2017-06-09から1日間の記事一覧

もったいつける

【漢字】もったいつける【読み】もったいつける【意味】重大な発言の前にジラしたり意味深な発言をする。【例文1】もったい付けないで早く話してくれ。【例文2】彼女が出来た事をもったい付けて話す。【例文3】告白の返事にもったいつける。もったいつけ…

明明白白

【漢字】明明白白【読み】めいめいはくはく【意味】少しの疑いもない事をより強調している。【例文1】万引きを疑われたけど、明明白白だから防犯カメラで確認してくれ。【例文2】明明白白の証拠を見つける。【例文3】指紋照合の結果、奴が犯人なのは明明…

向こうを張る

【漢字】向こうを張る【読み】むこうをはる【意味】負けるまいと張り合う。【例文1】弟が姉に負けじと受験勉強に向こうを張る。【例文2】向こうを張るライバルがいるからこそ意地が出る。【例文3】自信を持って向こうを張る。 向こうを張るをテーマにした…

右から左

【漢字】右から左【読み】みぎからひだり【意味】手元にとどまらない状況。または話を聞き入れない様子。【例文1】今日は給料日だが、公共料金の支払いで右から左に飛ぶ。【例文2】彼は聞く耳を持たないから、いつも話は右から左だ。【例文3】右から左に…

間が悪い

【漢字】間が悪い【読み】まがわるい【意味】その場にふさわしくない言動をする。【例文1】彼の悪口を言っていたら、間が悪いことに後ろにいた。【例文2】空手三段の彼女のバッグを擦るとは間が悪い奴だ。【例文3】泥棒に入った家が警官の家だったとは間…

忘年の交わり

【漢字】忘年の交わり【読み】ぼうねんのまじわり【意味】年の差関係なく親しい交際がある仲。【例文1】子ども会で知り合ったママ友とは10年来の忘年の交わりだ。【例文2】小学校の保護者会で知り合った人達と忘年の交わりになる。【例文3】アパートの…

下手の道具調べ

【漢字】下手の道具調べ【読み】へたのどうぐしらべ【意味】下手な人に限って使う道具にこだわりや文句をつけるもの。【例文1】下手の道具調べで、プロより高い道具を使っている。【例文2】料理が焦げたのは鍋のせいだと下手の道具調べだ。【例文3】高級…

笛吹けど(も)踊らず

【漢字】笛吹けど(も)踊らず【読み】ふえふけどもおどらず【意味】準備はあれこれ整えているけど、それに応じる人が誰もいない。【例文1】広告も出しているが、商品が高額すぎて笛吹けど踊らず。【例文2】フリマで大量の物を出品したが、笛吹けど踊らず…

膝を打つ

【漢字】膝を打つ【読み】ひざをうつ【意味】あ~そっかと気づかされたり、なるほど~と感心する時、手で膝をポンと叩く動作。【例文1】彼女の意見に一同膝を打つ。【例文2】閃いた時、膝を打つ仕草をする。【例文3】悔しがって膝を打つ。 膝を打つをテー…

馬鹿とはさみは使いよう

【漢字】馬鹿とはさみは使いよう【読み】ばかとはさみはつかいよう【意味】切れの悪いハサミは研げば使えるように愚かな者でも使い方次第では役に立つ。【例文1】重いの荷物運びの時は、馬鹿とはさみは使いようで巨漢の彼を使う。【例文2】馬鹿とはさみは…