指一本も差させない

【漢字】指一本も差させない
【読み】ゆびいっぽんもさせない
【意味】少しの非難もさせないこと。
【例文1】このアイディアには指一本も差させない。
【例文2】自分が信じた道に指一本も差させない。

指一本も差させないをテーマにした記事

指一本も差させない

指一本も差させない、とは他人に少しの非難も干渉もさせない意。
言葉は主語や目的語によって意味を変えてきます。例えば、私はあなたをあらゆることから指一本差させない、これはあなたに非難を受けさせない、要はあなたをあらゆることから守るの意味を持ちます。他にもこの作品には指一本差させない、これは完ぺきな作品ができあがったことを意味します。このように、言葉はたった一つの意味を持つだけではありません。その言葉の意味が持つ範囲は広いのです。
だからこそ、対話は難しいのだと思います。伝えたいことが伝わらないこともありますし、誤解を与えてしまうこともあります。そういった時は、相手の気持ちを汲んであげましょう。非難をするばかりではなく、歩み寄ってみてください。指一本差させないような論理を武装するばかりでなく、指一本差せてしまうような愛嬌を持ちましょう。こうすることで対話がよりいっそう面白味を帯びます。
指一本差させないという言葉は、完ぺきなや好きのないといった意味で使うばかりではなく、例文に挙げたように誰かを守るために使ってみたいものです。そんなことを思えるような人との出会いを私は求めています。なんて、少しクサいですかね。