2017-09-30から1日間の記事一覧

首を長くする

【漢字】首を長くする【読み】くびをながくする【意味】とても楽しみに待つ様子。【例文1】結婚式の日を首を長くして待つ。【例文2】初孫の誕生を家族全員首を長くして待つ。【例文3】同窓会まで首を長くして待つ。 首を長くするをテーマにした記事 首を…

機先を制する

【漢字】機先を制する【読み】きせんをせいする【意味】相手が行動をする前に作戦を仕掛け、勢いを制御する。【例文1】試合で機先を制して勝利する。【例文2】部長に気に入られようと機先を制する。【例文3】恋敵より先に機先を制する。 機先を制するをテ…

肩透かしを食う

【漢字】肩透かしを食う【読み】かたすかしをくう【意味】攻撃を意気込んだところ相手にうまくかわされる。【例文1】お金を返してもらおうと乗り込んだが、肩透かしを食う。【例文2】雨で中止になり肩透かしを食う。【例文3】試合相手の体格の差に肩透か…

尾ひれを付ける

【漢字】尾ひれを付ける【読み】おひれをつける【意味】事実よりも大げさに話す。【例文1】尾ひれを付けたような話で、どこまでが本当か信じ難い。【例文2】尾ひれを付けて自慢する。【例文3】尾ひれを付けて盛る。 尾ひれを付けるをテーマにした記事 話…

裏をかく

【漢字】裏をかく【読み】うらをかく【意味】相手が予想している事と反対の事をやってのける。【例文1】相手の裏をかくのが得意だ。【例文2】裏をかいて先回りする。【例文3】PKで裏をかく。 裏をかくをテーマにした記事 裏をかく 競っている相手の予想…

一意専心

【漢字】一意専心【読み】いちいせんしん【意味】他に惑わされず、ひとつのことに集中する。【例文1】一意専心で受験勉強に励む。【例文2】一意専心で暗記する。【例文3】一意専心で貫く。 一意専心をテーマにした記事 毎日を一意専心で過ごす 「一意専心…

足元(下)にも及ばない

【漢字】足元(下)にも及ばない【読み】あしもとにもおよばない【意味】相手が優れていて比べ物にもならない。【例文1】お前なんか足元にも及ばない。【例文2】両親には足元にも及ばない。【例文3】学力の差が足元にも及ばない。 足元(下)にも及ばない…

寄ると触ると

【漢字】寄ると触ると【読み】よるとさわると【意味】寄って集まるごとに。【例文1】寄ると触ると彼のネタ話で盛り上がる。【例文2】寄ると触ると昔話で盛り上がる。【例文3】寄ると触ると恋バナをする。 寄ると触るとをテーマにした記事 寄ると触ると悪…

目には目を、歯には歯を

【漢字】目には目を、歯には歯を【読み】めにはめを、はにははを【意味】ハムラビ法典にでてくる有名な言葉。多くはやられたらやり返せという風に使われているが、本来の意味は過剰な報復の連鎖を抑制するための戒めの言葉である。【例文1】目には目を、歯…

無念無想

【漢字】無念無想【読み】むねんむそう【意味】仏語で邪念がなくなり心が澄みきった状態。【例文1】滝行でストレスが解消され無念無想になった。【例文2】お祓いで無念無想になる。【例文3】厄払いをして無念無想になる。 無念無想をテーマにした記事 無…

緑の黒髪

【漢字】緑の黒髪【読み】みどりのくろかみ【意味】『緑』とは単に色の緑のことではなく、新緑、新芽の若葉を指す。艶のある黒髪の女性の髪をいう。【例文1】日本の女性は緑に黒髪で美しい。【例文2】若者に緑の黒髪を見かけなくなった。【例文3】緑の黒…

満身創痍

【漢字】満身創痍【読み】まんしんそうい【意味】全身傷だらけ。ひどく避難され痛めつけられる。【例文1】満身創痍でもリングに立ち向かう。【例文2】満身創痍の覚悟で家族を守る。【例文3】バッシングを受け満身創痍。 満身創痍をテーマにした記事 満身…

文は人なり

【漢字】文は人なり【読み】ぶんはひとなり【意味】文章を見れば書き手の人柄がわかる。【例文1】文は人なりで就職試験に作文が課せられる。【例文2】誤字脱字が多く文は人なり。【例文3】手書きの文章が文は人なりだ。 文は人なりをテーマにした記事 「…

非の打ち所がない

【漢字】非の打ち所がない【読み】ひのうちどころがない【意味】欠点がない。完璧である。【例文1】彼は新人ながら仕事も出来て上司からの信頼も厚く非の打ち所がない。【例文2】3高で家柄も良く非の打ち所がない。【例文3】端正な顔立ちで非の打ち所が…

話に花が咲く

【漢字】話に花が咲く【読み】はなしにはながさく【意味】次から次に話題が出て話が盛り上がる。【例文1】地元の集まりはいつも花が咲いて朝まで飲み明かす。【例文2】正月に家族が集まり話に花が咲く。【例文3】同窓会で昔話に花が咲く。 話に花が咲くを…

難攻不落

【漢字】難攻不落【読み】なんこうふらく【意味】攻めるのが難しく、なかなか要望を聞き入れてもらえない。【例文1】先方の業績を考えてこちらの意向で契約する事は難攻不落だ。【例文2】不安定な職のため結婚の許しが難攻不落だ。【例文3】彼女との交際…

虎の尾を踏む

【漢字】虎の尾を踏む【読み】とらのおをふむ【意味】非常に危険な事や無謀な事をする。【例文1】事業計画なしで起業だなんて虎の尾を踏むようなもんだよ。【例文2】ギャンブルで借金を返済しようと虎の尾を踏む。【例文3】一文無しで上京だなんて虎の尾…

手を入れる

【漢字】手を入れる【読み】てをいれる【意味】良い状態にするため補修する。【例文1】剥がれかけた外壁に手を入れる。【例文2】盆栽に手を入れる。【例文3】庭の植木鉢に手を入れる。 手を入れるをテーマにした記事 手を入れる事が少なくなるのが楽しく…

縦の物を横にもしない

【漢字】縦の物を横にもしない【読み】たてのものをよこにもしない【意味】本来の姿を直そうともしない面倒くさり屋。【例文1】彼は怠け者で、縦の物を横にもしない。【例文2】縦の物を横にもしないで服は脱ぎっぱなし。【例文3】縦の物を横にもしないか…

私腹を肥やす

【漢字】私腹を肥やす【読み】しふくをこやす【意味】職場の権力や立場を利用して不当に財産や利益を得る。【例文1】食事代を経費で落として私腹を肥やす。【例文2】出張費と偽り私腹を肥やす。【例文3】休日も公用車を利用して私腹を肥やす。 私腹を肥や…