「矢でも鉄砲でも持ってこい」とは、どんな手段を使ってもかかってこいという意味

「矢でも鉄砲でも持ってこい」とは、どんな手段を使ってもかかってこいという意味。

意味

  • どんな手段を使ってもかかってこい。
  • 腹を据えて物事に対処する際、または半ばやけになった場合などに発する言葉。

語源

  • 古代の戦において、矢や鉄砲などの武器を構えて、敵の攻撃を受ける覚悟を示したことから。

例文

  • 矢でも鉄砲でも持って来い、かかってこい!
  • クビだと言われても、私は負けずに戦う。矢でも鉄砲でも持ってこい!
  • 会社が潰れても、俺は生きていける。矢でも鉄砲でも持ってこい!

類義語

  • 来るもの拒まず
  • どんな手でも使う
  • 勝負を挑む
  • 一戦交える
  • 立ち向かう

対義語

  • 逃げる
  • 避ける
  • 諦める
  • 降伏する
  • 屈服する

注意点

  • この言葉は、相手を挑発する意味合いも含んでいるため、使う場面には注意が必要です。
  • 冗談で使う場合は、相手が理解できるような雰囲気作りも大切です。

補足

  • この言葉は、強い意志や覚悟を表す表現として使われることもあります。
  • 逆境に立ち向かう決意を表明する場面で、効果的に使われることがあります。

その他

  • 「矢でも鉄砲でも持ってこい」という言葉は、日本語独特の表現です。
  • 英語では、「Bring it on!」、「I'm ready for anything!」、「Come at me!」などの表現が近い意味になります。

参考URL:
矢でも鉄砲でも持って来い(やでもてっぽうでももってこい)とは? 意味や使い方 - コトバンク