尻尾を出す

【漢字】尻尾を出す
【読み】しっぽをだす
【意味】隠し事や悪事がバレる。
【例文1】とうとう尻尾を出しやがったな。
【例文2】良い子ぶっていたが、だんだん尻尾を出してきた。
【例文3】長年の付き合いで尻尾を出し始める。

尻尾を出すをテーマにした記事

尻尾を出し始めた新人の子。

尻尾を出す。私はこういう人を職場で見ます。私より新人で入ってきた、女の子。私より、4年ほど後で入ってきました。年齢ももちろん、若いです。でも、早くに結婚をして子育てそしている女の子でした。それだけにしっかりした子です。その子が入ってきたときはとても好印象でした。仕事はできるし、頭の回転も速い。でも、とても謙虚であって。先輩みんなのこともちゃんと立てることのできる子です。とにかくとても、控えめでした。ちゃんと挨拶もするし、私は印象が良かったのでよく、子どもの話をしたり世間話をしたりして楽しく過ごしていました。
しかし、その子が仲良くなった人がいけなかったのでしょうか。でも、今考えるともともとそういう性格だったのだと思います。だんだんと態度が大きくなりました。上の人とも仲良くなるのが上手だったので、気に入られ、ほかのパートさんが失敗したりすると陰で悪口を言うようになりました。上の人にこっそり意地悪な感じで報告もするようになりました。話しやすかった印象の子でしたが、だんだんと話しかけづらい印象になり、私だけでなく、私の周りの人も話しかけづらい、怖い人となってしまったのです。でも、それはその人が最初はおとなしくしていて、慣れてきたので尻尾を出したのだと思います。尻尾を出して自分の本当の姿が現れたのだなと感じました。今では仕事以外はほとんど話すこともなくなりました。

「尻尾を出す」というか手を出す子ぎつね

「尻尾を出す」とは「隠していたものが見つかる。ぼろが出る。」ことです。「尻尾を出す」と言えば思い出すのは新美南吉の名作「手袋を買いに」です。子ぎつねを育てているお母さんきつね。以前に人間にみつかり追い回された経験があるので、人間を怖がっています。ある雪の日、あまりに子ぎつねの手が冷たいので、手袋を買いに行かせることにしました。お母さんきつねが子ぎつねの手を握っていると、片手だけが人間の手になります。そして、手袋を売っている帽子やさんの場所を教えて戸の隙間から、人間の手になっている方の手を差し入れて手袋を買うようにと教えます。そして子ぎつねだけを行かせますが、案の定間違えてきつねの手の方を差し出してしまいます。帽子やは「先にお金を下さい」といい、お金の白銅貨が本物であるかどうかを確認したうえで、子ぎつねに手袋を渡します。心配していたお母さんきつねは子ぎつねが「反対の手を出してしまったけど捕まらなかったよ」と言うのを聞いて、人間は本当は怖いのか、怖くないのか迷うという終わり方をしています。子ぎつねが出したのは手で尻尾ではないのですが、同じことですよね。お母さんが迷ったままで終わりにするところに新美南吉の優しさが見えかくれします。名作です。

」で始まる言葉一覧

2530.弱冠 2528.雌伏 2526.地獄耳 2524.試金石 2522.森羅万象 2510.心頭を滅却すれば火もまた涼し 2506.新陳代謝 2502.死んだ子の年を数える 2520.辛抱する木に金がなる 2517.深謀遠慮 2514.真に迫る 2532.修羅場 2430.尻を叩く 2424.思慮分別 2450.白黒をつける 2470.人後に落ちない 2490.新進気鋭 2445.四六時中 2465.人口に膾炙する 2486.人事を尽くして天命を待つ 2482.針小棒大 2406.尻に火が付く 2478.信賞必罰 2474.神出鬼没 2418.尻目に掛ける 2440.白い目で見る 2412.支離滅裂 2435.尻を拭う 2460.心血を注ぐ 2455.心機一転 2498.心臓が強い 2494.人跡未踏 2317.助長 2268.枝葉末節 2400.尻切れとんぼ 2394.尻が長い 2285.諸行無常 2205.将棋倒し 2309.初心忘るべからず 2357.白を切る 2301.触手を伸ばす 2332.知らぬ顔の半兵衛 2223.正直者が馬鹿を見る 2250.少年老い易く学成り難し 2241.上手の手から水が漏れる 2380.尻が重い 2373.私利私欲 2259.小の虫を殺して大の虫を助ける 2387.尻が軽い 2349.白羽の矢が立つ 2341.知らぬが仏 2214.正直の頭に神宿2277.将を射んと欲すればまず馬を射よ 2232.正真正銘 2293.食指が動く 2325.白河(川)夜船 2091.守株 2044.柔よく剛を制す 2068.主客転倒 2104.出藍の誉れ 2128.首尾一貫 2164.春宵一刻値千金 2187.順風満帆 2196.春眠暁を覚えず 2140.春夏秋冬 2005.十年一昔 2080.取捨選択 2056.雌雄を決する 2032.愁眉を開く 2152.春秋に富む 2175.春風駘蕩 2116.朱に交われば赤くなる 2018.重箱の隅をつつく 1993.十年一日 1979.十人十色 1964.秋霜烈日 1949.周章狼狽 1918.自由自在 1899.終始一貫 1802.癪に障る 1934.終止符を打つ 1877.縦横無尽 1826.知らぬは亭主ばかりなり 1819.車軸を流す 1853.蛇の道は蛇 1835.しゃちほこ張る 1748.杓子定規 1730.釈迦に説法 1766.杓子は耳かきにならず 1784.弱肉強食 1712.四面楚歌 1589.自腹を切る 1547.死人に口なし 1610.しびれを切らす 1524.尻尾をつかむ 1568.しのぎを削る 1501.尻尾を出す 1694.始末に負えない 1673.四方八方 1477.失敗は成功の基 1452.叱咤激励 1631.私腹を肥やす 1426.十指に余る 1652.自暴自棄 1400.質実剛健 1373.四通八達 1227.地団駄を踏む 1317.七転八倒 1257.四知 1287.七転八起 1346.七歩の才 103.下にも置かない 1167.舌を出す 1197.舌を巻く 1070.舌鼓を打つ 1037.舌足らず 1004.親しき仲にも礼儀あり 971.舌先三寸 902.時代錯誤 937.舌が回る 795.沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり 758.地震雷火事親父 680.獅子の子落とし 719.獅子奮迅 888.地獄の一丁目 603.事実は小説よりも奇なり 867.児孫のために美田を買わず 831.自責の念 642.事実無根 317.自給自足 482.地獄で仏に会ったよう 274.敷居が高い 231.鹿を追う者は山を見ず 564.獅子身中の虫 442.自業自得 359.四苦八苦 523.地獄の沙汰も金次第 400.試行錯誤 187.歯牙にも掛けない 55.思案に余る 143.自画自賛 11.人間万事塞翁が馬 99.思案に暮れる 93.外交辞令