2017-09-27から1日間の記事一覧

手練手管

【漢字】手練手管【読み】てれんてくだ【意味】人を自分の思うままに操る手段。【例文1】政治家は手練手管のような図太さも必要だ。【例文2】妻は手練手管のように夫を操る。【例文3】秘書を練手管のように操る。 手練手管をテーマにした記事 「手練手管…

盾(楯)に取る

【漢字】盾(楯)に取る【読み】たてにとる【意味】理由にする。口実にする。【例文1】強盗犯が人質を盾に取って身代金を強要する。【例文2】社長の座を盾に取って経費で豪遊する。【例文3】持病を盾に取って欠席する。 盾(楯)に取るをテーマにした記事…

自腹を切る

【漢字】自腹を切る【読み】じばらをきる【意味】必ずしも払う必要のない経費を自分のお金で支払う。【例文1】社長が自腹を切って社員にご馳走する。【例文2】彼女の前でカッコよく自腹を切る。【例文3】後輩の前で自腹を切る。 自腹を切るをテーマにした…

心を奪われる

【漢字】心を奪われる【読み】こころをうばわれる【意味】惹きつけられる。魅了される。【例文1】すれ違ったイケメンに一瞬で心を奪われる。【例文2】娘の花嫁姿に心を奪われる。【例文3】音楽に心を奪われる。 心を奪われるをテーマにした記事 心を奪わ…

首を傾げる

【漢字】首を傾げる【読み】くびをかしげる【意味】疑問や不思議に思う時に首を少し傾ける。【例文1】どこがダメだったのか首を傾げる。【例文2】ながらスマホに首を傾げる。【例文3】マナー違反に首を傾げる。 首を傾げるをテーマにした記事 理不尽なこ…

喜色満面

【漢字】喜色満面【読み】きしょくまんめん【意味】喜びが顔全体に満ち溢れている。【例文1】喜色満面な様子からすると告白がうまくいったようだ。【例文2】彼氏ができて喜色満面だ。【例文3】ニヤニヤが止まらない喜色満面だ。 喜色満面をテーマにした記…

風邪は万病の因

【漢字】風邪は万病の因【読み】かぜはまんびょうのもと【意味】たかが風邪くらいと甘くみてはいけない。【例文1】風邪は万病の因を放置して肺炎になる。【例文2】風邪は万病の因と言うから、咳が出たので早めに受診する。【例文3】咳を軽くみてはいけな…

お鉢が回る

【漢字】お鉢が回る【読み】おはちがまわる【意味】お鉢とは炊きあがったご飯を入れる器のことで、大勢いるとなかなか回ってこないという由来から、面倒な役割りが順番に回ってくるという意味。【例文1】とうとうPTA役員のお鉢が回ってきた。【例文2】…

紆余曲折

【漢字】紆余曲折【読み】うよきょくせつ【意味】曲がりくねった道のことだけでなく、人生の中で仕事や作業などがうまくいず、込みいった経過をたどる時にも使う言葉。【例文1】何度もフラれ紆余曲折だったが、ようやく恋人が出来る。【例文2】経営難で紆…

板に付く

【漢字】板に付く【読み】いたにつく【意味】慣れてきて地位や職業にふさわしくなってくる。【例文1】社会人2年目ともなるとスーツ姿が板に付く。【例文2】店長として板に付く。【例文3】主婦業が板に付く。 板に付くをテーマにした記事 板に付いてきた …

味も素っ気もない

【漢字】味も素っ気もない【読み】あじもそっけもない【意味】面白味が何にもない。【例文1】ありふれた物語で味も素っ気もない。【例文2】味も素っ気もない芸ばかりだ。【例文3】味も素っ気もないストーリーだ。 味も素っ気もないをテーマにした記事 味…

余裕綽綽

【漢字】余裕綽綽【読み】よゆうしゃくしゃく【意味】あせらずのんびりしている様子。【例文1】明日から家族旅行だというのに、準備もしないで余裕綽綽としている。【例文2】明日から新学期だというのに余裕綽綽としている。【例文3】明日は面接試験だと…

目に留まる

【漢字】目に留まる【読み】めにとまる【意味】目立って見えるため関心を引く。【例文1】美しいブロンドヘアーが目に留まる。【例文2】長身で街中の目に留まる。【例文3】探していたバッグが目に留まる。 目に留まるをテーマにした記事 目に留まるものが…

胸をときめかせる

【漢字】胸をときめかせる【読み】むねをときめかせる【意味】気持ちががウキウキする。期待する。【例文1】胸をときめかせて彼女に会いに行く。【例文2】初デートに胸をときめかせる。【例文3】片想いに胸をときめかせる。 胸をときめかせるをテーマにし…

三日見ぬ間の桜

【漢字】三日見ぬ間の桜【読み】みっかみぬまのさくら【意味】桜はあっという間に散ってしまう。世間の移り変わりはとても早いものだという意味。【例文1】若者のファッションが三日見ぬ間の桜だ。【例文2】家電製品が三日見ぬ間の桜。【例文3】スマホの…

満更でもない

【漢字】満更でもない【読み】まんざらでもない【意味】ダメだというわけではない。悪くはない。【例文1】女性に告白されて満更でもない顔をしている。【例文2】照れて満更でもない態度を取る。【例文3】澄ました顔をしているが、実は満更でもない。 満更…

刎頸の交わり

【漢字】刎頸の交わり【読み】ふんけいのまじわり【意味】中国の戦国時代に趙で活躍した将軍廉頗と名臣藺相如が残した故事。大切な人のためなら、首を切られる覚悟があるというほどの親密な付き合い。【例文1】お隣さんとは20年来の刎頸の交わりがある。…

人を見て法を説け

【漢字】人を見て法を説け【読み】ひとをみてほうをとけ【意味】人を説得するには、相手の能力と人柄を見てその人に合った方法で話すべきだ。【例文1】人を見て法を説けで、小学生に専門用語で説教しても無理だ。【例文2】性格が違う我が子達には人を見て…

話が弾む

【漢字】話が弾む【読み】はなしがはずむ【意味】話が盛り上がる。【例文1】話が弾んでついつい3時間長電話する。【例文2】同窓会は話が弾んで朝まで飲んだ。【例文3】地元の友人とは話が弾む。 話が弾むをテーマにした記事 初デートでも話が弾む!?会…

名を残す

【漢字】名を残す【読み】なをのこす【意味】後世まで名前を残す。【例文1】新記録達成の偉業を成し、世界に名を残す。【例文2】4連覇達成で名を残す。【例文3】衝撃デビューを飾り名を残す。 名を残すをテーマにした記事 名を残している人 世の中には名…

朋有り遠方より来る

【漢字】朋有り遠方より来る【読み】ともありえんぽうよりくる【意味】亦た楽しからずやと続く。親友が遠くから訪ねて来て、自分と同じ道について語るのは嬉しいという孔子の論語。【例文1】塾でライバルだった友人が朋有り遠方より来る。【例文2】朋有り…