お株を奪う

【漢字】お株を奪う
【読み】おかぶをうばう
【意味】他の人が得意とする事を簡単にやってのける。
【例文1】新入社員が、先輩より習得が早くお株を奪う。
【例文2】2ヶ月かかって習得した技を後輩が1ヶ月でお株を奪う。
【例文3】料理教室で生徒がお株を奪う。

お株を奪うをテーマにした記事

人が得意とする分野の物事を真似てその人よりも上手を取る事

意味が異なりその人が得意とする分野の物事を真似てその人よりも上手を取る事を意味しています。

私が思うに株という言葉はその人の面子や評判的な意味合いがあり、その株を奪う訳ですから奪われた側はなんだか少しプライドが傷つきますよね。

この事柄を自分の経験に当てはめると自分が先にやっていた習い事に友人を紹介し数ヶ月後にはその友人の方が自分より上達している事がありなんだかヘコんだ経験があります。

なんだか先に物事を始めたにも関わらず後から来た人に先を越されると面子が潰された気分になってしまいます。

しかし、私は逆の立場も経験したことがありその後、人間関係がギクシャクならないかその時は冷や冷やしていました。

お株を奪うって言葉はお株と言う丁寧な言葉で相手を立てながらも密かにその株を奪おうとしている人の腹黒ささえ感じるなとも思います。

ただ、人の数ほど個人の能力に差は生じて当たり前だとも思うので誰しも物事は先に始めた人が上手いとは限らないと言う考えも少々あります。

私のお株を奪う妻

私は以前から料理をするのが趣味で、休みの日や妻の体調が悪い時など料理を作っています。今では様々なレパートリーがありますが、中でも1番得意とする料理は唐揚げです。
私が作る唐揚げにはこだわりがあり、コンビニや揚げ物屋、飲食店などで食べて研究し長い間試行錯誤しながら、ようやく作りあげた唐揚げです。研究した内容は、肉をどのようにねかすと柔らかくなるかや、調味料の種類、鶏肉の種類などです。
家族から好評で、唐揚げ専門店のお株を奪う味と自画自賛していました。それだけに、夕飯何作る?と聞いたら必ず唐揚げと言われ、他のメニューのリクエストはまずありません。裏を返せば、他のメニューはあまり美味しくないということかもしれません。
ある日、妻が唐揚げを作るというので、少し上から目線でアドバイスをして、心の中では私の唐揚げは越せないと思っていました。作り方は私のやり方とかなり違いがあり、ベースになる鶏肉も部位が違うものでした。
完成後試食をしたら、びっくりする程の美味しさで家族全員が大満足でした。私の作る唐揚げを遥かに上回る味に、私のお株を奪う妻だと思い作り方を教えてもらいました。教わった作り方でやっても、味に差が出るので揚げ方も大切だと感じています。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え