血の雨を降らす

【漢字】血の雨を降らす
【読み】ちのあめをふらす
【意味】戦争や殺傷事件などで人がケガをして血を流すこと。
【例文1】通り魔殺傷事件で多くの人が血の雨を降らす。
【例文2】事故現場が血の雨を降らす。
【例文3】血の雨を降らす核兵器をなくす。

血の雨を降らすをテーマにした記事

血の雨を降らすとはどのような意味か

血の雨を降らすとは、その名の通り誰かを殺して血を流させたり、争いを比喩している意味合いが多いです。現代では戦争や大量殺人に使われることが多く後ろ向きな言葉であることもわかります。危害は加えないものとして、恋愛に対しても使うことがあり、三角関係などドロドロとしたものにも血の雨を降らす、降らしているなどの言葉が使われます。
例文として、朝のニュースで殺人犯が子どもを殺したものが流れていて血の雨が降る。
三角関係に収集がつかずいつも血の雨が降っているなど、修羅場のようなドロドロとした感じが伝わって来ます。雨が血となり降っているわけではなく、血が雨のようにたくさん出ている様、雰囲気のドロドロを血で表しています。雨は太陽を隠し延々と降ります。雨はどこか憂鬱になることが多く、雨の成分が血となればその傾向と後味の悪さは引き立ちます。普通のケンカにも大げさな比喩として使うことも出来、壮絶な出来事だったという事を相手に伝えられます。殺人事件を描いた文芸小説の中の一節としても書かれることがあります。どちらにしても気持ちを沈む出来事に使われることが多く、なまめかしいものとして受け取りやすいです。怪我をして血が止まらない様にも使われることもあります。

」で始まる言葉一覧

2189.腸がちぎれる  2072.長者の万灯より貧者の一灯  1879.茶番  1855.知音  1403.血沸き肉躍る  1455.沈黙は金、雄弁は銀  1429.沈思黙考  1376.塵も積もれば山となる  1230.提灯を持つ  1320.直情径行  1260.蝶よ花よ  1290.朝令暮改  1349.猪突猛進  1106.帳尻を合わせる  1138.長蛇の列  1170.丁丁(打打)発止  1200.提灯に釣り鐘  1073.長所は短所  1040.朝三暮四  1007.昼夜兼行  974.注文を付ける  906.茶々を入れる  940.忠言耳に逆らう  799.血眼になる  685.地の利を得る  724.血は水よりも濃い  608.血の気が多い  835.血道を上げる  647.血のにじむよう  763.血祭りに上げる  364.父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し  487.地に落ちる  279.力を落とす  322.竹馬の友  236.力に余る  569.血の気が失せる  447.血となり肉となる  528.血の雨を降らす  405.血で血を洗う  192.血が上る  60.知恵を付ける  148.血が騒ぐ  16.知恵を絞る  104.血が通う