朝三暮四

【漢字】朝三暮四
【読み】ちょうさんぼし
【意味】猿に与えるトチの実が無くなりかけた時、明日から朝3個、夕暮れに4個にすると言ったら怒ったため朝4個、夕暮れ3個にしたら、気づかなかった例えから、結果は同じであっても気づかない愚か者という意味。
【例文1】一時給付金が支給されても手当てが減ったのでは、素直に朝三暮四で喜べない。
【例文2】パチンコで昨日10万負けたが、今日は10万勝って喜んで朝三暮四だ。
【例文3】古い車をただでもらって朝三暮四だ。

朝三暮四をテーマにした記事

「朝三暮四」を「する側」と「される側」の2つの意味

故事成語の中でも、「朝三暮四」というのはおもしろい使い方をされる言葉と言っていいでしょう。
その話をする前に、この言葉の由来をかんたんに説明しておきます。中国の春秋時代のこと、宋の国に狙公と言うおじいさんが住んでいました。このおじいさん、大変に猿好きで、たくさんの猿を飼っていたと言います。
ところが、猿の数が増えすぎてエサ代がかさみ、家計にまで悪い影響を与えることに。このままにはしておけないと思ったおじいさん、エサを減らすことにしました。
そして、猿たちに「今後はトチの実を、朝に3個、夕方に4個あげることにする」と伝えたところ、エサを減らされた猿たちは激怒。
そこで、おじいさんは「じゃあ、朝に4個、夕方に3個にする」と言い換えると、猿たちは納得したのでした。
「朝、4個もらえるならいいや」と考えた、猿ならではの浅知恵ということになるでしょう。
そこから「朝三暮四」という言葉が生まれたわけです。
さて、では、どうしてこの故事成語がおもしろいのかと言うと、この言葉は「おじいさんサイド」と「猿サイド」の2つの別の意味で使われているのです。
この故事成語の1つめの意味は、「相手をうまく言いくるめてごまかす」。これは、「おじいさんサイド」に立った意味です。
もう1つの「目先の得にこだわり、結局は得になっていないことに気づかない」という意味は、「猿サイド」に立ったものということになるでしょう。
「朝三暮四」を「する側」と「される側」の2つの意味があるところに、この言葉のおもしろさがあるのです。

」で始まる言葉一覧

2189.腸がちぎれる  2072.長者の万灯より貧者の一灯  1879.茶番  1855.知音  1403.血沸き肉躍る  1455.沈黙は金、雄弁は銀  1429.沈思黙考  1376.塵も積もれば山となる  1230.提灯を持つ  1320.直情径行  1260.蝶よ花よ  1290.朝令暮改  1349.猪突猛進  1106.帳尻を合わせる  1138.長蛇の列  1170.丁丁(打打)発止  1200.提灯に釣り鐘  1073.長所は短所  1040.朝三暮四  1007.昼夜兼行  974.注文を付ける  906.茶々を入れる  940.忠言耳に逆らう  799.血眼になる  685.地の利を得る  724.血は水よりも濃い  608.血の気が多い  835.血道を上げる  647.血のにじむよう  763.血祭りに上げる  364.父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し  487.地に落ちる  279.力を落とす  322.竹馬の友  236.力に余る  569.血の気が失せる  447.血となり肉となる  528.血の雨を降らす  405.血で血を洗う  192.血が上る  60.知恵を付ける  148.血が騒ぐ  16.知恵を絞る  104.血が通う