こけら落とし

【漢字】こけら落とし
【読み】こけらおとし
【意味】食べ物の柿と漢字が同じに見えるが、木へんに右のつくりは一を書いてから巾と書き一をつきぬけて書く。杮(こけら)とは木の削りくず。新築や改装工事が終わった際に、出てくる屋根の屑を 払い落として綺麗に仕上げることから、新しくなった劇場にて行われる初公演を意味する。
【例文1】初舞台は満員御礼のこけら落としだ。
【例文2】いよいよ劇場オープニングのこけら落としだ。
【例文3】こけら落としのお祝いに花を贈る。

こけら落としをテーマにした記事

こけら落としの語源

こけら落としとは、新規に建設された劇場で打たれる初めての興行や催しを指す言葉で、「こけら」はもともと木のかけらや木片という意味で、建物建築の最後に必ず仕上げで木のくずをはらったり余計な木片を落として完了となる作業からそうよばれるようになりました。基本的に屋根のある建物にしか当てはまらないので、この言葉は劇場のオープニングに使われるのが正しく、屋外の運動場や、競技場のような場所ではたとえ新設でもこけらおとしとは言わないのが普通です。明治44年3月に日本に初めての西洋劇場が誕生して、ルネッサンス様式という鉄骨構造の建築が一躍日本中の注目を集めました。この劇場は帝国劇場と名付けられ、日本で初めての西洋劇場というだけでなく歌舞伎も上演できる日本独特の劇場として新しい歴史をつくりあげたのでした。この帝国劇場ではこけら落とし用に一般公募した脚本が選ばれ催しされたのは「頼朝」という題でありました。こけら落としは今日でも特別な題材をモチーフに座組を作って華やかに演じられることがおおく、最初に’式三番’(能や狂言にちなんで行われる芸能の一つ)を演じたりして、古典儀式を重んじる傾向がまだまだ強い伝統を色濃く残す催しのやり方です。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし