らっぱを吹く

【漢字】らっぱを吹く
【読み】らっぱをふく
【意味】大げさに言う。
【例文1】彼はらっぱ吹きだから、期待しない。
【例文2】合コンではらっぱを吹く。
【例文3】モテたいとらっぱを吹く。

らっぱを吹くをテーマにした記事

らっぱを吹くとはどういう時に使うのか

らっぱを吹くとはそのままの意味で捉えると、楽器のらっぱを演奏すると想像しがちになりますが、言葉の比喩としても捉えることができます。らっぱの吹くの意味としてより大げさに話すことを言い、普通の出来事なのに脚色を加え、リアクションを取りながら相手に伝えることを指します。本当に起きた話には勿論、起こってもいない嘘として相手に伝える時にも使うことがあり、らっぱを吹く人はどちらかというと万人受けされにくいです。ですがらっぱを吹く人は見方を変えると発想豊かで目を引きやすい天才肌でもあります。芸能人もスター性があったり話の仕方を上手かったりするのでらっぱを吹いている性格の人も多数見受けられます。
ですが、あまりにも話を誇張しすぎると話している最中に相手が不審に思うことがあるので、ある程度制御することが大切です。面白おかしく誰も不快にならず話を大きくするらっぱ吹きは、好まれる傾向にあり、このような素質を持っている人は芸能界向きとして優遇されます。ですが嘘を主にらっぱを吹くことを続けていると、人からの信頼を失い一人ぼっちになりかねないのである程度場をわきまえて行動するのに限ります。らっぱを吹く事は話を誇張するので実際の出来事とはかけ離れた部分がありますが場が盛り上がりやすいです。

」で始まる言葉一覧 2548.来者は追うべし 214.洛陽の紙価を高からし344.埒もない 467.乱世の英雄 427.らっぱを吹く 257.埒が明かない 384.落花狼170.楽は苦の種、苦は楽の種 126.烙印を押される 38.来年の事を言えば鬼が笑う