「 真綿で首を絞める」とは、一見穏やかそうに見えても、じわじわと苦しみを与え、精神的に追い詰めていく様子

「 真綿で首を絞める」とは、一見穏やかそうに見えても、じわじわと苦しみを与え、精神的に追い詰めていく様子のこと。

意味:

真綿は、柔らかく細い繊維でありながら、強靭な性質を持っています。このことから、「真綿で首を絞める」という言葉は、一見穏やかそうに見えても、じわじわと苦しみを与え、精神的に追い詰めていく様子を比喩的に表します。

使い方:

  • 長時間労働を強いられることで、真綿で首を絞められるような思いをしている。
  • 上司からのプレッシャーが真綿で首を絞めるようで、精神的に参ってしまう。
  • 借金が重なり、真綿で首を絞められるような苦しい生活を送っている。

例文:

  • 毎日残業続きで、真綿で首を絞められるような毎日だ。
  • パワハラ上司からの嫌がらせは、真綿で首を絞めるようなもので、もう限界だ。
  • 消費者金融の利息が膨らみ、真綿で首を絞められるような状況に陥ってしまった。

類似表現:

  • じわじわと追い詰める
  • 精神的に追い詰める
  • 息を詰めるような
  • 苦痛を与える
  • 追い込む

真綿で首を絞めるという言葉は、一見穏やかそうに見えても、じわじわと苦しみを与え、精神的に追い詰めていく様子を効果的に表現することができます。

注意:

この言葉は、比喩表現であるため、実際に人を真綿で絞めるという意味ではありません。

参考URL:
真綿で首を締める(まわたでくびをしめる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書