「内柔外剛」とは、内面は穏やかで優しいが外面は強くたくましく見えること

「内柔外剛」とは、以下のような意味を持つ四字熟語です。

意味:

  • 内面は穏やかで優しいが、外面は強くたくましく見えること。
  • 外見は怖そうだが、本当はやさしく穏やかなこと。

由来:

  • 中国の易経の「否」の卦から。「内陰而外陽、内柔而外剛」とある。

類義語:

  • 温厚篤実、剛柔兼備、外剛内柔、外柔内剛、剛毅木訥

対義語:

  • 粗暴、強引、横暴

例文:

  • 彼一見は強面だが、実は内柔外剛の人物だ。
  • 彼女は内柔外剛で、芯が強い女性だ。
  • 山下さんは、内柔外剛な性格で、周囲から慕われている。

内柔外剛は、一見矛盾しているように見えますが、実は多くの人に見られる性格です。内面は穏やかで優しい人でも、自分の信念を貫いたり、弱い者を守ったりするために、外見は強くたくましく見えることがあります。

内柔外剛な性格は、以下のようなメリットがあります。

  • 周囲から信頼されやすい
  • 困難な状況にも動じない
  • 強いリーダーシップを発揮できる

内柔外剛な性格になるためには、以下の点に意識することが大切です。

  • 内面の優しさを大切にする
  • 外見に惑わされない
  • 自分の信念を貫く

内柔外剛は、誰でも目指せる性格です。日頃から意識的に取り組むことで、より良い人生を送ることができるでしょう。

参考URL:
内柔外剛 | スピーチに役立つ四字熟語辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス