骨身を惜しまず

【漢字】骨身を惜しまず
【読み】ほねみをおしまず
【意味】苦労や面倒を嫌がらず、一生懸命になる。
【例文1】骨身を惜しまず働いてくれた親を温泉旅行に連れて行く。
【例文2】家族のためなら骨身を惜しまず。

骨身を惜しまずをテーマにした記事

骨身を惜しまず

骨身を惜しまずを常に相手に与えるように心がけています。人間は一人では生きていけません。常に誰かにさえられながら、また相手を支えながら生きています。家庭、職場友人関係、どれをとっても持ちつ持たれつで生きているのです。自分は勘違いしていることがありました。一つの仕事を一生懸命頑張っていていざ仕事を終えた。しかしその仕事は自分でやり遂げたと思っていましたが、骨身を惜しまずやったことが実はまわりの皆さんに支えながらやり遂げていたのです。人間は骨身を惜しまず自分でやったとともすれば勘違いをしていますが、骨身を惜しまずやったことを自分だけでやったと捉えず常に感謝の心を持って生きていくことが大事だと思います。骨身を惜しまずというのは自分一人で頑張るという捉え方では駄目だと思います。だから自分は常に相手のことを考えて骨身を惜しまず奉仕しています。そうすることで仕事もスムーズに進みますし、家庭も円満になりますし、友達とも良好な関係を保てると思います。骨身を惜しまず、相手のことを常に考えて行動していれば、まわりにいる関わる人たちが今度は自分のために骨身を惜しまず助けてくれるのです。そうした循環で人間社会は成り立っていると思います。