2017-09-19から1日間の記事一覧

門を叩く

【漢字】門を叩く【読み】もんをたたく【意味】訪問して弟子入りを頼む。【例文1】調理師専門学校を出て料亭の門を叩く。【例文2】相撲部屋の門を叩く。【例文3】陶芸家の門を叩く。 門を叩くをテーマにした記事 門を叩く用例が見当たらない件についての…

目と鼻の先

【漢字】目と鼻の先【読み】めとはなのさき【意味】目と鼻の間が近いように距離が非常に近い。【例文1】駅から目と鼻の先の優良物件を探す。【例文2】学校までは目と鼻の先だ。【例文3】両親とは目と鼻の先に住む。 目と鼻の先をテーマにした記事 気づい…

胸に手を当てる

【漢字】胸に手を当てる【読み】むねにてをあてる【意味】自分の言動を振り返る。反省を促す意味が込められている。【例文1】自業自得だ。今までの言動を胸に手を当てて考えてみろ。【例文2】なぜ営業成績が振るわないのか胸に手を当てる。【例文3】フラ…

道が開ける

【漢字】道が開ける【読み】みちがひらける【意味】将来の先の見込みがある。【例文1】彼女は美人で要領もよく成績も優秀なので、どこに進んでも道が開ける。【例文2】道が開けるように子どもの教育はしっかりする。【例文3】若いうちに何にでも挑戦して…

眉をひそめる

【漢字】眉をひそめる【読み】まゆをひそめる【意味】考え込んだり、不快になると眉間にシワを寄せる。【例文1】迷惑な客に店員が眉をひそめる。【例文2】マナーの悪さがひどく周囲が眉をひそめる。【例文3】騒音に眉をひそめる。 眉をひそめるをテーマに…

不眠不休

【漢字】不眠不休【読み】ふみんふきゅう【意味】睡眠も休みも取らず続けること。【例文1】10代の頃は不眠不休で遊んでたな~。【例文2】不眠不休でラストスパートだ。【例文3】不眠不休はさすがに堪える。 不眠不休をテーマにした記事 不眠不休という…

一役買う

【漢字】一役買う【読み】ひとやくかう【意味】仕事や作業を率先して申し出る。【例文1】彼女世話好きでいつも一役買う。【例文2】同窓会の幹事を一役買う。【例文3】残業を一役買う。 一役買うをテーマにした記事 一役買うと人が増えてきています。 一役…

八方塞がり

【漢字】八方塞がり【読み】はっぽうふさがり【意味】どの方向に向かっても不吉な結果を招く。【例文1】八方塞がり除けのご祈願に行く。【例文2】会社経営が八方塞がりに陥る事態になる。【例文3】会社を辞めるか降格するか八方塞がりだ。 八方塞がりをテ…

名を売る

【漢字】名を売る【読み】なをうる【意味】名前が広く知れ渡るようにする。【例文1】キャッチコピーを付けて商品の名を売る。【例文2】SNS拡散で名を売る。【例文3】路上ライヴで名を売る。 名を売るをテーマにした記事 自分の名を売るために 今私がや…

突拍子もない

【漢字】突拍子もない【読み】とっぴょうしもない【意味】突然ビックリするような事を言い出す。【例文1】目的地までヒッチハイクで行こうと友人が突拍子もない事を言い出した。【例文2】突拍子もない子どもの発言にヒヤリとした。【例文3】会社を辞める…

手八丁口八丁

【漢字】手八丁口八丁【読み】てはっちょうくちはっちょう【意味】やることも口も達者な人。褒め言葉よりもけなす場合に使われる。【例文1】手八丁口八丁で業界でも噂のプロデューサー。【例文2】手八丁口八丁な詐欺師に騙される。【例文3】営業トークで…

沈思黙考

【漢字】沈思黙考【読み】ちんしもっこう【意味】黙って考え込む。【例文1】沈思黙考すること1時間。ようやく答えを出した。【例文2】小説のネタを沈思黙考する。【例文3】書斎にこもり沈思黙考する。 沈思黙考をテーマにした記事 沈思黙考してから発言…

立つ瀬がない

【漢字】立つ瀬がない【読み】たつせがない【意味】自分の立場がない。【例文1】経験者よりも初心者が先に出来て立つ瀬がない。【例文2】部下に指摘され立つ瀬がない。【例文3】年下が出世して立つ瀬がない。 立つ瀬がないをテーマにした記事 立つ瀬がな…

千変万化

【漢字】千変万化【読み】せんぺんばんか【意味】目まぐるしく変化していく様子。【例文1】千変万化についていけないとバカにされる。【例文2】若者の言葉は千変万化だ。【例文3】去年のファッションがもう変万化だ。 千変万化をテーマにした記事 千変万…

十指に余る

【漢字】十指に余る【読み】じっしにあまる【意味】十本の指では数えきれない。十以上。【例文1】営業功績が十指に余る。【例文2】十指に余るほどの伝説がある。【例文3】十指に余る恋愛をする。 十指に余るをテーマにした記事 十指に余るほどの資格を持…

三人寄れば文殊の知恵

【漢字】三人寄れば文殊の知恵【読み】さんにんよればもんじゅのちえ【意味】凡人であっても三人片寄ればいい案が浮かぶもの。【例文1】三人寄れば文殊の知恵でいいアイディアを出そう。【例文2】三人寄れば文殊の知恵ですぐ解決した。【例文3】三人寄れ…

心に刻む

【漢字】心に刻む【読み】こころにきざむ【意味】心に思い留めておく。【例文1】父母の言葉を深く心に刻む。【例文2】恩師の励ましの言葉を心に刻む。【例文3】祖父の遺言を心に刻む。 心に刻むをテーマにした記事 心に刻むとは 心に刻むとは、深く心にと…

国破れて山河あり

【漢字】国破れて山河あり【読み】くにやぶれてさんがあり【意味】乱戦で敗れても山や川などの自然は美しいままである。【例文1】国破れて山河ありで森林が生い茂って癒される。とても戦いがあった場所だとは思えない。【例文2】住宅地に変わっても並木道…

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

【漢字】聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥【読み】きくのはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ【意味】分からない事を聞くのは一時の恥だが、聞かないでいると一生知らないでいる方が恥ずかしいという教え。【例文1】聞くは一時の恥、聞かぬは一生…

臥薪嘗胆

【漢字】臥薪嘗胆【読み】がしんしょうたん【意味】成功や復讐のために困難に耐え抜く。【例文1】レギュラーを勝ち取るために臥薪嘗胆の思いで練習した。【例文2】臥薪嘗胆でリベンジに燃える。【例文3】痩せて元カレに臥薪嘗胆で見返してやる! 臥薪嘗胆…