誠心誠意

【漢字】誠心誠意
【読み】せいしんせいい
【意味】打算的な考えを持たず心を込めて対応する姿勢。
【例文1】お調子者で誠心誠意が見られないから信用できない。
【例文2】誠心誠意をもって妻に謝る。
【例文3】誠心誠意でボランティアに参加する。

誠心誠意をテーマにした記事

「誠心誠意」はお互い様。

ビジネスの場などで、「誠心誠意、努めてまいります。」ということを言う場面があります。相手に対して打算的にならず、真心をこめて対応する。という意味です。
仕事上の関係のみでなく、誠実さ、誠意をもって人に相対するということは、人間関係全般で大切なことは言うまでもありません。
しかしよく勘違いされがちですが、人の持つ「誠実さ」とは、その人の「資質」を表しているのではなく、あくまで「態度」だということです。「この人になら、自分は真心をもって尽くすことができる」と思えるような気持ちが、誠意という態度となって表れるのです。
それは相手が自分にとってどういう存在であるか、ということに尽きます。相手が自分の信用に足る人物、こちらの思いをちゃんと受け止めてくれる人物だと見込むからこそ、こちらもそれなりの態度で対応しなければならないと思わせるのです。
「やさしさ」や「思いやり」にも同様に言えることですが、人間の感情は、一般的に思われているよりもずっと「性格」ではなく「態度」を言い表しているものが多いように思われます。これは、もって生まれたものではなく(ごく稀に「誠意」や「思いやり」を資質として持っておられる方もいるようですが)、人間と人間の感情の相互作用によって生じる化学反応のようなものではないかな。と思います。
「誠心誠意、努めてまいります。」という言葉も、相手の誠実な態度を期待するばかりでなく、むしろ自身が相手の思いに応えられるように期待されているな。と感じなければならないのかもしれません。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん