平穏無事

【漢字】平穏無事
【読み】へいおんぶじ
【意味】特に変わった事もなく穏やかな様子。
【例文1】久しぶりに会った友人も平穏無事に過ごしていると聞いて安心した。
【例文2】平穏無事に生活するには思いやりが必要だ。
【例文3】離れて暮らす父母が平穏無事で何より。

平穏無事をテーマにした記事

会社で平穏無事に過ごすためには

人は生きている限りさまざまな障害にであうことがあります。毎日が平穏無事に過ごしていけたらよいですよね。平穏無事とは何事もなく穏やかであるということです。人は社会に出るといろいろなストレスがあります。働いていく上でのストレスはほぼ人間関係でしょう。そこで会社で平穏無事に過ごしている人の特徴を考えてみました。

会社で平穏無事に過ごせる人は世渡り上手な人です。世渡り上手な人はいろいろな人から好かれます。世渡り上手な人は、いつも笑顔を絶やさず、明るく元気で思いやりがありる人。他人をフォローすることができ、他人が落ち込んだときに気の利いたことが言える人などが上げられます。世渡り上手はかなりスキルが必要ですね。スキルのない人は面倒なことに巻き込まれないために、人の悪口は言わない、他人の立場に立って発言するだけでも十分ですね。

会社で平穏無事に過ごすためには素直なことも必要です。仕事ができる人は尊敬されますが、あまり要領が良くない人だったら失敗した場合は素直に謝ってしまいましょう。

またどうしてもストレスがたまって平穏無事に過ごせない方もいると思います。その場合こう考えましょう。今日一日平穏無事に生きていることができて、ご飯を食べれただけで幸せですよね。

平穏無事の意味

皆さんが普段の生活や仕事の中で、何事も無く無事に過ごす事が出来た時に使う言葉として、平穏無事と言う4文字熟語が有ります。この平穏無事の意味ですが、日常の生活や仕事の中で、変わった事も無く穏やかに過ごす事が出来る事を指して使います。「平穏」の意味としては、「穏やか」や「安らか」の意味を持っており、その言葉に変わった事が無い「無事」と言う言葉を添え、言葉としての意味を強調した物になっております。日常的な使い方としては、「平穏無事な日々を送る」や「平穏無事に暮らす」等の使われ方が一般的です。この平穏無事の類義語としては、「安穏無事;あんのんぶじ」「無事息災;ぶじそくさい」「無病息災;むびょうそくさい」等があり、いずれの言葉も日常生活や仕事等の無事を願っている言葉となります。一方平穏無事の反義語としては「波乱万丈」があげられると考えますが、似た言葉としては「難行苦行」「いばらの道」「悪戦苦闘」等の言葉も人によっては使われる場合も有りそうですが、若干意味合いの異なる言葉になりそうです。又、個別の言葉としては平穏の反義語は不穏、無事の反義語は有事等が有り、日常生活の中で波風が立った状態を表しております。

」で始まる言葉一覧

2540.下手の道具立て 808.片鱗を示す 696.片言隻語 735.ペンは剣よりも強し 657.変幻自在 619.弁慶の泣き所 772.偏旁冠脚 457.屁の河童 204.へそを曲げる 248.下手な鉄砲も数打ちゃ当たる 580.弁慶の立ち往生 291.下手の考え休むに似たり 540.減らず口を叩く 334.下手の道具調べ 499.蛇ににらまれた蛙 417.下手の横好き 160.へそで茶を沸かす 72.平身低頭 28.平穏無事 116.平々凡々 374.下手の長談義