注文を付ける

【漢字】注文を付ける
【読み】ちゅうもんをつける
【意味】細かいところまで条件をつける。
【例文】仕上がったデザインにイチイチ注文を付ける。

注文を付けるをテーマにした記事

何かと注文を付ける人の心理

「注文を付ける」の意味、使われ方では悪いイメージがあります。「クレームを付ける」や「文句を付ける」など、無理難題を突き付けたり想像と違った事柄だった場合に使用されることわざではないでしょうか。
日常生活よりは、サービス業に勤める方がこの言葉を付けられることが多いと思います。販売する商品やサービスに対して「注文を付ける」方は必ずいますし、中には従業員に非が無いのにも関わらず、細かいことでクレームを付ける方もゼロではありません。
そのような方はどういった心理状態か考えると「余裕が無い」人だと思うのです。注文を付けることには労力を使いますし、過激な行動に出てしまえば警察のお世話になるでしょう。多くの方に迷惑を掛けてまで注文を付けるメリットは少ないのです。
瞬間的にキレてしまう方もいますが、「何故そこまで固執するのか」と疑問に思う注文も存在します。従業員に対して嫌がらせをしているとしか思えない状況です。何かしら心に闇がある方が多い印象も受けます。
注文を付けて良い方向に行く場合もありますが、やりすぎも問題だと感じますね。心に余裕を持つことが難しい時代ですが、そういった心理が少なからず働いていると思います。