「夢枕に立つ」とは、神仏や故人が夢の中に現れて、物事を告げ知らせること

「夢枕に立つ」とは、神仏や故人が夢の中に現れて、物事を告げ知らせること。

読み方: ゆめまくらにたつ

意味:

  • 神仏や故人が夢の中に現れて、物事を告げ知らせる。
  • 夢の中で誰かに会う。

語源:

  • 夢を見たときの枕のそばの意。

類義語:

  • 夢告げ
  • 夢のお告げ
  • 夢現
  • 夢幻
  • 夢遊

対義語:

  • 現実
  • 目覚め
  • 覚醒
  • 理性
  • 意識

例文:

  • 亡くなった父親が夢枕に立って、私に励ましの言葉をくれた。
  • 試験前夜、合格を祈願して寝たら、偉い学者が夢枕に立った。
  • 彼は、夢枕に立った天使から啓示を受けたと信じている。

使い方:

  • 「夢枕に立つ」は、神仏や故人などが夢の中に現れて、物事を告げ知らせることを表す際に使われます。
  • 文章だけでなく、会話でもよく使われます。

その他:

  • 「夢枕に立つ」は、日本語の慣用句です。
  • 英語では、「to appear in a dream」、「to visit someone in a dream」、「to give a dream message」などの表現が近い意味になります。

補足:

  • 「夢枕に立つ」は、必ずしも神秘的な体験を表すわけではありません。
  • 単に、夢の中で誰かに会うという意味で使われることもあります。

関連表現:

  • 夢告げ
  • 夢のお告げ
  • 夢現
  • 夢幻
  • 夢遊

参考URL:
夢枕に立つ(ゆめまくらにたつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

例文:

  • 彼は、夢枕に立った亡き母から、人生のアドバイスを受けた。
  • 彼女は、夢枕に立った天使から、愛の言葉を伝えられた。
  • 修行僧は、夢枕に立った仏様から、悟りの道について教えを受けた。