっきまで賑やかだったのに急に静まり返る様子を言います。
私には隣の県に嫁いだ娘がいます。1歳半の孫もいて娘夫妻がたまに遊びに来てくれるのをとても楽しみにしています。夫は無口だし、息子二人は学校から帰って来るとご飯以外は部屋から出てきません。そのためリビングではテレビの音だけが鳴り響いています。火が消えたような部屋でとてもつまらない毎日です。
中学校までは息子二人もリビングで会話は少なくとも一緒にテレビを見て笑っていたのに・・各部屋にテレビがほしいと懇願されてそれぞれの部屋に置いたのが間違いでした。
ですから、月末の金曜日の夜から娘と孫が泊まりに来てくれると覚えたての言葉を発する孫にどんなに癒されるか。この週だけは家族がリビングに集まり孫中心に過します。時にはぐずったり、泣きわめいたりうるさいけど、それもそれでかわいいです。孫が寝た後、娘と夜遅くまで語ります。日曜日は19時頃に婿さんが迎えに来るのでみんなで外食して帰って行きます。家に着くと火が消えたような部屋ですが、また月末を楽しみに明日からもがんばるぞと奮い立たせます。

転校生がいなくなって火が消えたように静かになってしまいました

私が小学三年生だった時の学校のクラスは、大人しい生徒の集まりでした。
私も含めて積極的に喋る生徒は一人もいなく、休み時間でもクラスは静まり返っていたのです。
そんなクラスに、一人の転校生がやってきました。
その転校生は、お父さんの仕事の都合で転校して来ました。
大人しい私たちに反して、この転校生はとにかくお喋りが好きだったのです。
クラスの誰彼構わず話しかけ、面白い話を次から次へとしてくれたのです。
そのおかげで静かだった私のクラスは、次第に笑いの絶えない楽しいクラスへと変わって行きました。
またこの転校生は喋るのが好きなだけでなく、勉強もスポーツも良く出来たのです。
それで私たちクラスの人間は、この転校生に勉強やスポーツを色々と教えてもらったのです。
転校生のおかげで皆勉強もスポーツも楽しくなり、私も学校に通うのが楽しくて仕方なくなりました。
そんな矢先、お父さんの仕事の都合で転校生がまた別の学校に転校する事になってしまったのです。
皆は驚き、私たちクラスメイトは別れを惜しみました。
それで私たちはお別れ会を催し、転校生と最後の交流を楽しんだのです。
転校生が去ってしばらくの間は、クラスメイトの間でお喋りをしていました。
ですがヒーロー的な転校生が去った事で火が消えたようになってしまい、次第に誰も喋らなくなり、また元のような静かなクラスに戻ってしまったのです。

」で始まる言葉一覧

2095.貧すれば鈍する 2011.ピリオドを打つ 2048.ピンからキリまで 2024.疲労困憊 2144.檜舞台 2108.貧乏くじを引く 2132.独り舞台 2060.品行方正 2036.火を見るよりも明らか 2084.ひんしゅくを買う 2156.日和見 2120.貧乏暇なし 1998.比翼連理 1861.百里を行く者は九十を半ばとす 1969.氷山の一角 1824.百も承知 1807.百聞は一見に如かず 1923.百鬼夜行 1954.冷や飯を食う 1939.百発百中 1884.百家争鳴 1905.百花繚乱 1984.ひょうたんから駒が出る 1771.百害あって一利なし 1753.火蓋を切る 1789.百戦錬磨 1735.火花を散らす 1717.日の目を見る 1434.一役買う 1484.一人(独り)相撲を取る 1508.人を食う 1699.火のない所に煙は立たぬ 1595.火に油を注ぐ 1679.火の付いたよう 1553.人を見たら泥棒と思え 1408.人目を盗む 1460.一山当てる 1574.人を見て法を説け 1637.非の打ち所がない 1658.火の車 1616.微に入り細を穿つ 1531.人を呪わば穴二つ 1354.人目に付く 1296.人は見掛けによらぬもの 1206.一肌脱ぐ 1236.一花咲かせる 1266.人はパンのみにて生きるにあらず 1381.人目を忍ぶ 1326.瞳を凝らす 1113.人のふんどしで相撲を取る 1145.人は一代、名は末代 1176.一旗揚げる 914.人こそ人の鏡 1015.人の噂も七十五日 982.一つ穴の狢 1048.人の口には戸は立てられない 948.一筋縄ではいかない 1081.人のふり見て我がふり直せ 806.一泡吹かせる 694.筆舌に尽くしがたい 733.必要は発明の母 655.左うちわで暮らす 617.額を集める 879.人聞きが悪い 843.一息入れる 455.肘鉄砲を食う 202.日暮れて道遠し 246.膝が笑う 578.顰に倣う 289.庇を貸して母屋を取られる 538.美人薄命 332.膝を打つ 497.美辞麗句 372.膝を乗り出す 415.膝を交える 158.悲喜交交 144.日陰の豆も時が来ればはぜる 70.火が消えたよう 26.ひいきの引き倒し 114.引かれ者の小唄