呉越同舟

【漢字】呉越同舟
【読み】ごえつどうしゅう
【意味】敵同士が同じ舟に乗り合わせ暴風にあおられ転覆しそうになったら、助け合わなければいけないことから、敵や仲の悪い者同士であっても同じ境遇にあると、助け合って協力し合うこと。
【例文1】チームメイトの給水がなくなって、呉越同舟で分けてやった。
【例文2】同じ高校を目指すライバルと一緒に呉越同舟で勉強する。

呉越同舟をテーマにした記事

中国の故事に由来する「呉越同舟

呉越同舟」という言葉は皆さんも知っていますよね。意味は、仲の悪いとされている者同士や敵味方が同じ場所に居合わせることや同じ境遇にいることです。またその意味から、本来、仲の悪いとされている者同士でも、同じ利害や困難のために協力するというたとえです。

この「呉越同舟」の由来には、中国の春秋戦国時代にあります。かの有名な三国志よりも昔の中国には「呉」と「越」という国があり、戦争を繰り返すほど仲の悪い国同士で有名でしたが、そんな普段から戦争を繰り返すほど仲の悪い「呉」と「越」であっても、両国の人がもし同じ舟に乗り合わせていた時に、舟が暴風に襲われ、転覆しそうになれば、普段の遺恨も忘れてしまい、載っている舟が沈まぬよう「呉」の人も「越」の人も協力し合ったに違いないという孫子のたとえた故事に由来し、この故事から利害が互いに一致すれば、普段はいがみ合う者同士でも同じ目的のために協力し合うという意味になりました。

確かに、普段仲が悪いとされている者同士でも、緊急事態や急を要する時に協力し合っているところを見かけるときがありますよね。

しかし、現在の「呉越同舟」の一般的に使われる意味としては、単に仲の悪い者同士が居合わせるという意味で使われる方が多いそうです。