名は体を表す

【漢字】名は体を表す
【読み】なはたいをあらわす
【意味】人名や物の名前はその実体を言い表している。
【例文1】華さん、名は体を表すというが、本当に華やかさがありますね。
【例文2】名は体を表すので産まれてくる子の名前はよく考えて付ける。

名は体を表すをテーマにした記事

名は体を表すにちなんだお話

キラキラネーム、というワードが世に出回るようになったのはいつ頃からだろう。物や人には必ず名前がつけられています。重要な役割を果たしているのが「名前」です。そもそも人の名前になんの意味があるだろうか、と考えを巡らせた時、真っ先に思い浮かぶのは「人生」です。名付け親が命を分け与えた時から私たちの「人生」の旅は始まっています。一つの命を通して意味は後付けされていく、それが人生だと個人的には思います。
人間誰しも、自分の名前の意味が何かしらあります。私の名前は「生まれてから死ぬ時まで賢く、浜の砂のように綺麗であるように」という意味で賢一です。キラキラネームに関して調べたついでに出てきた言葉が「シワシワネーム」。古風な名前を近代ではそう呼ぶらしい。私は現代の感覚で捉えるのなら、シワシワネームに当たる名前です。しかし名前は重要な役割を持ち、ほんの短い言葉であるのにその人自身を言い表すことができるというのだから、シワシワだろうと全く恥ずかしくありません。