鬼の霍乱

【漢字】鬼の霍乱
【読み】おにのかくらん
【意味】強くて丈夫な人が珍しく病気にかかる。
【例文1】お母さんが風邪引くなんて鬼の霍乱だね。
【例文2】毎日10キロ自転車をこいでいるので、鬼の霍乱なんて事はない。
【例文3】風邪ひとつ引かない母が入院だなんて鬼の霍乱だ。

鬼の霍乱をテーマにした記事

「鬼の霍乱」を目上の人に使うのはあり? なし?

若いころ、職場の上司が風邪で休んだことがありました。その上司は健康オタクで、ふだんから健康には人一倍気をつかっていて、また、生まれつき丈夫でもあるのでしょう、それまで病欠したことなどありません。
それが風邪で休んだのです。風邪が治って出社したその上司に、私はこう言いました。「課長が風邪をひくなんて、鬼の霍乱ですね」。
上司は笑っていましたが、ある先輩から「課長にそんなことをいうのは失礼だ」と注意されてしまったんです。
私にとって、意外な注意でした。このことわざは「日頃じょうぶな人がめずらしく寝込んでしまうこと」という意味だと理解していたからです。この意味であれば、上司に使っても別に問題はないでしょう。
「上司を鬼に喩えるのはNG」というのが、先輩の言い分です。たしかに、「悪いもの」や「醜いもの」という意味で「鬼」という言葉がつかわれることが少なくありません。しかし、「野球の鬼」というように、良い意味で使われることもあります。
このことわざの場合は、「体が強健、じょうぶ」という意味ですから、決して悪い表現ではないでしょう。
先輩から注意された私は、口には出しませんでしたが、そのように考えて、不満を感じたのです。
それは若いころの話。今は「鬼というのが人に不快感を与えかねない喩えである以上、このことわざは目上の人には使わない方が無難」というように、考えが変わっています。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え