得手に帆を揚げる

【漢字】得手に帆を揚げる
【読み】えてにほをあげる
【意味】得意技を発揮できるチャンスが来る。
【例文1】球技大会でバレーボールに出場して得手に帆を揚げる。
【例文2】ムードメーカーの彼は同窓会の幹事に得手に帆を揚げる。
【例文3】面白い同寮が友人代表に得手に帆を揚げる。

得手に帆を揚げるをテーマにした記事

得手に帆を揚げるの意味を考えてみた

「得手に帆を揚げる」これ、初めて聞いたことわざです。

自分の得意なことを発揮する機会が来たから今だってやること、今だって奮起していることです。

でもちょっと皮肉っぽく調子に乗ってるって解釈してるのもあれば、チャンスが来て喜んでる様子みたいな解釈もあるんだな。

実際に使うとしたら「〇〇さん、二次会カラオケって決まって得手に帆を揚げてるね。」みたいな感じかな。それで〇〇さんがご気分を損ねた様子だったら前者の解釈をしているってことで「まあね!」って返事だったら後者の解釈をしているってことだね。で、ポカーンってしてたら初めて聞いたことわざですね。よし、次の宴会の二次会はカラオケにしてみよう。

」で始まる言葉一覧

986.遠水近火を救わず  556.遠慮会釈もない  515.縁もゆかりもない  474.縁は異なもの味なもの  434.縁の下の力持ち  392.縁起を担ぐ  352.襟を正す  309.海老で鯛を釣る  266.絵に描いた餅  223.江戸の敵を長崎で討つ  179.得手に帆を揚げる  135.悦に入る  91.会者定離  47.栄枯盛衰  4.英気を養う